<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アドベントカレンダー入荷しました。

急に秋も深まり、朝夕の冷え込みも厳しくなってきました。
先週まで、私たちを楽しませてくれたカモのきょうだいの「クリとゴマ」も無事にティール・グリーンから巣立っていきました。

もうすぐ11月です。クリスマスを待つアドベントカレンダーも入荷しました。
壁に飾るタイプのもの、グリーティングカードになったものなどいろいろあります。
300円台からあります。
ご家族やお友だちへのプレゼントにいかがでしょうか。

*アドベントカレンダーとは、
アドベントとは、降臨節または待降節といい、キリストの降誕を待つ、クリスマス前の4週間のことで、アドベントカレンダーはクリスマスまでをより楽しむためのカレンダーです。12月1日から24日まで、毎日1つずつ日付の小窓を開けていきます。小窓の中には、可愛い動物やプレゼントなどの楽しい絵が描かれています。すべての小窓を開け終わると、翌日は待ちに待ったクリスマスです。

今年もあと2ヶ月。1日1日を大切に過ごし、穏やかにクリスマスを迎えたいですね。
“待つこと”を楽しみましょう。

2012年のカレンダーもそろそろ入荷してきています。
海外のカレンダーはただ今入荷待ちです。もう少しお待ち下さい。


e0016830_583044.jpge0016830_561753.jpg












e0016830_512548.jpg






中庭は、ちょっぴりハロウィン気分です。
「トリック オア トリート!」
ちびっ子たち、のぞいてみてね(^0^)/
[PR]
by teal-green | 2011-10-28 01:47 | 村長の日記2011 | Comments(0)

10月17日(月)のフェルト教室のこと*「クリとゴマ」ミニアルバム展最終日のお知らせ


10月17日(月)に花澤実子さんのハンドメイドフェルト教室が行われました。
今回の作品は、「カットワークが美しいコースター」。

e0016830_1111178.jpg
皆さん、思い思いの配色とデザインで、コースターとコースター2枚をつなげてポーチを作りました。こんな暖かそうなコースターにコーヒーマグをのせ、本を片手に自分だけの珈琲タイム。素敵ですね。






e0016830_112222.jpg
今回の作品のイメージに合わせたケーキ(ダミエ)で、ティータイム。
お教室ならではの楽しみです。






★次回のフェルト教室のお知らせ★

e0016830_146469.jpg
「カットワークのストール」
〜今年はウォームビズで 心もホカホカ!〜
◆11月21日(月)10:00〜13:00
◆定員  7名
◆講習料 3800円(材料費込み、お茶・お菓子付きです)
ストールの色も何色か選べます。
詳しいことは、当店までお問い合わせください。
TEL  03−5482−7871

初めてでも大丈夫!
花澤先生が優しく丁寧に教えてくださいます。



*「カモのきょうだい クリとゴマ」ミニアルバム展 本日最終日です *

e0016830_2125249.jpg
9月20日(火)から始まった「クリとゴマ」のミニアルバム展も、いよいよ本日が最終日になってしまいました。小さな命のきらめきを、たくさんの皆さんに見ていただきました。9月24日には、著者のなかがわちひろさんにもいらしていただきクリとゴマのお話をたっぷり伺うこともできました。
 
e0016830_2134345.jpg


先週、偶然立ち寄られたお客さまが連れてらした、ヒドリガモのきょうだい“ロル”と“リル”。
みんなで「クリとゴマ」を眺めました。これもまた、楽しい出会いです。

なかがわちひろさん、たかおゆうこさん、そしてご来店下さったたくさんの皆さん、ありがとうございました。

今日は、あいにくのお天気のようです。お気をつけて「クリとゴマ」に会いにいらしてくださいね。
なお、午前中はおはなしの会をやっています。ティールームは12時からの営業となります。
お待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2011-10-22 02:06 | 村長の日記2011 | Comments(2)

「小さなバイキング ビッケ」シリーズが刊行開始です!


e0016830_2154955.jpge0016830_2152984.jpg











  
   ルーネル・ヨンソン/作  エーヴェット・カールソン/絵  石渡利康/訳
               評論社 税込1470円

荒くれ者のバイキングの男たちにまじって、戦いではなく、知恵で解決する少年ビッケくん。
スウェーデン発の「小さなバイキング」の冒険物語が、新しくなって登場です。
テレビアニメでも人気のあったビッケくん、お店でも「懐かしい〜」という声も聞かれます。
以前、「小さなバイキング」というタイトルで学習研究社から出版されていましたが、今回、スウェーデン語版の初版本を新しく翻訳しての刊行です。今後、来年の3月までに6巻まで刊行される予定です。
賢いビッケの活躍が楽しみですね。

★装幀のこと★
このビッケのシリーズ、ご覧の通りおしゃれな装幀も目を惹き、思わず手に取りたくなります。
デザイナーの中嶋香織さんの装幀なのですが、なんと、今当店で開催中の「カモのきょうだい クリとゴマ」の装幀も中嶋さんのお仕事でした!
先日、ミニアルバム展にいらしてくださった時に遠慮がちに教えていただきました。当店で気に入って表紙を見せている本の中にも中嶋さんの作品がいくつもあって・・・嬉しい発見でした。
本を読む時の楽しみが、また一つふえました。
[PR]
by teal-green | 2011-10-13 21:00 | おすすめの絵本 | Comments(0)

もう一度「どうぶつがすき」と、「アフリカの森の日々」

e0016830_0315721.jpg e0016830_0311681.jpg












パトリック・マクドネル/作             ジェーン・グドール/著
なかがわちひろ/訳                 松沢哲郎/監訳 赤尾秀子/訳
あすなろ書房 税込1575円              BL出版 税込2100円

 9月24日のなかがわちひろさんのギャラリートークの時にも紹介された「どうぶつがすき」。本の美しさに加え、なかがわさんによるジェーン・グドールさんの紹介を聞き、当日用意した10冊の本は即完売してしまいました。

 「アフリカの森の日々 わたしの愛したチンパンジー」は、ジェーン・グドールさんのことをもっと知りたい人のために、なかがわさんから教えていただいた大型写真絵本です。
この本の中で、グドールさんはチンパンジーとの出会いから、人間に最も近い動物であるチンパンジーの研究のこと、そして、野生動物の環境を守るために私たちがすべきことを語りかけています。

1977年に設立された「ジェーン・グドール・インスティテュート」における野生動物の研究と教育、保護のための活動、1991年に若い人たちに環境保全と人道精神を学んでもらおうと創設された「ルーツ・アンド・シューツ」という教育プログラムなど、グドールさんはチンパンジーの研究はもちろんのこと、それ以上に、自然保護、動物福祉、環境教育に力を注いでいます。

「ひとりひとりがどう生きるかによって、世界はかわっていくのです。」グドールさんのこの言葉が、深く心に響きます。

 「どうぶつがすき」と合わせて「アフリカの森の日々 わたしの愛したチンパンジー」をおすすめしたいと思います。


♥「プリンちゃん」情報 ♥
e0016830_2324269.jpg
理論社のHPにて「プリンちゃんのへや」がupされました。
きせかえプリンちゃん(2011年秋のコレクション)、プリンちゃんのうた、プリンちゃんのキッチンなど盛りだくさん。
ぜひ、のぞいてみてね。






なかがわちひろ/ぶん たかおゆうこ/え 理論社 税込1155円
[PR]
by teal-green | 2011-10-11 00:19 | おすすめの絵本 | Comments(2)