NEWS 3月の原画展のお知らせ

3月15日(火)からの原画展のお知らせです。
齋藤 槙原画展
「絵本ヨガ 森のくるるん」
3月15日(火)〜4月10日(日)

e0016830_23055365.jpg
近藤 麻智子・長谷部 真奈見/さく 齋藤 槙/え そうえん社 本体1200円

この可愛い表紙の真ん中にいるのがりすの「くるるん」。
くるるんは、森に出かけていくと、いろいろな動物に出会います。そして、ハグするとその動物に変身していくのです・・・
そんな楽しい絵本の世界をヨガで表現しよう! というのが「絵本ヨガ」。
ハグで育む、こころとからだ。親子のコミュニケーションも深まることでしょう。

2月18日に発売される「絵本ヨガ 森のくるるん」の刊行記念の原画展を開催いたします。

期間中、楽しいイベントもいっぱい!
3月19日(土)齋藤槙さん×近藤麻智子さん ギャラリートーク&サイン会 申込受付中!
  「絵本ヨガ 森のくるるん」ができるまで
  ●14:00〜15:30/トーク&読み聞かせ
     ・会 場 ティール・グリーン ティールーム  
     ・定 員 20名(要予約) 
     ・参加費 500円(小学生以下は無料、お茶お菓子つき)
  ●15:30〜/サイン会 

3月27日(日)「絵本ヨガ 森のくるるん」親子でこころとからだのハグタイム
   申込受付中!
  ●11:00〜12:00 絵本ヨガ
     ・会 場 千鳥南町会会館2F(大田区千鳥2−8−18 ティール・グリーンより徒歩約2分)
     ・定 員 親子20組(お子さまは3・4ヶ月くらい〜、要予約)
     ・参加費 親子1組2000円(「絵本ヨガ 森のくるるん」サイン本を1冊プレゼント)
     ・持ち物 動きやすい服装

3月27日(日)齋藤槙ワークショップ「森に住むいきものスタンプでハンカチを作ろう!」 申込受付中!
e0016830_23570552.jpg
  ●14:00〜16:00/ワークショップ
  ●16:00〜/サイン会
     ・会 場 ティール・グリーン ティールーム
     ・定 員 12名(4歳以上大人まで・未就学児は大人の付き添いをお願いします、要予約)
     ・参加費 1000円(材料費込)

齋藤槙さんは、福音館書店の「こどものとも 0.1.2.」2013年10月号「ぺんぎんたいそう」の作家さんです。ぺんぎんの動きがなんともユーモラスで、親子で一緒に体操を楽しめる絵本の登場を喜んでいたところ、あっという間に品切れになってしまった絵本です。今回「絵本ヨガ 森のくるるん」で原画展ができますことを嬉しく思います。  
e0016830_00205122.jpg
近藤麻智子さんは、アナウンサーであり絵本セラピスト、絵本専門士でもあります。当店でも2ヶ月に一度、「絵本のち晴れ 大人のための絵本セラピー(R」を開催しています。

長谷部真奈見さんは、アナウンサーでありヨガインストラクターでもあります。近藤麻智子さんと絵本とヨガの新しいかたち「絵本ヨガ」を開催しています。

齋藤槙さん、近藤麻智子さん、長谷部真奈見さん、3人ともこれからますます活躍が期待される若い作家さんたちです。
皆さん、どうぞお楽しみに!



[PR]
# by teal-green | 2016-02-12 11:28 | イベント情報 | Comments(0)

おすすめの絵本「のはらひめ おひめさま城のひみつ」と「たこのななちゃん」

現在、ティールームで開催中のなかがわちひろさんの原画展「なかがわちひろ 絵本のしごと」もたいへん好評で、たくさんの方が観にきてくださっています。
水彩画の作品、線画の作品、と様々ですが、今日は水彩画で描かれている『のはらひめ おひめさま城のひみつ』と『たこのななちゃん』を紹介します。
e0016830_06180638.jpg
なかがわちひろ/作 徳間書店 本体1400円

まりは、いつも「おひめさまになりたい」と思っている女の子。
ある日、玄関の前に金色の馬車がとまり、「おひめさま城」からのお迎えがきました・・・

こんなドキドキする始まり、女の子だったら夢のようですね。
でも、「おひめさま城」につくと、おひめさまになるためにはたいへんなお勉強が待っていたのです。
笑い方のおけいこ、おことばつかいのお勉強、見かけに惑われず、本物を見分けるくんれん、かいぶつたちとたたかうけいこ・・・なかには命がけのお勉強もあります。
どれもこれも、たいへんなお勉強でしたが、まりはとっても立派にやってのけました。
そして、いよいよ好きなおひめさまを選べることになったまりが、しばらく考えて選んだおひめさまは・・・?

