<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2月20日(土)「こやま峰子さんのおはなしを聴く会」

2月20日(土)雨の午後、こやま峰子さんをお迎えして、キューバの子どもたちのお話をお聞きしました。
e0016830_01081790.jpg
キューバの国のお話や、キューバ革命、ゲバラさんのお話などをしてくださいました。キューバの子どもたちの絵の明るさは、革命によって小学校から大学までの教育費が無料となり、皆が平等に教育を受けられるようになったことへの親の安堵感によるものだろうというお話が印象的でした。
e0016830_01104690.jpg
長年語りの活動を続けている北澤潤子さんが『たからものがいっぱい!』の詩の朗読をしてくださいました。子どもたちが描く“たからもの”は、家族、自然、風景、そして平和。子どもたちの絵を見ながら聴くこやま峰子さんの詩は、より心に響きます。
私たちの未来にとって「たいせつなもの」が何かをもう一度考えてみたいと思いました。

e0016830_00003027.jpg
こやま峰子/文 塚本やすし/絵 フレーベル館 本体1300円

こやま峰子さんの最新作の『いのりの石 ヒロシマ・平和へのいのり』のお話もありました。この絵本はヒロシマで被爆した線路の敷石が、平和の尊さを後世に伝える「ひろしま・祈りの石」となるまでが描かれています。やさしい顔の「観音像」と文字「From Hiroshima」が刻まれた敷石は、今も世界100か国以上で声なき平和のメッセージを発信しているのです。こやま峰子さんは、実際に祈りの石があるアイスランドを訪ねられたそうです。
このいのりの石のことをもっとたくさんの方に知ってほしいと願い、店頭でもおすすめしています。
e0016830_01082911.jpg
冷たい雨の中、こやま峰子さんのお話に、20名を超す皆さんが熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

こやま峰子さん、北澤潤子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by teal-green | 2016-02-24 01:08 | 村長の日記2015

2月14日(日)「コガモのアトリエ」スタートしました。「おえかきウォッチング*ワークショップ

2月14日(日)、朝の嵐が一転、まるで嘘だったかのように午後には青空が! 
そして、なかがわちひろさんが青空とともに現れました。
この日、いよいよ「コガモのアトリエ」がスタートいたしました。
記念すべき第1回の講師は、「コガモのアトリエ」の名付け親でもあるなかがわちひろさん。大人を対象に「おえかきウォッチング*ワークショップ」、子どもの絵を見る達人になるべく、子どもの絵を楽しむ秘訣を教えていただきました。

◎第一部 「マルちゃんのおはなし」
e0016830_22181644.jpg
まず、赤ちゃんが絵を描き始めるプロセスのお話から始まりました。
そして、子どもが初めてマルを描くときの気持ちを追体験してみよう・・・ということで、「マルちゃんのおはなし」制作をしました。
e0016830_22281977.jpg
たくさんのきれいな色の五感紙から、各自4枚を選びました。
e0016830_22205061.jpg
色紙を丸くちぎって、五感紙 4枚に貼り、自分がちぎったマルちゃんを主人公として各自の物語を作りました。
e0016830_22215891.jpg
紙芝居のようにします。そして2人一組になり互いに発表しあいました。何人かは皆の前で発表もしました。
e0016830_22214300.jpg
すべてをマルで表現するって、かたい頭をいったんもみほぐさないとできないことでした。でも、皆さん、手を動かしているうちに、だんだん楽しそうな表情になり、それぞれの「マルの物語」を作ってました。
子どもが自分の描いた絵を親に見せる時のドキドキ感ってこんな感じなのかな?
そして、大人は文字のない絵をどう読めばいいのか? どう味わえばよいのか? どう声かけをしてあげたらよいのかな? そんなことを考えさせられました。
 
