<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

★今日はクリスマス!


今日はクリスマス。
皆さまは、どのようなクリスマスを過ごされましたか?
子どもたちには、サンタさんからの贈りものは届いたでしょうか?

e0016830_22444713.jpgティール・グリーンにも、思いがけず素敵なプレゼントが届きました。それは、歌のプレゼントです。
当店のお客さまでもあるソプラノの声楽家 Iさんが、ベリンダさんの刺繍をバックにクリスマスソング12曲をアカペラで歌ってくださったのです。澄んだ美しい歌声は、まるで天使が歌っているようでした。偶然、居合わせたお客さまにも素敵なコンサートを楽しんでいただけました。
なんと贅沢なクリスマスプレゼントでしょう!

Iさん、ありがとうございました。

今日はクリスマス。
静かで幸せなクリスマスでした。

★「ベリンダ・ダウンズ 絵本原画展」にいらしてくださったたくさんの皆さま、ありがとうございました。

◆年内の営業は、12月27日(火)までです。新年は、1月7日(土)から営業いたします。
[PR]
by teal-green | 2011-12-25 22:45 | 村長の日記2011 | Comments(0)

★クリスマスイブ★


クリスマスイブの今日、当店の12月のおはなしの会でした。
ベリンダさんの素敵なクリスマスソングの刺繍に囲まれた空間で、クリスマスの絵本やおはなしで楽しみました。12月はいつもティール・グリーンのスタッフだけでするのですが、今日は特別ゲストの谷澤明子さんをお迎えして、ニードルフェルトを使って作ったオリジナル作品の「プレゼント」を披露していただきました。

e0016830_22374211.jpg
e0016830_22382696.jpg
小人さんが出てくる可愛いおはなしです。子どもたち、楽しそうにみていました。




おかげさまで、今年も無事にサンタさんのお手伝いをすることができ、ほっとしています。
明日の朝、楽しみですね。子どもたちの笑顔が目に浮かびます。

皆さま、よいクリスマスをお過ごしください。

明日25日(日)は、午後1時から5時まで営業します。
[PR]
by teal-green | 2011-12-24 22:48 | 村長の日記2011 | Comments(0)

今週のおすすめの新刊 「おつきさま なにみてる」


e0016830_214242100.jpg

           なかじまかおり/さく 岩崎書店 税込893円

今週、可愛らしい赤ちゃん絵本が誕生しました。

おおきな、まあるいおつきさま。
お空のうえから、にっこり眺めるその先には・・・

やさしい言葉のくりかえしと、やわらかくあたたかい色調のおつきさまやどうぶつたち。
おやすみ前にぴったりの絵本です。
きっと安心して楽しい夢をみることでしょう。


作者は、“なかじまかおり”さん。新人絵本作家さんです。
とはいっても、実は、なかがわちひろさんの「カモのきょうだい クリとゴマ」の装丁をなさったデザイナーの“中嶋香織”さんです。他にも、
「グリーン・ノウ物語」シリーズ、「小さなバイキング ビッケ」シリーズ(ともに、評論社)
「ないしょのおともだち」(ほるぷ出版)
など、たくさんの絵本や児童書の装丁をなさっています。どれも、内容はもちろんですが、本全体に品があって以前から気に入っていました。「クリとゴマ」で中嶋さんと出会ってから、本を見るときに装丁も注目するようになりました。


e0016830_21472826.jpg中嶋さんにとって、初めての自作絵本とのこと。
おめでとうございます。
先日、当店ティールームにて、一冊一冊丁寧にサインをしていただきました。

おやすみ前の絵本に、また出産祝いとしても、ぜひおすすめしたい赤ちゃん絵本です。


 年内の営業について
◆12月18日(日) 午後1時~5時の営業です。
◆12月23日(金) 午前10時~午後6時の営業です。
◆12月25日(日) 午後1時~5時の営業です。
 年内は12月27日(火)まで。 新年は1月7日(土)より営業します。
皆さまのご来店をお待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2011-12-16 00:18 | おすすめの絵本 | Comments(0)

12月10日(土)クリスマスソング★ライヤーコンサートのこと



e0016830_936146.jpg
 
12月10日(土)の午後、当店のティールームにて「ベリンダ・ダウンズ 絵本原画展 クリスマスソング★ライヤーコンサート」が開催されました。14時~、16時~、2回とも用意した15席は満席、立ち見もでるほどの盛況振りでした。とはいえ、狭い会場でのコンサートなので、皆さまには窮屈な思いをさせてしまいました。すみません。
 