女の子の夢がいっぱいつまった「のはらひめ」、絵本も素敵ですが、原画はほんとうにうっとりするほど綺麗です。

1995年に刊行された『のはらひめ』、なかがわちひろさんにとって初めての創作絵本、21年経った今でも皆さんに愛されるロングセラーです。とってもかわいいサイン本が入荷しています。
e0016830_11263071.jpg

そして、もう一冊は『たこのななちゃん』

e0016830_06182215.jpg
なかがわちひろ/さく・え 徳間書店 本体1500円
 
 遠い海でうまれたたこのななちゃん。
船のスクリューにはさまれて足を1本なくした たこの子です。
ななちゃんはかなこと仲良し、学校にも一緒に通います。お互いに大好きなかなことななちゃんでしたが、ある日・・・
楽しくてちょっぴり切ない、でも心がほんわかあたたかくなるお話です。

竜宮城のおどりのシーンと夕焼けの海のシーンの原画が展示されていますが、美しい水彩画に眼が釘付けになります。

e0016830_06220166.jpg
原画ならではの、見応えがある美しい水彩画です。
ぜひ、間近でご覧くださいね。



[PR]
# by teal-green | 2016-02-11 21:33 | おすすめの絵本 | Comments(0)

2月のティール・グリーン

寒さの厳しい日が続いています。
皆さん、風邪をひかぬよう体調管理をしっかりしてくださいね。

2月のティール・グリーンは、
2月11日(木・祝)は営業いたします。
1月26日(火)〜2月14日(日)

 「なかがわちひろ 絵本のしごと」
e0016830_05462401.jpg
児童書を中心に翻訳家、絵描き、作家として活躍されているなかがわちひろさん。
今回は「絵本のしごと」に注目し、創作絵本『天使のかいかた』『おまじないつかい』『のはらひめ』『たこのななちゃん』などの中から18点の原画を展示しています。

なかがわさちひろさんの原画に囲まれた中で、
2月14日(日)「おえかきウォッチング*ワークショップ」満員御礼!(2/9)
e0016830_00112865.jpg
なかがわちひろ/著 理論社 本体1500円

大人が考えている以上に、子どもにとってお絵描きは、世界を獲得するための大事な作業。
子どもの絵の成長を一緒に楽しむための『おえかきウォッチング』、子どもの絵を大らかに楽しむ秘訣がいっぱい詰まっています。
この本をもとに、著者のなかがわちひろさんから子どもの絵の成長のお話を聞きながら、子どもが初めてマルを描くときの気持ちを追体験したり(「マルちゃんのおはなし」)、描画発達段階がすすんだ子どもの絵の追体験(「へんてこりんな絵をかこう」)をするワークショップです。

 時 間 13:30〜16:30
 定 員 15名(大人:小さい子のいるパパママ、幼稚園・保育園や小学校の先生、保育ボランティアさんなど日常的に子どもの絵をみる機会のある方、絵が苦手と思っている方、子どもの絵がわからないという方ほど大歓迎です。)
 参加費 2500円(『おえかきウォッチング』サイン本、お茶・お菓子付き)
      『おえかきウォッチング』をすでにお持ちの方はお知らせ下さい。
 持ち物 筆記具、スティック糊

月15日(月)第39回 読書会:本のタネ 探検倶楽部 申込受付中
 テーマの本を読み、お気に入りの言葉(本のタネ)をひとつ選んで、語り合います。
 今回のテーマの本は、『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』。
e0016830_22384129.jpg
斎藤惇夫/作 薮内正幸/画 岩波少年文庫
 
 ●時 間 午後5:00〜6:30
 ●参加費 600円(お茶・お菓子付き) 
 ●定 員 8名(要予約)

