<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おすすめの絵本 ニルスの出会った物語 6『巨人と勇士トール』

7月2日(火)〜7月27日(土)
平澤朋子『ニルスが出会った物語』原画展 

                              後援:スウェーデン大使館

 福音館書店の古典童話シリーズ『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話シリーズの原画展です。平澤朋子さんが描く美しいカバー絵や挿絵など20点以上の原画とともにニルスの世界をお楽しみください。

第6話は、『巨人と勇士トール』
e0016830_5315939.jpg
セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

 ニルスがモルテンと旅に出てから半年、季節は秋になりました。スウェーデン最北部のラップランドで短い夏を過ごしたニルスたちは、今度は南に向かって旅立ちました。 

 ある朝、イェムトランド地方エステルスンド郊外にある展望台で、山登りにきた若者が語るこの地方の昔話を耳にします。「その昔、イェムトランドには巨人族が住んでいた。・・・」巨人族が住んでいた頃のイェムトランドは、だだっぴろいだけのはげた台地で、湖も川もなく植物が育つ土もありませんでした。もちろん人間が住めるような土地ではなかったのです。
そんなイェムトランドへある日、巨人と敵対するアース神族の勇士トールがやってきました。巨人族の女房と〈凄腕〉と呼ばれる勇士トールとの対決の結末は・・・?
 はたして、今の美しい地勢のイェムトランドはどのようにしてできたのでしょうか?

 『ニルスが出会った物語』の最終巻は北欧神話をもとにした昔話です。

『巨人と勇士トール』のお話を聞きおえたニルスは、それからまもなく南へと旅を続けます。しかし、ニルスが家に戻り、人間に戻るためにトムテが出した条件とは・・・ 最後の最後まで予断を許しません。
気になる方は『ニルスのふしぎな旅』をぜひぜひお読みください!

お客様から、大江健三郎さんが1994年12月のノーベル賞受賞記念講演で「ニルス」のことにふれられていることを教えていただきました。
 「あいまいな日本の私」という講演の中で、「ここからはるかに遠い日本列島の、四国という島の森のなかですごした少年期に、私が心底魅惑された二冊の書物がありました。『ハックルベリー・フィンの冒険』と『ニルス・ホーゲルソンの不思議な旅』。・・・」(『あいまいな日本の私』岩波新書より)とくにニルスのことを熱く語っています。
大江少年に深く影響を与えた『ニルスのふしぎな旅』、今の若者にももっともっと読んでほしいと願います。もちろん大人も! 大人になって読むからこそ感動も深いのです。

7月2日(火)から始まる原画展、どうぞお楽しみに001.gif 
皆さんにニルスの世界を楽しんでいただきたいと、「ニルスクイズ」や〈ニルスの空の旅〉地図などを用意してお待ちしています。

今年の夏は、ニルスとともにスウェーデンを旅してみませんか!
[PR]
by teal-green | 2013-06-30 23:41 | おすすめの絵本 | Comments(0)

おすすめの絵本 ニルスの出会った物語 5『ワシのゴルゴ』

7月2日(火)〜7月27日(土)
平澤朋子『ニルスが出会った物語』原画展 

                              後援:スウェーデン大使館

 福音館書店の古典童話シリーズ『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話シリーズの原画展です。平澤朋子さんが描く美しいカバー絵や挿絵など20点以上の原画とともにニルスの世界をお楽しみください。

第5話は、『ワシのゴルゴ』
e0016830_1217547.jpg
セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

 旅を続けていた5月のはじめ、ニルスはガンの群れとはぐれ、ストックホルムの野外博物館スカンセンに売られてきました。そこでイヌワシのゴルゴと再会します。ゴルゴもやはり漁師に捕まり、スカンセンに売られてきたのでした。ニルスが知ったゴルゴとアッカの物語とは・・・

  ニルスがガンの群れと旅をする3年前のこと、アッカとゴルゴの出会いから展開されます。みなしごとなったイヌワシのひなにゴルゴと名付け、我が子同然に愛情深く育てたアッカ。ゴルゴもまたアッカのことを実の母親と信じて成長します。自分をガンだと思い込んで大きくなったゴルゴは、まわりが自分のことをワシと見なすことに疑問を感じ、思い悩みます。そして、本当のことを知ってから、アッカと激しくぶつかります。ふたりの間に決して折り合えないものがあると悟ったアッカとゴルゴは、心の痛みを伴いながらもそれぞれの道を歩んでいくことを選んだのでした。
 