 今回のベリンダさんの繊細で美しい刺繍に囲まれた会場で、ライヤーから奏でられる優しく澄んだクリスマスソングの調べは、師走の気忙しさを忘れさせるものでした。


e0016830_8455533.jpg今回ライヤーを演奏してくださったのは、「池末 久が原ライヤー教室」結成約10年の上級者の「アンジェリカ」の皆さん(宮坂さん・縄さん・守山さん・鈴木さん)です。
『三そうのふねがみえた』から始まり『きよしこのよる』まで、ベリンダさんの本の中の曲をクリスマスの語りとともに奏でてくださいました。最後に皆で『きよしこのよる』『もみの木』を合唱しました。


天使“アンジェリカ”が舞い降りてきたのでしょうか? 優しい音色は心に響き、私たちに幸せを届けてくれました。



e0016830_846277.jpg
演奏後のティータイムのお菓子は、レモンマフィン、天使のサブレ、ビスキュイ・キルッシュの三種の焼き菓子でした。紅茶はアールグレイです。
お茶をいただきながら、「アンジェリカ」の皆さんにライヤーのことなどを聞いたりして、楽しいひとときを過ごしました。




「ベリンダ・ダウンズ 絵本原画展」は、12月24日(土)まで開催しています。
 皆さんのお越しをお待ちしています。

[PR]
by teal-green | 2011-12-11 08:44 | 村長の日記2011 | Comments(0)

12月3日(土)コガモ句会★12月10日(土)クリスマスソング・ライヤーコンサート



★12月3日(土)コガモ句会のこと
 
 12月3日(土)の夜7時から、第13回コガモ句会が行われました。この日のお題は、【年賀状に一句】ということで、新年の季語と辰年の「龍」「辰」を組み合わせた一句に挑戦しました。
皆さん、悩みながらも、初日を龍が追う玉に見立てた一句や初夢と龍を組み合わせた一句など、なかなか大らかな句が多く、今回も選句するのに苦労しました。


e0016830_254922.jpg

小学3年生から、毎回欠かさずお母さまと参加してくれている中学1年生のRちゃん。この日も高得点句に選ばれ、土肥あきこさんからご褒美をもらいました。Rちゃんの来年の年賀状、楽しみですね。



私の拙い句は、来年1月に、このブログと「コガモ倶楽部 145号」にてお披露目したいと思います。


e0016830_265517.jpgこの日のお菓子は、「赤い実のヴェリーヌ」。バルサミコ酢とキルッシュでマリネした苺、ババロア、ローズヒップとハイビスカスティーのゼリーが3層に重なり、彩りも綺麗なお菓子です。アールグレイの紅茶と一緒に楽しみました。




★12月10日(土)「ベリンダ・ダウンズ 絵本原画展」クリスマスソング・ライヤーコンサートのお知らせ

e0016830_16102370.jpg

明日10日、午後2時〜 午後4時〜 当店のティールームにて「クリスマスソング・ライヤーコンサート」が開催されます。おかげさまで各回15名の定員もほぼ満員になりました。(4時からがまだ若干余裕があります)ベリンダさんの美しい刺繍に囲まれ、「アンジェリカ」の皆さんによるライヤーの4重奏のコンサート、楽しみです。お席は15席しかご用意できませんが、一人でも多くの方にコンサートを聴いていただきたいと思っています。30分ほどのコンサートです。立ち見で少々窮屈ですが、ぜひいらして下さい。お待ちしています!
[PR]
by teal-green | 2011-12-09 01:57 | 村長の日記2011 | Comments(0)

今週のおすすめの本「アンナの赤いオーバー」


e0016830_0215174.jpg
ハリエット・ジィーフェルト/ぶん アニタ・ローベル/え 松川真弓/やく 評論社 税込1365円

この季節になると、おすすめしたい一冊です。
このお話は、第二次世界大戦後、実際にあったお話です。

「戦争がおわったら、あたらしいオーバーを買ってあげようね」去年の冬、お母さんはアンナにいいました。でも、戦争が終わっても、お店はからっぽ。オーバーもなければ、食べ物もない、お金を持っている人もいなかったのです。お母さんは考えました。うちにはお金はないけれど、おじいさんの金時計とか、すてきな物がいろいろある。それでオーバーの材料が手に入る・・・
 