月16日(火)〜3月6日(日)
              絵本原画展
「たからものがいっぱい!」
〜キューバの子どもたちが描いた“たからもの”、家族、自然、そして平和〜
e0016830_02300926.jpg
絵・キューバの子どもたち  ことば・こやま峰子
フレーベル館 本体1500円

キューバの子どもたちが描いた “たからもの” の絵にこやま峰子さんが詩をつけた絵本『たからものがいっぱい』の原画展です。子どもたちのカラフルで楽しい絵を見ながら、私たちの未来にとって 「たいせつなもの」は何かを一緒に考えてみませんか。

2月20日(土)こやま峰子さんのおはなしを聴く会 申込受付中!
 キューバの子どもたちの絵をみながら、詩人・児童文学作家のこやま峰子さんからキューバの国のこと、社会や自然、子どもたちの感性などについてお聞きしたいと思います。
 ●時 間  14:00〜
 ●定 員  20名(要予約)
 ●参加費  500円

月27日(土)ティール・グリーンのおはなしの会 申込受付中!
 ●時 間  11:00〜11:30
 ●定 員  親子で15組くらい、3歳以上
 ●ゲスト  小林啓子さん



[PR]
# by teal-green | 2016-02-04 01:58 | 村長の日記2015 | Comments(0)

1月31日(日)小さな童謡コンサート〜冬のまき〜

1月31日(日)の午後、ヤギの会による「ちいさな童謡コンサート Vol.4 〜ふゆのまき〜」が行われました。
ヤギの会の永田由利子さん、早田理恵さんが、かわいい楽器をたくさん抱えて来てくださいました。
e0016830_23170198.jpg
♪雪やこんこ ♪コンコンクシャンのうた ♪小ぎつね ♪かってこ かってこ
♪たき火 ♪おちゃをのみにきてください ・・・
歌にあわせて冬の風景が現れるパネルシアターも毎回楽しみです。
4か月の赤ちゃんから幼稚園の子まで楽しみました。
e0016830_23180621.jpg
トイピアノ、ウクレレ・・・ かわいい楽器がいっぱい。
e0016830_23193001.jpg
♪キャロットスープの歌 ♪ペチカ ♪わらいかわせみにはなすなよ ♪おもちゃのチャチャチャ・・・
最後の曲は、♪こもりうた でした。全部で14曲、冬の童謡を歌いました。
パネルシアターにもあったかい冬のお部屋の風景が現れました。

お家に帰っても、たくさん歌ってくださいね。
e0016830_12465404.jpg

毎回、折り紙の小さなおみやげ付きなのですが、今回は椿とうぐいすとツルのつるし飾りと桜のおみくじでした。桜の花びらを開くと「大吉」が! 嬉しい春がくるといいですね。
e0016830_23215355.jpg
今までの作品も紹介します。
左から春の「チューリップ」、夏の「ひまわり」、秋の「どんぐりとりす」です。
折り紙制作は、黒澤幸子さん。折り紙の先生です。
いつも子どもたちのために素敵な折り紙の作品を作ってプレゼントしてくださいます。ありがとうございます。

ヤギの会の永田由利子さん、早田理恵さん、折り紙の黒澤幸子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

[PR]
# by teal-green | 2016-02-02 22:54 | 村長の日記2015 | Comments(0)

なかがわちひろさんのサイン本、あります。

昨日の夕方、なかがわちひろさんが原画展にいらしてくださいました。
そして、かわいいサインもたくさん描いてくださいました。
ちょうど居合わせたお客さまはびっくり、そしてにっこり!
目の前でサインを描いていただくことができ、たいへん喜ばれ、抱きかかえるようにして帰られました。
e0016830_23574989.jpg
『たこのななちゃん』(徳間書店)にサインするなかがわちひろさん
e0016830_12222539.jpg

最新作の『めいちゃんの500円玉』(アリス館)
e0016830_12221500.jpg

『天使のかいかた』(理論社)
e0016830_00045245.jpg
『おえかきウォッチング』(理論社)

貴重なサイン本、プレゼントにもいかがでしょうか。
郵送もいたします。(送料90円くらい)お声をかけてくださいね。
*『のはらひめ』(徳間書店)は重版中なので、少しお待ち下さい。

なかがわちひろさん、ありがとうございました。


[PR]
# by teal-green | 2016-01-29 00:01 | 村長の日記2015 | Comments(0)