◎第2部 「へんてこりんな絵をかこう」
もう少し描画発達段階がすすんだ子どもの絵の追体験をしました。
e0016830_22221758.jpg

画用紙を前に、二人一組になり、なかがわさんの指示に従い相手の顔を描いていきました。「横顔を描きましょう」その同じ紙に、「正面から見た顔をかきましょう」さらに同じ紙に洋服や足や靴、靴の裏まで描いていきます。
ペアの方に描いてもらった絵を皆に見せながら、皆で感想をいいました。

e0016830_00534687.jpg
理論社 本体1500円

今回のワークショップは、なかがわちひろさんの『おえかきウォッチング 子どもの絵を10倍楽しむ方法』の中の「マルのおはなし」と「へんてこりんな絵!?」を体験するワークショップでした。詳しい内容は、『おえかきウォッチング』をお読みくださいね。
e0016830_22231320.jpg
ワークショップの後はサイン会。なかがわちひろさんの本が大好きなSさん、一緒に記念撮影です。とっても嬉しそう。
e0016830_22225530.jpg
『のはらひめ』と『たこのななちゃん』の原画の前で微笑む なかがわちひろさん。

当日、欠席の方がいらして急遽私も参加させてもらったのですが、自分のアタマのかたさにびっくり。マルだけで表現するなんて・・・最初どうしたらよいのかアタマが真っ白になり戸惑いましたが、とにかく手を動かそうと、マルをちぎっていくうちにだんだん楽しくなり、お話もみえてきました。しまいには時間が足りないほど、「もっとやっていたーい!」くらいでした。私がドキドキで語る「マルちゃんのおはなし」に、ペアの方がニコニコうなずき、「おもしろい〜」と声をかけてくださると、とっても嬉しかったです。子どももこんなふうに感じているのでしょね。

なかがわちひろさん、お手伝いくださった たかおゆうこさん、理論社の芳本さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
e0016830_01375026.jpg
次回からの「コガモのアトリエ」の予定です。
「コガモのアトリエ vol.2」は、4月17日(日)講師は平澤朋子さん
「コガモのアトリエ vol.3」は、5月22日(日)講師はたかおゆうこさん
どうぞお楽しみに!

[PR]
by teal-green | 2016-02-17 22:26 | 村長の日記2015

2月16日(火)絵本原画展「たからものがいっぱい!」始まりました。

2月16日(火)絵本原画展「たからものがいっぱい!」が始まりました。
キューバの子どもたちが描いた “たからもの” の絵に、こやま峰子さんが詩をつけた絵本の原画展です。
e0016830_05530011.jpg
e0016830_06004521.jpg
キューバのこどもたち/絵 こやま峰子/ことば 
フレーベル館 本体1500円

キューバの子どもたちが描いた “たからもの”、それは「かぞく」「くだもの」「カーニバル」「サーカス」「ふうけい」「うみ」「がっこう」・・・そして「へいわ」。

e0016830_06460709.jpg
e0016830_06453737.jpg
「あなたのたからものはなんですか?」コーナー
皆さんのたからものを描いてもらおうと、スケッチブックと色鉛筆や蜜蝋クレヨンなどを用意しました。
e0016830_06455205.jpg
さっそく6歳の女の子がたからものを描いてくれました。
e0016830_05532389.jpg
ティールームいっぱいに飾られたキューバの子どもたちの絵は、カラフルで力強く、いろんなことを語りかけてきます。そんな絵を見ていると「キューバってどんな国なんだろう?」「どんな教育を受けているのかしら?」と知りたくなってきます。そして「私たちにとってのたからものは何だろう?」と考えてしまいます。

そこで、
2月20日(土)こやま峰子さんのおはなしを聴く会 申込受付中!
 キューバの子どもたちの絵をみながら、詩人・児童文学作家のこやま峰子さんからキューバの国のこと、社会や自然、子どもたちの感性などについてお聞きしたいと思います。
まだ少しお席があります。ぜひご参加下さい!

 ●時 間  14:00〜15:00/トーク
       15:15〜/サイン会
 ●定 員  20名(要予約)
 ●参加費  500円(お茶・お菓子付き)

皆さん、ぜひキョーバの子どもたちの絵を見にいらしてください!
 いっぱい元気をもらえますよ!