 まず、いるのが羊毛。おひゃくしょうさんに羊の毛と金時計をとりかえてもらいます。でも、羊の毛を刈るのは春。アンナは羊に会いにいき、羊の毛が伸びるのを待ちます。
 次に糸紡ぎのおばあさんに、ランプと引き換えに、羊毛を紡いでもらいます。そして、紡いだ毛糸をコケモモで真っ赤に染めました。
 それから、はたやさんに行き、ガーネットのネックレスと引き換えに毛糸で布地を織ってもらいました。次は、仕立て屋さん。ティーポットと引き換えにオーバーを縫ってもらいます。

 こうして出来上がったアンナの赤いオーバーは、本当にすてきでした!
その年のクリスマスイブには、オーバーを作ってくれた人たちみんなをよびました。
そしてクリスマスの日、アンナが会いにいったのは・・・?

 今、私たちのまわりには物が溢れ、何でもすぐに手に入ってしまうけれど、アンナとお母さんのように自分たちが大切にしている物を手放し、長い間我慢もして待ち、素晴らしい結果を手にするという体験はとても大切なことに思えます。
 アニタ・ローベルの絵は、背景の街の景色などに戦争の影を読み取ることができますが、そんな中でもアンナ母娘の生き生きした表情が希望を持たせてくれます。そして何より美しい赤が目を惹きます。また、はじめと終わりの見開きに描かれたアンナの成長ぶりに月日の経過を知ることができます。

 クリスマスを迎えるこの季節に、ぜひお子さんと一緒に読んでいただきたい絵本です。
[PR]
by teal-green | 2011-12-09 00:20 | おすすめの絵本 | Comments(0)

11月26日(土)「岡田 淳氏講演会ー物語を子どもたちにー」のこと


e0016830_0124666.jpg
            偕成社 単行本 税込1050円
                 文庫 税込735円

 11月26日(土)に大田区区民プラザにて、読み聞かせ交流会『ヒッポ』主催の「岡田 淳氏講演会 ー物語を子どもたちにー」があり、当店は本の販売の協力をさせていただきました。
 38年間、図工専任教師として小学校に勤務。子どもたちを独特のファンタジーの世界へ誘い、楽しませてくれている岡田淳さん。子どもの頃からのファンや、子どもと一緒に読んでいますというファンの方が多く、皆さん熱心に聞いていました。
 この日の講演会は、「二分間の冒険」を縦糸にいろいろなお話をしてくださり、あっという間の2時間でした。「日常とはちがうもう一つの世界に行き体験して戻ってくると、前の自分とはちがった自分になっている。そういう読書ができることは幸せで、好きな本はずっと人生を支え続けてくれる。」とくに印象に残った言葉です。演劇にも力を注がれている岡田淳さん、「二分間の冒険」のストーリーの紹介や「ネコとクラリネットふき」「ヤマダさんの庭」の読み語りなど、さすがお上手で思わず身を乗り出して聞き入りました。


e0016830_2331478.jpg
講演会後のサイン会、ひとりひとり丁寧にサインを描いてくださいました。
舞台左端の白いネコは、「ネコとクラリネットふき」の白いネコ。ヒッポの皆さんの作品です。






★11月28日(月)手仕事パッチワーク教室「クリスマスを彩る 小さなテーブルセンター」のこと
e0016830_234835.jpg今、当店で開催中の「ベリンダ・ダウンズ 絵本原画展」にちなんだ手仕事パッチワーク教室がありました。講師は、福間和子さん。アメリカの人気デザイナー アンナ・グリフィンのクリスマスプリントの生地を使った小さなテーブルセンターを作りました。赤と緑の綺麗なテーブルセンター、食卓を飾ってもいいし、タペストリーにしても素敵、クリスマスを楽しく演出できますね。



e0016830_2351266.jpg
この日のお菓子は、「苺のショートケーキ」。白いクリスマスツリーのようなショートケーキに苺やベリーの赤が彩りを添えます。
[PR]
by teal-green | 2011-12-03 00:00 | 村長の日記2011 | Comments(0)