1月26日(火)「なかがわちひろ 絵本のしごと」始まりました。

1月26日(火)より、「なかがわちひろ 絵本のしごと」が始まりました。
e0016830_05462401.jpg
児童書を中心に翻訳家、絵描き、作家として活躍されているなかがわちひろさん。
今回は「絵本のしごと」に注目し、『天使のかいかた』『のはらひめ』『たこのななちゃん』など創作絵本の原画を展示しています。
e0016830_08262273.jpg
ティール—ム入った正面には、『りぼんをどうぞ』装画(「おはなし366」小学館 1995年 薫くみこ/文)となかがわさんの最新作『めいちゃんの500円玉』(2015年 アリス館)の原画が並んでいます。
右奥には、『天使のかいかた』『おまじないつかい』『おばけのことならまかせなさい』『カッパのぬけがら』(以上 理論社)。
e0016830_19161012.jpg
ティールーム左奥には、『たこのななちゃん』(徳間書店)『のはらひめ』(徳間書店)『おすのつぼにすんでいたおばあさん』(ルーマー・ゴッデン/作 なかがわちひろ/絵・訳 徳間書店)、『しらぎくさんのどんぐりパン』(理論社)の原画が展示されています。

『天使のかいかた』『おまじないつかい』などのすっきりした線画はここちよいですし、『のはらひめ』『たこのななちゃん』『しらぎくさんのどんぐりパン』の水彩画はたいへん美しく見応えがあります。皆さん、目を凝らして眺めていかれます。

原画展最終日には、なかがわちひろさんのワークショップがあります。
コガモのアトリエ
2月14日(日)「おえかきウォッチング*ワークショップ」申込受付中!
e0016830_00112865.jpg
なかがわちひろ/著 理論社 本体1500円

大人が考えている以上に、子どもにとってお絵描きは、世界を獲得するための大事な作業。
子どもの絵の成長を一緒に楽しむための『おえかきウォッチング』、子どもの絵を大らかに楽しむ秘訣がいっぱい詰まっています。
この本をもとに、著者のなかがわちひろさんから子どもの絵の成長のお話を聞きながら、子どもが初めてマルを描くときの気持ちを追体験したり(「マルちゃんのおはなし」)、描画発達段階がすすんだ子どもの絵の追体験(「へんてこりんな絵をかこう」)をするワークショップです。
あなたも、子どもの絵を見る達人になりましょう!

 時 間 13:30〜16:30
 定 員 15名(大人:小さい子のいるパパママ、幼稚園・保育園や小学校の先生、保育ボランティアさんなど日常的に子どもの絵をみる機会のある方、絵が苦手と思っている方、子どもの絵がわからないという方ほど大歓迎です。)
 参加費 2500円(『おえかきウォッチング』サイン本、お茶・お菓子付き)
      『おえかきウォッチング』をすでにお持ちの方はお知らせ下さい。
 持ち物 筆記具、スティック糊

コガモのアトリエ
「おえかきウォッチング*ワークショップ」では、なかがわちひろさんからお絵描きの大切さ、子どもの絵を楽しむ秘訣をお聞きしたいと思います。
自分の中から、新しいものを生み出す喜び。子どもの創造力の種をまき、芽を大切に育てていきたい。そんな願いを込め、ティール・グリーン10周年の今年より「コガモのアトリエ」がスタートいたします。作家さんたちにご協力いただきながら、どんな体験ができるのでしょうか。どうぞお楽しみに!



[PR]
# by teal-green | 2016-01-26 16:16 | 村長の日記2015 | Comments(0)

1月23日(土)おはなしの会と第29回コガモ句会

この冬で最も強い寒気が流れ込んだ影響で広い範囲で雪が降りましたが、皆さんのところでは大丈夫でしたか? 大田区では、雪にならずにほっとしましたが、厳しい寒さでした。皆さん、どうぞ体調管理をしっかりしてくださいね。
受験生の皆さんも、風邪をひかないでくださいね。

