<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

定休日が変わります。

          9月8日(火)〜10月2日(金) 
     なかじまかおり「おつきさまのうた」と夜のものがたり 
e0016830_01281031.jpg
なかじまかおり/さく 岩﨑書店 本体1300円

青くて月の美しい夜のものがたり。
昨年10月にNHK「みんなのうた」で放送された「おつきさまのうた」の作詞をされた絵本作家・装丁家のなかじまかおりさんが、歌への思いをこめて新たに描きおろした絵本の原画展です。
月明かりの幻想的で美しい絵をお楽しみください。

9月19日(土)ギャラリートーク&サイン会         申込受付中!
 14:00〜15:30/トーク 「なかじまかおり*本のしごと」
  ・定員 20名(要予約)  ・参加費 500円(お茶付き)
 15:30〜/サイン会  ・参加自由、無料

9月から定休日が、月曜日・第2火曜日に変わります。
 日曜日を営業することにしました。
 皆さま、週末をお茶がのめる絵本屋でゆったりとしたひとときをお過ごしください。
 お待ちしています。
 但し、9月8日(火)は営業します。
 

[PR]
by teal-green | 2015-08-31 01:09 | 村長の日記2015 | Comments(0)

9月〜10月のイベントのお知らせ

夏休み明けの25日(火)は、開店前から赤ちゃん連れのお客様がいらしてくださいました。
また、休みと知らずにいらしてくださった方のことも聞きました。すみません。

9月〜10月にかけてのイベントのお知らせです。
9月8日(火)〜10月2日(金) なかじまかおり「おつきさまのうた」と夜のものがたり 
e0016830_01281031.jpg
なかじまかおり/さく 岩﨑書店 本体1300円

 おつきさまがいい夜はあかりをけしてごらん。 
 耳を澄ませば、きこえてくるよ♪
 しずかにちからをみたしてくれるうた、
 おつきさまのうたが・・・

青くて月の美しい夜のものがたり。
月の光がやさしい夜、子どもたちがひろったのは小さな月の歌でした。
昨年10月にNHK「みんなのうた」で放送された「おつきさまのうた」の作詞をされたなかじまかおりさんが、歌への思いをこめて絵本に描きおろしたものです。

9月は月がひときわ美しい季節。
なかじまかおりさんの描く幻想的であたたかい月の夜につつまれたら、子どもも大人もやさしい気持ちで眠りにつくことでしょう。
なかじまかおりさんの「おつきさまのうた」と「夜のものがたり」をお楽しみください。

9月19日(土)ギャラリートーク&サイン会         申込受付中!
 なかじまかおりさんは絵本作家であり、児童書装丁などを手がけるデザイナーでもあります。主な装丁作品に『グリーン・ノウ物語』シリーズ、『小さなバイキング ビッケ』シリーズ(以上、評論社)、『ないしょのおともだち』(ほるぷ出版)、『ひみつだから』(岩﨑書店)などたくさんあり、品のよい装丁に定評があります。なかじまさんに絵本作りのこぼれ話や本がどのように出来上がっていくかなど装丁のお話などをお聞きしたいと思います。興味深いですね。
 14:00〜15:30/トーク 「なかじまかおり*本のしごと」
  ・定員 20名(要予約)  ・参加費 500円(お茶付き)
 15:30〜/サイン会  ・参加自由、無料

9月14日(月)第37回 読書会:本のタネ 探検倶楽部   満員御礼!
 テーマの本を読み、お気に入りの言葉(本のタネ)をひとつ選んで、語り合います。
 今回のテーマの本は、『走れ、走って逃げろ』。現在、全国で上映されている映画「ふたつの名前を持つ少年」の原作本です。
e0016830_14281892.jpg
ウーリー・オルレブ/作 母袋夏生/訳 岩波少年文庫 本体720円
 *時 間 17:00〜18:30
 *参加費 600円(お茶・お菓子付き)
 *定 員 8名(要予約) 

9月26日(土)おはなしの会 と 蜜ろうキャンドル作り  申込受付中!
 ◉おはなしの会
  *時 間  11:00〜11:30
  *定 員  親子で15組位、3歳以上から。(要予約) 
  *参加無料
 ◉今回は、おはなしの会終了後、おもちゃ箱さんの蜜ろうハニーコムシートを使っておはなし会で使うキャンドルを作ります。お時間のある方は参加してね。
  *時 間  11:30〜12:00
  *1人で2本作ります。1本はおはなし会で使います。あと1本はプレゼントします。
  *追加で作りたい方は、1本100円でお願いします。
  