今月のケーキセット
e0016830_06461904.jpg
キューバをイメージした「バナナのラムケーキ」
紅茶や珈琲とセットで700円です。

〜バナナラムケーキ〜
キューバの農産物はフルーツにサトウキビ。絵本にも果物がたくさん登場します。今回はキューバでよくとれるバナナとサトウキビのお酒ラム酒をふんだんに使ってパウンドケーキを焼きました。キューバの子どもたちの、はち切れそうな笑顔を思い浮かべながら、ぜひお召し上がり下さい。              おはらみほ

[PR]
by teal-green | 2016-02-17 05:37 | 村長の日記2015

NEWS 3月の原画展のお知らせ

3月15日(火)からの原画展のお知らせです。
齋藤 槙原画展
「絵本ヨガ 森のくるるん」
3月15日(火)〜4月10日(日)

e0016830_23055365.jpg
近藤 麻智子・長谷部 真奈見/さく 齋藤 槙/え そうえん社 本体1200円

この可愛い表紙の真ん中にいるのがりすの「くるるん」。
くるるんは、森に出かけていくと、いろいろな動物に出会います。そして、ハグするとその動物に変身していくのです・・・
そんな楽しい絵本の世界をヨガで表現しよう! というのが「絵本ヨガ」。
ハグで育む、こころとからだ。親子のコミュニケーションも深まることでしょう。

2月18日に発売される「絵本ヨガ 森のくるるん」の刊行記念の原画展を開催いたします。

期間中、楽しいイベントもいっぱい!
3月19日(土)齋藤槙さん×近藤麻智子さん ギャラリートーク&サイン会 申込受付中!
  「絵本ヨガ 森のくるるん」ができるまで
  ●14:00〜15:30/トーク&読み聞かせ
     ・会 場 ティール・グリーン ティールーム  
     ・定 員 20名(要予約) 
     ・参加費 500円(小学生以下は無料、お茶お菓子つき)
  ●15:30〜/サイン会 

3月27日(日)「絵本ヨガ 森のくるるん」親子でこころとからだのハグタイム
   申込受付中!
  ●11:00〜12:00 絵本ヨガ
     ・会 場 千鳥南町会会館2F(大田区千鳥2−8−18 ティール・グリーンより徒歩約2分)
     ・定 員 親子20組(お子さまは3・4ヶ月くらい〜、要予約)
     ・参加費 親子1組2000円(「絵本ヨガ 森のくるるん」サイン本を1冊プレゼント)
     ・持ち物 動きやすい服装

3月27日(日)齋藤槙ワークショップ「森に住むいきものスタンプでハンカチを作ろう!」 申込受付中!
e0016830_23570552.jpg
  ●14:00〜16:00/ワークショップ
  ●16:00〜/サイン会
     ・会 場 ティール・グリーン ティールーム
     ・定 員 12名(4歳以上大人まで・未就学児は大人の付き添いをお願いします、要予約)
     ・参加費 1000円(材料費込)

齋藤槙さんは、福音館書店の「こどものとも 0.1.2.」2013年10月号「ぺんぎんたいそう」の作家さんです。ぺんぎんの動きがなんともユーモラスで、親子で一緒に体操を楽しめる絵本の登場を喜んでいたところ、あっという間に品切れになってしまった絵本です。今回「絵本ヨガ 森のくるるん」で原画展ができますことを嬉しく思います。  
e0016830_00205122.jpg
近藤麻智子さんは、アナウンサーであり絵本セラピスト、絵本専門士でもあります。当店でも2ヶ月に一度、「絵本のち晴れ 大人のための絵本セラピー(R」を開催しています。

長谷部真奈見さんは、アナウンサーでありヨガインストラクターでもあります。近藤麻智子さんと絵本とヨガの新しいかたち「絵本ヨガ」を開催しています。

齋藤槙さん、近藤麻智子さん、長谷部真奈見さん、3人ともこれからますます活躍が期待される若い作家さんたちです。
皆さん、どうぞお楽しみに!