そんな寒さも厳しい1月23日(土)、おはなしの会とコガモ句会が行われました。

◆ 午前11時から始まったティール・グリーンの「おはなしの会」、今月のゲストは「人形劇 パオの会」の皆さんです。
年に1回 お願いしている人形劇、今年のプログラムは日本昔話の「大工と鬼六」でした。
e0016830_05310374.jpg
たいそう流れの早い川の中から頭をだしたぶっくりと大きな鬼
e0016830_05311587.jpg
途方にくれた鬼六が、山の中をふらふら歩いていると、遠くの方から子どもらの歌い声が・・・

名前を知られた鬼が消えてしまう「大工と鬼六」、子どもたちは食い入るように見つめていました。
パオの会の人形には目がないのですが、しっかり表情が見えてきます。

パオの会の皆さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
次回は、2月27日(土)11:00から11:30、ゲストは小林啓子さんです。
ぜひ、ご参加下さい。

◆ 午後7時からは、第29回コガモ句会です。
〜土肥あき子さんを囲んで句会をしよう!〜

俳人の土肥あき子さんをお迎えして、今年初めてのコガモ句会です。
e0016830_05312941.jpg

この日の席題は、「日脚伸ぶ」。
今現在は冬のまっただ中ではあるが、季節は確実に冬から春へと向かっている実感が込められる冬の季語。(土肥あき子さんの資料より)

寒い日でしたが、春がくるという気持ちの動きや日脚が伸びている間に何が変化しているのかをイメージしながら、俳句に取り組みました。

この日の高点句は、
  鉄棒に上着残りて日脚伸ぶ      Sさん
  日脚伸び空色残る帰り道       Kさん
  ゴリラの眼反らすことなき日脚伸ぶ  Iさん
  日脚伸ぶ四十五階の富士の山     Sさん

小学4年生の I ちゃんの一句は、
  身長がのびていくほど日脚伸ぶ
のびのびと楽しい句ですね。もちろん点が入りましたよ。

今年も年4回 コガモ句会を予定しています。
日々の暮らしの中で感じた四季の移ろいを言葉にしてみませんか。

土肥あき子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

村長のつぶやき
 先日、お客さまからいただいた甘夏でマーマレードを作りました。
e0016830_07231044.jpg
e0016830_07232445.jpg
甘夏1個分です。
e0016830_07233710.jpg
くるみのクッキーの上にマーマレードをのせて、現在 サービスクッキーとして提供しています。パディントンも大好きなマーマレード、お楽しみ下さい。

[PR]
# by teal-green | 2016-01-25 05:38 | 村長の日記2015 | Comments(0)

1月のティール・グリーン

2016年 あけましておめでとうございます。

新年早々飛び込んできた核実験のニュースに驚きとともに憤りを禁じえません。
世界はますます混沌として暗い気持ちになりますが、こんな時こそひとりひとりの心の平和を大切にしていかなくてはと思います。何が大切なのかを考えるきっかけとなるような本を丁寧に手渡していきたいと願い、本年も頑張ってまいります。

また、今年の3月3日でティール・グリーンがこの地に移転してから10年、私が引き継いでから5年となります。これまで支えてくださった皆様に感謝するとともに、これからも「本とのであいを心地よく」をめざしてまいります。
たくさんの“幸せの種”を皆様にお届けできますように・・・

本年もよろしくお願いいたします。

1月のティール・グリーンは、
月23日(土)ティール・グリーンのおはなしの会  申込受付中!
 ●時 間  11:00〜11:30
 ●定 員  親子で15組くらい、3歳以上
 ●ゲスト  「人形劇パオ」の皆さん プログラムは「大工と鬼六」です。

月23日(土) 第28回コガモ句会           申込受付中!
  〜俳人 土肥あき子さんを囲んで句会をしよう!〜
 ●時 間  午後7:00〜8:30
 ●参加費  1000円(お茶・お菓子付き)
 ●定 員  20名(要予約)
  ◆◆土肥あき子さんから◆◆ 
 来年の干支「猿」は「去る」に通じるものとして縁起がよいとされています。おせち料理も黒豆はまめに暮らす、昆布は喜ぶ、鯛はめでたいと、語呂合わせのオンパレードです。語呂合わせで縁起をかつぐことが多い日本語は、言葉が命をもつものとして扱われていた名残りが感じられます。来年も一緒にたくさんの言葉を味わいましょう。(注・昨年11月にいただいたメッセージです。)

1月26日(火)〜2月14日(日)