 親子といえども別の人格、子どもが自立し、親から巣立っていく時のそれぞれのおもいが描かれています。ゴルゴが自分の生き方を決めた時のアッカの毅然とした態度に深く感動します。読めば読むほど奥深い『ニルスのふしぎな旅』です。
[PR]
by teal-green | 2013-06-29 05:27 | おすすめの絵本 | Comments(0)

おすすめの絵本 ニルスの出会った物語 4『ストックホルム』

7月2日(火)〜7月27日(土)
平澤朋子『ニルスが出会った物語』原画展 

                              後援:スウェーデン大使館

 福音館書店の古典童話シリーズ『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話シリーズの原画展です。平澤朋子さんが描く美しいカバー絵や挿絵など20点以上の原画とともにニルスの世界をお楽しみください。

第4話は、『ストックホルム』
e0016830_12192956.jpg

セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

 5月のはじめのある日、旅を続けるニルスの身にたいへんなことが起こりました。ストックホルムの沖で海に落ち、旅の仲間とはぐれてしまったのです。しかも、ニルスを海からすくいあげたのは、ガンたちを撃ち落とそうとした意地の悪い漁師でした。漁師はニルスを、首都ストックホルムにあるスカンセン野外博物館に売りにきました。そこで漁師からニルスを買い取ってくれたのが、バイオリン奏者のクレメント・ラーションという老人でした。故郷に帰りたいと思い悩むクレメントに身なりのよい気さくな老紳士が声をかけました。そして、老紳士はストックホルムの成り立ちとその素晴らしさをアザラシの皮をかぶった海の乙女の伝説とからめて語ります。

 平澤さんの美しい挿絵を見て、「いつかストックホルムの町を訪ねてみたい!」と思ったのは私だけではないことでしょう。 

NEWS  ニルス・イベントのお知らせ
羊毛フェルトで作る「ニルスの空飛ぶ モビール」    受付中!
7月20日(土)16:00〜18:00
●講 師  Rice&Baguette主宰 花澤実子さん
●講習料  2500円(材料費、お茶・お菓子付き)
●定 員  8名(小学生以上・要予約)
●持ち物  ニードル針、ニードルマット、ハサミ、ピンセット
 空を飛ぶニルスのモビールを作って、ニルスの世界をまるごと楽しんでみませんか!
[PR]
by teal-green | 2013-06-26 07:32 | おすすめの絵本 | Comments(3)

おすすめの絵本 ニルスの出会った物語 3『クマと製鉄所』

7月2日(火)〜7月27日(土)
平澤朋子『ニルスが出会った物語』原画展 

                              後援:スウェーデン大使館

 福音館書店の古典童話シリーズ『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話シリーズの原画展です。平澤朋子さんが描く美しいカバー絵や挿絵など20点以上の原画とともにニルスの世界をお楽しみください。

第3話は、『クマと製鉄所』
e0016830_12215483.jpg

セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

 ニルスが旅立ってから40日近く経った4月末、スウェーデン中部のベルイスラーゲルナ鉱山地帯を飛んでいると、突風が吹き抜け、モルテンの背中に乗っていたニルスは、宙に投げ出されてしまいました。落ちたところは岩山の深い割れ目の中でした。人間が鉱石をとるために掘った穴でした。そこで出会ったのがクマの親子だったのです。雄グマが、ニルスの命を助ける代わりにだした条件とは? クマは言います。「人間がおれたちクマを支配できるようになったのは、鉄のせいだ。」

ベルイスラーゲル鉱山地帯の鉄が、長年にわたりスウェーデンのの産業の発展や人々の暮らしの向上に貢献して様子がこの物語にもしっかり描かれています。

この「ニルスのふしぎな旅」は、ただの空の旅ではありません。スウェーデンの地理はもちろん、自然や産業の発展、民族の歴史などを訪ねる旅なのです。そして、その地に暮らしているさまざまな人や動物と出会い、ニルスが人間として成長する旅でもあるのです。
[PR]
by teal-green | 2013-06-25 00:48 | おすすめの絵本 | Comments(0)