[PR]
by teal-green | 2016-02-12 11:28 | イベント情報

おすすめの絵本「のはらひめ おひめさま城のひみつ」と「たこのななちゃん」

現在、ティールームで開催中のなかがわちひろさんの原画展「なかがわちひろ 絵本のしごと」もたいへん好評で、たくさんの方が観にきてくださっています。
水彩画の作品、線画の作品、と様々ですが、今日は水彩画で描かれている『のはらひめ おひめさま城のひみつ』と『たこのななちゃん』を紹介します。
e0016830_06180638.jpg
なかがわちひろ/作 徳間書店 本体1400円

まりは、いつも「おひめさまになりたい」と思っている女の子。
ある日、玄関の前に金色の馬車がとまり、「おひめさま城」からのお迎えがきました・・・

こんなドキドキする始まり、女の子だったら夢のようですね。
でも、「おひめさま城」につくと、おひめさまになるためにはたいへんなお勉強が待っていたのです。
笑い方のおけいこ、おことばつかいのお勉強、見かけに惑われず、本物を見分けるくんれん、かいぶつたちとたたかうけいこ・・・なかには命がけのお勉強もあります。
どれもこれも、たいへんなお勉強でしたが、まりはとっても立派にやってのけました。
そして、いよいよ好きなおひめさまを選べることになったまりが、しばらく考えて選んだおひめさまは・・・?

女の子の夢がいっぱいつまった「のはらひめ」、絵本も素敵ですが、原画はほんとうにうっとりするほど綺麗です。

1995年に刊行された『のはらひめ』、なかがわちひろさんにとって初めての創作絵本、21年経った今でも皆さんに愛されるロングセラーです。とってもかわいいサイン本が入荷しています。
e0016830_11263071.jpg

そして、もう一冊は『たこのななちゃん』

e0016830_06182215.jpg
なかがわちひろ/さく・え 徳間書店 本体1500円
 
 遠い海でうまれたたこのななちゃん。
船のスクリューにはさまれて足を1本なくした たこの子です。
ななちゃんはかなこと仲良し、学校にも一緒に通います。お互いに大好きなかなことななちゃんでしたが、ある日・・・
楽しくてちょっぴり切ない、でも心がほんわかあたたかくなるお話です。

竜宮城のおどりのシーンと夕焼けの海のシーンの原画が展示されていますが、美しい水彩画に眼が釘付けになります。

e0016830_06220166.jpg
原画ならではの、見応えがある美しい水彩画です。
ぜひ、間近でご覧くださいね。



[PR]
by teal-green | 2016-02-11 21:33 | おすすめの絵本

2月のティール・グリーン

寒さの厳しい日が続いています。
皆さん、風邪をひかぬよう体調管理をしっかりしてくださいね。

2月のティール・グリーンは、
2月11日(木・祝)は営業いたします。
1月26日(火)〜2月14日(日)

 「なかがわちひろ 絵本のしごと」
e0016830_05462401.jpg
児童書を中心に翻訳家、絵描き、作家として活躍されているなかがわちひろさん。
今回は「絵本のしごと」に注目し、創作絵本『天使のかいかた』『おまじないつかい』『のはらひめ』『たこのななちゃん』などの中から18点の原画を展示しています。

なかがわさちひろさんの原画に囲まれた中で、
2月14日(日)「おえかきウォッチング*ワークショップ」満員御礼!(2/9)
e0016830_00112865.jpg
なかがわちひろ/著 理論社 本体1500円

大人が考えている以上に、子どもにとってお絵描きは、世界を獲得するための大事な作業。
子どもの絵の成長を一緒に楽しむための『おえかきウォッチング』、子どもの絵を大らかに楽しむ秘訣がいっぱい詰まっています。
この本をもとに、著者のなかがわちひろさんから子どもの絵の成長のお話を聞きながら、子どもが初めてマルを描くときの気持ちを追体験したり(「マルちゃんのおはなし」)、描画発達段階がすすんだ子どもの絵の追体験(「へんてこりんな絵をかこう」)をするワークショップです。