10月3日(土)第4回 pipioとあそぼう「デンマークのおみせやさん」 
      Danske marked ーようこそ アンデルセンの国へー 
絵本マスターの武本佳奈絵さんとイラストレーターの平澤朋子さんによるおはなしとあそびを届けるユニット“pipio”さんとの「おみせやさん」シリーズ。今回のおみせやさんは、
  アンデルセンが生まれた国デンマーク。
  おとぎ話が息づく街を旅するようなおみせやさんを一緒に開きましょう。

 ◉13:00〜16:00(12:45 受付開始)       申込受付中!
    *参加費  1000円(お買いものチケット+おみやげ付き)
    *定 員  12名(5、6歳から小学校6年生くらいまで)
 ◉15:00〜16:00      
  デンマークのおみせやさん開店です。事前予約なしでどなたでもおこしいただけます。
  アンデルセンの童話にちなんだおみせでは、楽しいゲームをご用意! ゲームをしながら、素敵な品物をお買いものしてくださいね。
  当日、おみせやさんで使えるチケット(300円)をお求めいただき、たっぷりお楽しみください。

10月6日(火)〜10月31日(土)北見葉胡「えほん はりねずみのルーチカ」原画展
e0016830_01494683.jpg
かんのゆうこ/文 北見葉胡/絵 講談社 本体1400円

どうぶつや妖精やふしぎないきものたちが暮らすフェリエのくに。
はりねずみのルーチカ、仲良しのもぐらのソル、ようせいのノッコたちが繰り広げる心やさしく楽しいお話、人気童話の「はりねずみのルーチカ」シリーズが色鮮やかな絵本になりました。
北見さんの深みのある美しい原画をお楽しみください。
北見葉胡さんは、『マッチ箱のカーニャ』(白泉社)で2015年ボローニャ国際絵本原画展に入選されました。おめでとうございます。

10月17日(土)ギャラリートーク&サイン会     
 絵本の原画を鑑賞しながら、皆さんからの質問に答えてくださいます。
 14:00〜15:30/トーク               申込受付中!
  *定 員  20名(要予約)  *参加費  500円(お茶・小さなお菓子付き)
 15:30〜 /サイン会
  *参加自由、無料

10月11日(日)「にっぽんのおにぎり」いただきます! 申込受付中!
e0016830_01512480.jpg
白央篤司/著 理論社 本体1400円

6月に刊行された『にっぽんのおにぎり』。
47都道府県の郷土食を「おにぎり」というかたちで紹介する“おにぎり風土記”。
例えば、北海道は「鮭のおにぎり」、岩手県は「すじこのおにぎり」、神奈川県は「シラスのおにぎり」・・・そして、東京は?
著者であるフードライターの白央篤司さん料理家の藤村公洋さんをお迎えして、この写真絵本の誕生秘話や日本の地域食についてお話をお聞きしたいと思います。
 14:00〜15:00/白央篤司さんのトーク
 15:00〜15:30/「にっぽんのおにぎり」いただきます! 
  おにぎりをいただきながら、藤村さんから『にっぽんのおにぎり』のおにぎり作りの苦労話などをお話していただきます。
  *参加費  1000円(おにぎりのみ追加 300円)
  *定 員  20名(要予約)
 16:00〜/サイン会  

「あなたは、どのおにぎりが好きですか?」おにぎりンピック開催中!
  皆さんの「おいしそう!」「食べたい!」の声をおきかせください。
  店内に設置された「おにぎりンピック」投票パネルに、あなたが一番好きなおにぎりに梅干しシールを貼付けてください。
  どのおにぎりが1位になるか、楽しみですね!   
e0016830_01180315.jpg
楽しいイベントが続きます。
皆さん、ぜひご参加くださいね。
お待ちしています!