 「なかがわちひろ 絵本のしごと」
e0016830_23342363.jpg
             なかがわちひろ/さく 徳間書店
e0016830_23343998.jpg
なかがわちひろ/作 理論社
e0016830_23335887.jpg
なかがわちひろ/さく・え 徳間書店

昨年12月に開催し好評だった『プリンちゃんとブラウニーとうさん』原画展でもお世話になった なかがわちひろさんの絵本の原画展です。なかがわちひろさんは、児童書を中心に翻訳家、絵描き、作家として活躍されています。たくさん刊行されているなかがわちひろさんの作品ですが、今回は「絵本のしごと」に注目し、創作絵本の中から12点ほどの原画を展示いたします。上記3作品を含みます。どうぞお楽しみに!

そして、なかがわさちひろさんの原画に囲まれた中で、
2月14日(日)「おえかきウォッチング*ワークショップ」申込受付中!
e0016830_00112865.jpg
なかがわちひろ/著 理論社 本体1500円

大人が考えている以上に、子どもにとってお絵描きは、世界を獲得するための大事な作業。
子どもの絵の成長を一緒に楽しむための『おえかきウォッチング』、子どもの絵を大らかに楽しむ秘訣がいっぱい詰まっています。
この本をもとに、著者のなかがわちひろさんから子どもの絵の成長のお話を聞きながら、子どもが初めてマルを描くときの気持ちを追体験したり(「マルちゃんのおはなし」)、描画発達段階がすすんだ子どもの絵の追体験(「へんてこりんな絵をかこう」)をするワークショップです。

 時 間 13:30〜16:30
 定 員 15名(大人:小さい子のいるパパママ、幼稚園・保育園や小学校の先生、保育ボランティアさんなど日常的に子どもの絵をみる機会のある方、絵が苦手と思っている方、子どもの絵がわからないという方ほど大歓迎です。)
 参加費 2500円(『おえかきウォッチング』サイン本、お茶・お菓子付き)
      『おえかきウォッチング』をすでにお持ちの方はお知らせ下さい。
 持ち物 筆記具、スティック糊

昨年12月の「たかおゆうこの水彩教室」に参加してくださった皆さん、子どもはもちろん大人の方もたいへん楽しそうに絵を描かれてました。「お絵描き」の大切さ、子どもの絵の成長のこと、子どもの絵を楽しむ秘訣などをなかがわさんからお聞きしたいと思います。
自分の中から、新しいものを生みだす喜び。子どもの創造力の芽を大切に育ててあげたいですね。
このような願いをこめ、ティール・グリーン10周年の今年より「コガモのアトリエ」がスタートいたします。今回のなかがわちひろさんをはじめ、たかおゆうこさん、平澤朋子さん、花澤実子さんなど今までお世話になっている作家さんもご協力してくださいます。
皆さま、どうぞお楽しみに!

月31日(日)小さな童謡コンサート 〜冬のまき〜   申込受付中!
 昔ながらの童謡やわらべうたを、ウクレレやトイピアノなどちっちゃな楽器の音と一緒に楽しみましょう
 ●時 間  14:00〜15:00
 ●演 奏  ヤギの会(永田由利子さん、早田理恵さん)
 ●定 員  15組(赤ちゃんから大人まで・要予約)
 ●参加費  500円(ちっちゃなおみやげ付き)
 冬のうたをみんなで一緒に歌いましょう

月16日(火)〜3月6日(日)
              絵本原画展
「たからものがいっぱい!」

〜キューバの子どもたちが描いた“たからもの”、家族、自然、そして平和〜
e0016830_02300926.jpg
絵・キューバの子どもたち  ことば・こやま峰子
フレーベル館 本体1500円

カリブ海に浮かぶ島 キューバの子どもたちが描いた “たからもの” の絵にこやま峰子さんが詩をつけた絵本『たからものがいっぱい』の原画展です。子どもたちのカラフルで楽しい絵を見ながら、私たちの未来にとって 「たいせつなもの」は何かを一緒に考えてみませんか。

2月20日(土)こやま峰子さんのおはなし会     申込受付中!
 キューバの子どもたちの絵をみながら、詩人・児童文学作家のこやま峰子さんからキューバの国のこと、社会や自然、子どもたちの感性などについてお聞きしたいと思います。
 ●時 間  14:00〜
 ●定 員  20名(要予約)
 ●参加費  500円