 時 間 13:30〜16:30
 定 員 15名(大人:小さい子のいるパパママ、幼稚園・保育園や小学校の先生、保育ボランティアさんなど日常的に子どもの絵をみる機会のある方、絵が苦手と思っている方、子どもの絵がわからないという方ほど大歓迎です。)
 参加費 2500円(『おえかきウォッチング』サイン本、お茶・お菓子付き)
      『おえかきウォッチング』をすでにお持ちの方はお知らせ下さい。
 持ち物 筆記具、スティック糊

月15日(月)第39回 読書会:本のタネ 探検倶楽部 申込受付中
 テーマの本を読み、お気に入りの言葉(本のタネ)をひとつ選んで、語り合います。
 今回のテーマの本は、『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』。
e0016830_22384129.jpg
斎藤惇夫/作 薮内正幸/画 岩波少年文庫
 
 ●時 間 午後5:00〜6:30
 ●参加費 600円(お茶・お菓子付き) 
 ●定 員 8名(要予約)

月16日(火)〜3月6日(日)
              絵本原画展
「たからものがいっぱい!」
〜キューバの子どもたちが描いた“たからもの”、家族、自然、そして平和〜
e0016830_02300926.jpg
絵・キューバの子どもたち  ことば・こやま峰子
フレーベル館 本体1500円

キューバの子どもたちが描いた “たからもの” の絵にこやま峰子さんが詩をつけた絵本『たからものがいっぱい』の原画展です。子どもたちのカラフルで楽しい絵を見ながら、私たちの未来にとって 「たいせつなもの」は何かを一緒に考えてみませんか。

2月20日(土)こやま峰子さんのおはなしを聴く会 申込受付中!
 キューバの子どもたちの絵をみながら、詩人・児童文学作家のこやま峰子さんからキューバの国のこと、社会や自然、子どもたちの感性などについてお聞きしたいと思います。
 ●時 間  14:00〜
 ●定 員  20名(要予約)
 ●参加費  500円

月27日(土)ティール・グリーンのおはなしの会 申込受付中!
 ●時 間  11:00〜11:30
 ●定 員  親子で15組くらい、3歳以上
 ●ゲスト  小林啓子さん



[PR]
by teal-green | 2016-02-04 01:58 | 村長の日記2015

1月31日(日)小さな童謡コンサート〜冬のまき〜

1月31日(日)の午後、ヤギの会による「ちいさな童謡コンサート Vol.4 〜ふゆのまき〜」が行われました。
ヤギの会の永田由利子さん、早田理恵さんが、かわいい楽器をたくさん抱えて来てくださいました。
e0016830_23170198.jpg
♪雪やこんこ ♪コンコンクシャンのうた ♪小ぎつね ♪かってこ かってこ
♪たき火 ♪おちゃをのみにきてください ・・・
歌にあわせて冬の風景が現れるパネルシアターも毎回楽しみです。
4か月の赤ちゃんから幼稚園の子まで楽しみました。
e0016830_23180621.jpg
トイピアノ、ウクレレ・・・ かわいい楽器がいっぱい。
e0016830_23193001.jpg
♪キャロットスープの歌 ♪ペチカ ♪わらいかわせみにはなすなよ ♪おもちゃのチャチャチャ・・・
最後の曲は、♪こもりうた でした。全部で14曲、冬の童謡を歌いました。
パネルシアターにもあったかい冬のお部屋の風景が現れました。

お家に帰っても、たくさん歌ってくださいね。
e0016830_12465404.jpg

毎回、折り紙の小さなおみやげ付きなのですが、今回は椿とうぐいすとツルのつるし飾りと桜のおみくじでした。桜の花びらを開くと「大吉」が! 嬉しい春がくるといいですね。
e0016830_23215355.jpg
今までの作品も紹介します。
左から春の「チューリップ」、夏の「ひまわり」、秋の「どんぐりとりす」です。
折り紙制作は、黒澤幸子さん。折り紙の先生です。
いつも子どもたちのために素敵な折り紙の作品を作ってプレゼントしてくださいます。ありがとうございます。

ヤギの会の永田由利子さん、早田理恵さん、折り紙の黒澤幸子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by teal-green | 2016-02-02 22:54 | 村長の日記2015