[PR]
by teal-green | 2015-08-26 01:19 | イベント情報 | Comments(0)

8月25日(火)より営業いたします。

ここのところ、朝夕少し過ごしやすくなってまいりました。
そろそろ夏の疲れがでてくる頃です。皆様、体調管理に気をつけて元気にお過ごしくださいね。

長い夏休みをいただきました。ご来店くださった皆さま、すみません。
ティール・グリ—ンは8月25日(火)より営業いたします。

皆さまの夏休みはいかがでしたか?
私はお墓参りや地元の盆踊りのお手伝い、旅行などでなかなか忙しく過ごしました。
旅行は、兵庫県伊丹市に在住の「木の家具と絵の工房 想造工房」の奥田守保さん・オクダチズさんご夫妻をお訪ねしました。
想造工房の「木の家」や「木のオルゴール」などは、当店でも人気の作品です。
どんなところで木の作品がつくられているのか興味深く、いつかお訪ねしたいなと思っていたのが、ようやく実現しました。
伊丹空港が近いので低空飛行の飛行機を見ながら、工房を探し歩いていくと、素敵なドアの家が・・・
e0016830_02012628.jpg
2年ぶりにお会いする奥田さん夫妻、変わらぬ優しい笑顔のお二人でした。
e0016830_02014722.jpg
1階が工房、2階がギャラリーになっているのですが、懐かしいバラの椅子や時計たちが静かにやさしく迎えてくれました。人の手で丁寧につくられた作品は、ただそこにいるだけで私たちをあたたかく包み込んでくれます。奥田さんの作品を見ていると、なんだか物語が生まれてくるような・・・そんな気がします。ファンが多いのもわかりますね。
今年も11月4日(水)〜11月29日(日)まで「想造工房展」を開催する予定です。
今年はどんな作品と出会えるでしょうか?
どうぞお楽しみに!

9月からも楽しいイベントを予定しています。
どうぞよろしくお願いいたします。



[PR]
by teal-green | 2015-08-24 01:59 | 村長の日記2015 | Comments(0)

夏休みのお知らせ

e0016830_00332892.jpg
8月9日(日)〜8月24日(月)まで夏休みとさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

今年の猛暑はたいへん厳しいので、皆さま熱中症にはくれぐれも気をつけて、お身体を大切にお過ごしください。


[PR]
by teal-green | 2015-08-10 00:28 | 村長の日記2015 | Comments(0)

8月8日(土)「大地の色で、Tシャツを染めよう!」と「小さな童謡コンサート 〜夏のまき〜」

8月8日(土)の午前10:00から、花澤実子さんの「大地の色で、Tシャツを染めよう!」の追加教室が行われました。
今回は、5才〜小5の子が親子で参加してくれました。
e0016830_23054905.jpg
講師の花澤実子さんから、ベンガラについての説明を聞きました。
e0016830_23060252.jpg
おかあさんと一緒に泥染めに挑戦!
e0016830_23061631.jpg
もんでもんで・・・しっかり顔料を染み込ませます。

e0016830_23210852.jpg
染み込ませたら、水で洗い流します。
どんな色に染まっているかな?
絞ったところはどんな模様になっているのかな?
e0016830_23215220.jpg
それぞれ個性豊かなTシャツに仕上がりました。
今回も皆さん大満足! よく頑張りました。

花澤実子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

そして、午後2時からは「小さな童謡コンサート 〜夏のまき〜」が始まりました。

e0016830_23075830.jpg
ヤギの会の永田由利子さん(左)、早田理恵さん(右)。
トイピアノ、ウクレレ、カリンバ、けん盤ハーモニカ・・・かわいい楽器がいっぱい!
e0016830_23081048.jpg
今回もパネルシアターに夏の風景を描きながら、夏の歌を17曲も歌ってくれました。
♪ 夏は来ぬ、てるてるぼうず、線路は続くよどこまでも、村祭り、金魚の昼寝、ほたるこい、うみ、かもめの水兵さん・・・♪
おなじみの童謡から初めて聞く童謡もたくさんありました。
e0016830_23082696.jpg
パネルの上にも夏の風景が! 海も現れました。
e0016830_23084329.jpg
♪おふねはぎっちらこ♪ の歌にあわせて、お膝の上の子どもと遊びます。
赤ちゃんも楽しそうですね。
e0016830_23252138.jpg
最後は、♪椰子の実♪ の歌でコンサートは終了しました。

今回も赤ちゃんから大人まで童謡やわらべうたをたっぷり楽しみました。
おうちでもお子さんとわらべうたや童謡を楽しんでくださいね。
ゆったりとした豊かな時間が流れることでしょう。