1月のケーキセット
e0016830_03304813.jpg
2016年 新春のお菓子は、「キャロットケーキ」。紅茶または珈琲とセットで750円です。

冬が旬のニンジンをたっぷり使いました。生地の粉ものはアーモンドプードルでしっとりと、甘みは和三盆でやわらかく仕上げています。
シナモンの香りとラム酒で漬けたレーズンがアクセントの味わい豊かな焼き菓子です。
(おはら みほ)

美味しいお菓子とお茶を用意して皆さまをお待ちしています。

今年も皆さまとご一緒に、絵本を通して豊かな時間を過ごしてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



[PR]
# by teal-green | 2016-01-12 04:48 | 村長の日記2015 | Comments(0)

年末年始の営業日について

e0016830_13301267.jpg
12月にも楽しませてくれたバラたち

12月1日(火)から始まった たかおゆうこ原画展「プリンちゃんとブラウニーとうさん」も27日(日)で終了いたしました。
最終日も遠くから原画展を見にきてくださったお客さまもいらっしゃり、年の瀬にも関わらず賑わいました。たかおゆうこさんご夫妻もご来店下さり、サインをしていただきました。

明るくやさしいプリンちゃんの世界に包まれて、ティール・グリーンも華やかな12月を過ごすことができました。

なかがわちひろさん、たかおゆうこさん、理論社さん、本物のモミの木を運んでくださったHさん、そしてお越し下さったたくさんの皆さん、ありがとうございました。

ティール・グリーンの年末年始の営業は、
年内は 12月27日(日)まで
新年は 2016年1月12日(火)より営業いたします。

2015年もたいへんお世話になり、ありがとうございました。
皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。


[PR]
# by teal-green | 2015-12-29 13:46 | 村長の日記2015 | Comments(0)

12月19日(土)「ろうそくの光による 影絵 Vol.3」

12月19日(土)、たかおゆうこさんの影絵と多賀京子さんの語りで楽しむ幻想的な「ろうそくの光による 影絵」が開催されました。
e0016830_912031.jpg
「小人とくつ屋のむすこたち」(『クリスマスのりんご』福音館書店より)

ろうそくの光による影絵の会は皆様からのリクエストも多く、今年で3回目を迎えました。
今回も午前11時からと午後2時から、2回上演となりました。
ティールームに毛布を敷き詰め、子どもや大人がぎっしり、明かりが消え、ろうそくに火が灯ります。 みんなドキドキワクワク!
e0016830_02095791.jpg
会場はこんな感じ。影絵の操作をするたかおゆうこさん

e0016830_91020.jpg
今年のプログラムは、
・「風の神と子ども」(『日本昔話百選』三省堂より)
・「小人とくつ屋のむすこたち」(『クリスマスのりんご』福音館書店より)

e0016830_01564376.jpg
ルース・ソーヤ、アリソン・アトリーほか/文 上條由美子/編・訳 たかおゆうこ/絵 
福音館書店

毎年、たかおゆうこさんが挿絵を描かれている『クリスマスのりんご クリスマスをめぐる九つのお話』から一話づつ影絵にしていただいています。今年は「小人とくつ屋のむすこたち」でした。画家さんが制作する影絵ですから、本の世界そのものです。ちょうど前の晩にこのお話を読んできたという親子さん、より楽しんでいただけたことでしょう。多賀さんの落ち着いた声が私たちをお話の世界に誘ってくれました。
e0016830_902043.jpg
お菓子やくだもの、金貨、銀貨などがおちてきて喜ぶくつ屋のむすこたち。

e0016830_92884.jpg
影絵の会の後、子どもたちに舞台裏を説明するたかおゆうこさん。子どもたちは熱心に見ていました。

この会のために影絵の制作をしてくださった たかおゆうこさん、語りをしてくださった多賀京子さん、何度も打ち合わせをして準備をしてくださいました。ありがとうございました。
参加してくださった皆さんも、ありがとうございました。

ティール・グリーンは、27日(日)まで休みなく営業しています。
 大切な方や頑張っている自分へ贈る一冊の本、本選びに迷ったら、お声をかけてくださいね。






[PR]
# by teal-green | 2015-12-21 08:22 | 村長の日記2015 | Comments(0)