おすすめの絵本 ニルスの出会った物語 2『風の魔女カイサ』

7月2日(火)〜7月27日(土)
平澤朋子『ニルスが出会った物語』原画展 

                              後援:スウェーデン大使館

 福音館書店の古典童話シリーズ『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話シリーズの原画展です。平澤朋子さんが描く美しいカバー絵や挿絵など20点以上の原画とともにニルスの世界をお楽しみください。

第2話は、『風の魔女カイサ』
e0016830_12241429.jpg

セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

 今回の舞台は、スウェーデン中部のネルケ地方です。この地方には、昔から一風変わった魔女が住んでいると言われていました。雨や風を巻き起こす魔女カイサです。カイサはいたずら好きで人々を困らせたりするのですが、ケチで意地悪な人には厳しくあたるものの、正直な人や貧しい子どもには味方になってやっていました。

 エーレブローの町で、家畜の大市が開かれる前夜のこと、大雨の中、一頭のひどく年老いた馬がニルスに会いにきました。大雨で泊まるところのなく困っている動物たちを助けてほしいというのです。そこでニルスは、動物たちを助けるためにでかけました・・・

 動物たちが泊まることになる農家の若い主人の頑な心に、変化をもたらすきっかけになるのが風の魔女カイサの存在でした。姿は見えないけれど、大事なところで助けてくれたり、大切なことを気付かせてくれる魔法の風。しみじみと心に響く物語です。

 この『ニルスが出会った物語』シリーズで嬉しいのが、巻末の解説です。実際にニルスのたどった地を旅した翻訳者 菱木晃子さんの解説は丁寧でわかりやすく、物語の背景なども伝えてくれています。写真もあるので、スウェーデンに行ったことのない私でも物語をイメージすることができます。
 
[PR]
by teal-green | 2013-06-21 01:09 | おすすめの絵本 | Comments(0)

おすすめの絵本 ニルスの出会った物語 1『まぼろしの町』

7月2日(火)〜7月27日(土)
平澤朋子『ニルスが出会った物語』原画展 

                              後援:スウェーデン大使館

 福音館書店の古典童話シリーズ『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話シリーズの原画展です。平澤朋子さんが描く美しいカバー絵や挿絵など20点以上の原画とともにニルスの世界をお楽しみください。
今週から6話をご紹介してまいります。

まず、第1話は、『まぼろしの町』
e0016830_12255549.jpg

セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

  第1巻目として選ばれた『まぼろしの町』は、『ニルスのふしぎな旅』の14章「ふたつの町」に収められている2編のお話の中の「海底の町」です。悪童のニルスがいたずらがすぎた罰としてトムテに小人にされてしまい、白ガチョウのモルテンの背中に乗り、アッカ率いるガンの群れとともに北を目指して旅立ってから3週間が経ったころのお話です。

 バルト海に浮かぶゴットランド島にほど近い小カール島にきていたニルスが、復活祭の前夜、コウノトリのエルメンリッヒに連れられ降り立ったのは、誰もいない砂浜でした。そこでニルスは古びた銅貨を見つけ、足でけとばしました。そのとたん、数メートル先の海の上に城壁が現れたのです。裕福で美しい人々の衣装や建物、その美しさにニルスの胸には感動がこみ上げてきました。しかし、それは、海に沈んだヴィネタの町が百年に一度、復活祭の前夜に一時間だけ海底からよみがえっていたのでした。ニルスはこの町を救うことができるのでしょうか・・・

 昨年5月に刊行された時に一度紹介していますが、その後、私はこの絵童話がきっかけとなり、古典童話シリーズの『ニルスのふしぎな旅』を読みました。だれかを心から好きになったことのないニルスが、ガチョウのモルテン、アッカ隊長率いるガンの群れと旅を続けていくうちに自然の厳しさ、友情の素晴らしさを体験し日に日に心の成長をとげていくのに感動しました。
この『まぼろしの町』でも、おごれるものの愚かさ、この世の儚さにニルスは涙し、深い悲しみに沈むのです。
『ニルスのふしぎな旅』14章のもうひとつのお話「生きている町」もおすすめです。