ヤギの会の永田由利子さん、早田理恵さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

この日は、おぼまこと「カワと7にんのむすこたち」絵本原画展の最終日でした。
 イベントの合い間をめざして原画展を見にきてくださった方もいらっしゃいました。
 この絵本が、今まであまり知らなかったクルドのこと、中東のことを考えるきっかけになってくれたら嬉しく思います。私も、ニュースや新聞で「クルド」の文字が目に飛び込んでくるようになりました。
おぼまことさん、野坂悦子さん、アマンジ・シャクリーさん、福音館書店さん、そしてお越し下さった皆さん、ありがとうございました。


[PR]
by teal-green | 2015-08-09 23:09 | 村長の日記2015 | Comments(0)

8月4日(火)世界に一つの 石ころアート

8月4日(火)、大田区在住の漫画家 清つねおさんを講師にお迎えし、「世界に一つ 石ころアート」のワークショップが行われました。
e0016830_23445322.jpg
まず、清さんが実際に石ころに猫を描きました。三角の石ころは猫にぴったり。
さあ、皆さんも作品作りに取りかかりました。
e0016830_23452114.jpg
e0016830_00280694.jpg

皆さん、石の形にあった動物や魚や花などを真剣に描きました。
e0016830_23480286.jpg
おにぎり、くじら、自動車、さかな、いぬ、赤ちゃん、花・・・それぞれ個性豊かな作品ばかり。見ているとなんだか楽しくなってきますね。
作品作りのあとは、清つねおさんが全員の似顔絵を描いてくださいました。

清つねおさん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

好評開催中の おぼまこと「カワと7にんのむすこたちークルドのおはなしー」絵本原画展も、明日8月8日(土)で最終日となります。中東地域に伝わる英雄カワの伝説をもとにしたクルドのお話とおぼまことさんの力強く美しい原画をご覧ください。

8月8日(土)10:00〜12:00まで「花澤実子の手仕事の時間」『大地の色で、Tシャツを染めよう!』、14:00〜15:00までヤギの会の「小さな童謡コンサート〜夏のまき〜」を開催しています。ご注意ください。


[PR]
by teal-green | 2015-08-07 23:46 | 村長の日記2015 | Comments(0)

8月1日(土)「大地の色で、Tシャツを染めよう!」

8月1日(土)猛暑の中、「Rice&Baguette主宰 花澤実子の手仕事の時間」が開催されました。
夏休み親子教室の今回は、〜人類が最初に使った赤・ベンガラの泥絞り染め〜『大地の色で、Tシャツを染めよう!』でした。中庭で気持ち良さそうに揺れる6枚のTシャツ、いったいどのように染められたのでしょうか?
e0016830_23340622.jpg
まず、講師の花澤実子さんから人類が最初に使った赤・ベンガラのお話から始まりました。
ベンガラは土から取れる成分(酸化鉄)で紅殻、弁柄とも呼ばれ、語源はインドのベンガル地方より伝来したことから呼ばれているそうです。日本の暮らしにも古くから根づいている素材で、縄文時代に土器などに使われ、陶器や漆器、また、防虫防腐の機能性から、家屋のベンガラ塗りや神社仏閣の色彩としても使用されてきました。
ベンガラはラスコー(フランス南西部)やアルタミラ(スペイン北部)の洞窟壁画に使われていたという最古の顔料です。
e0016830_23321322.jpg
まずは、染めたい部分以外はビニール袋に入れてしっかりひもでしばり防御します。
染めたい部分も絞り染めの技法で、思い思いにひもでしばりました。
e0016830_23323477.jpg
顔料の中に染めたい部分をつけてしっかりしみ込ませます。
e0016830_23324520.jpg
e0016830_23330889.jpg
水で洗い流し、しばったひもを切りはずします。
e0016830_23332235.jpg
今度は、灰色の顔料で染めます。
e0016830_23333604.jpg
ひもを切り、広げてみると、なんと素敵な模様に!
しっかり洗い流します。
e0016830_23392127.jpg
こうして、それぞれ個性豊かなTシャツが出来上がりました。

猛暑の中でしたが、外でジャブジャブ水洗い、皆さん楽しそうでした。
落ち着いたベンガラの赤は、陽焼けした肌によく似合うことでしょう。

花澤実子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

好評につき、8月8日(土)午前10時〜12時、追加教室をいたします。
 あと数名ですが、お申し込みを受け付けています。

[PR]
by teal-green | 2015-08-04 05:18 | 村長の日記2015 | Comments(0)