7月6日(土) 翻訳者 菱木晃子さんと画家 平澤朋子さん ギャラリートーク&サイン会                                  定員になりました!
●14:00〜15:15/トーク 「ニルスをめぐる私たちの旅」
 翻訳者の菱木晃子さんと画家の平澤朋子さん、お二人からニルスに寄せる想いやスウェーデンの取材旅行のお話、本作りのこぼれ話などをお話いただきます。
 ・定 員  20名(要予約)
 ・参加費  500円(お茶・お菓子付き)
●15:30〜17:00/サイン会
 ・参加自由、無料

村長のつぶやき
 この日のギャラリートークに、なんと福音館書店のニルス・チームの皆さん(デザイナーの森枝雄司さん、編集部の松本徹さん、保延智子さん)がいらしてくださいます。この絵童話シリーズができるまで、何度も何度も会議を重ねたそうです。私も読めば読むほどこの作品の奥深さ、素晴らしさに感動しています。きっとニルス・チームの皆さんからも熱いお話が伺えることでしょう! まだ、少し席に余裕があります。お申し込みをお待ちしています。
一人でも多くの方に『ニルスの出会った物語』シリーズと『ニルスのふしぎな旅』に出会ってほしいと願います。
 また、先日スウェーデン大使館から後援もいただきました。「イベントのご成功をお祈り申し上げます。」との有り難いお言葉も。感謝です。
7月は、皆様とご一緒にニルスの世界をたっぷり楽しみたいと思っています。
[PR]
by teal-green | 2013-06-17 18:48 | おすすめの絵本 | Comments(0)

6月8日(土)バラのライヤーコンサート

e0016830_21261662.jpg
e0016830_035513.jpg

今日は「ティール・グリーン バラの庭から」の最終日、バラのライヤーコンサートでした。
「アンジェリカ」の皆さんをお迎えして、バラの曲を中心に7曲奏でていただきました。
その澄んだ音色は心に深く響きました。
♪サリーガーデン ♪ちいさな花 ♪野ばらに寄す ♪野ばらの中に! ♪アリア〜白い花 ♪主よ 人の望みの喜びを ♪野ばら(ウェルナー)
「野ばらの中に!」と「野ばら」は皆で合唱しました。皆さん、声がとてもよくでていてティール・グリーン合唱団の結成かと思えるほどでした038.gif

e0016830_22103078.jpg
e0016830_22131147.jpg

演奏が終わり、ティータイムの後は、皆さんライヤーにチャレンジ。一人一人丁寧に教えていただきました。ライヤーを聴くのが初めてという方が多かったので、実際に触れることができるのは貴重な体験ですね。皆さん、楽しそうでした。

e0016830_22141360.jpg
今日は中庭も開放してのコンサートとティータイム。
穏やかなコンサート日和でした。
「アンジェリカ」の守山さん、鈴木さん、宮坂さん、縄さん、素敵な演奏をありがとうございました。





e0016830_22144318.jpg
今日のお菓子は、ビスキュイ・ド・サヴォワ バラのジャム添え。紅茶はローズアッサム。
どちらもほのかなバラの香りがしてちょっぴり優雅な気分を味わいました。




5月14日から始まった「ティール・グリーン バラの庭から」も今日で終了しました。
バラの絵本をはじめ、作家さんたちのバラの作品も楽しませていただきました。ご協力いただいた作家の皆さま、いらして下さった皆さま、ありがとうございました。
バラを通して、花のあるくらしを皆様といっしょに楽しむことができました。
[PR]
by teal-green | 2013-06-08 21:27 | 村長の日記2013 | Comments(0)

6月のティール・グリーン

e0016830_23384139.jpg
e0016830_23353168.jpg



プリンセス・ミチコ(左)と乾杯(右)
 
 5月14日から始まった「ティール・グリーン バラの庭から」展も、いよいよ最終週になりました。たくさんの方にお越しいただき、バラやバラの作品を観ていただいています。今年はバラの開花も早く、先週あたりでだいたい咲いてしまったかと思いましたら、今週、ようやくプリンセス・ミチコが咲き始めました。ピエール・ド・ロンサールももう一度咲いてくれ、ほっとしています。なんとか、今週末までご機嫌よく咲いてくれますように・・・

6月のティール・グリーンは、
5月14日(火)〜6月8日(土)「ティール・グリーン バラの庭から」 好評開催中!

6月8日(土)バラのライヤーコンサート   受付中!
バラを眺めながら、「野ばら」などライヤーの美しい調べをお楽しみださい。
今回も、「アンジェリカ」の皆さんをお迎えします。
●時 間  14:00〜  16:00〜
●参加費  大人 1000円  子ども 800円(いずれもお茶・お菓子付き)
●定 員  各回15名(要予約)

6月10日(月) 本のタネ 探検倶楽部  受付中!
テーマの本を読み、お気に入りの言葉(本のタネ)をひとつ選んで、語り合いましょう。
●時 間  17:00〜18:30
●参加費  600円(お茶・お菓子付き)
●定 員  8名
●テーマの本 「バンビ 森の、ある一生の物語」フェーリクス・ザルテン/作 上田真而子/訳 岩波書店

6月22日(土) おはなしの会  受付中! 
●時 間  11:00〜11:30
●参加無料:要予約
●定 員  親子で15組 3歳以上から
●ゲスト  松野敦子さん

7月2日(火)〜7月27日(土)平澤朋子「ニルスが出会った物語」原画展
e0016830_23433547.jpg                 後援:スウェーデン大使館
福音館書店の古典童話シリーズの『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話のシリーズの原画展です。
平澤朋子さんの美しい挿絵の原画をたっぷりとお楽しみください。



セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

7月6日(土)菱木晃子さんと平澤朋子さん ギャラリートーク&サイン会  受付中!
●14:00〜15:15/トーク 「ニルスをめぐる私たちの旅」
 ・定 員  20名(要予約)
 ・参加費  500円(お茶・お菓子付き)
●15:30〜17:00/サイン会 
 ・参加自由、無料
このシリーズのために、実際にスウェーデンを旅した菱木さんと平澤さんから、ニルスに寄せる想いやスウェーデンのこと、制作中のこぼれ話などをお聞きしたいと思います。どうぞ、お楽しみに!
[PR]
by teal-green | 2013-06-05 00:50 | 村長の日記2013 | Comments(0)

6月1日(土)第18回コガモ句会のこと

 先週、関東地方も梅雨入りしお天気が心配されましたが、過ごしやすくさわやかな6月1日(土)の夜、第18回コガモ句会が開催されました。
今回は、バラ展ということもあり、皆さんと「薔薇のある風景」を詠んでみました。
e0016830_21534990.jpg
 この日の土肥あき子さんの着物の柄も薔薇の花、ぱっと華やかでした。
薔薇は、ゲーテ、ハイネ、李白、シェークスピア、ボッテイチェルリの作品などにも登場し、日本でも薔薇の一種であるハマナスが万葉集、古今和歌集、伊勢物語、枕草子、源氏物語と古典を網羅しています。花の女王と呼ばれるにふさわしい薔薇を詠んだ俳句は数多いそうです。土肥あき子さんから、そのような薔薇と文学や俳句の話をしていただき、さっそく皆で作句に取りかかりました。

e0016830_21533297.jpgこの日の高点句は、
楽聖に語りかけたる野薔薇かな (Kさん)
  ベテランのKさん、さすがです。

次点句は、
バラ咲く日吾子は生まれし手をにぎり
               (Sさん)
  愛情深い句ですね。
数あれど名前を知りて我の薔薇 (種村)
 


e0016830_21541351.jpg
この日のお菓子は、薔薇のケーキ。
バラのジャムを巻き込んだロールケーキをバラ色のクリームで包み込みました。トッピングはバラの花びら。ほんのりバラの香りがします。
紅茶はダージリン。




e0016830_2156894.jpg
今、薔薇の句の短冊を展示しています。芥川龍之介、正岡子規をはじめ、有名な作家や俳人の方の句です。土肥あき子さんの句もありますよ。
それぞれの薔薇のある風景をお楽しみください。

次回のコガモ句会は、10月4日(土)を予定しています。
絵本屋での句会、どうぞ気軽にご参加ください。
皆様のご参加をお待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2013-06-02 22:00 | 村長の日記2013 | Comments(0)