<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

9月24日(土)なかがわちひろさん ギャラリートーク&サイン会のこと



台風が去り、久しぶりの秋晴れとなった9月24日(土)、なかがわちひろさんとたかおゆうこさんがティール・グリーンにいらしてくださいました。
この日は、毎月開催されているおはなしの会の日です。お二人とも、おはなしの会から参加してくださいました。


◆午前の部
e0016830_23574358.jpg吉田靖子さんをゲストにお迎えして、なかがわさん、たかおさん、お二人の作品を読みました。吉田さんが「もねちゃんのたからもの」(たかおゆうこ/作・絵 徳間書店 税込1470円)、種村が「プリンちゃん」(なかがわちひろ/ぶん たかおゆうこ/え 理論社 税込1155円)です。そして、吉田さんのおはなしは「ババヤガーと白い鳥」(ロシアの昔話より)でした。20名ほどの子どもたちが聴いてくれました。


e0016830_08472.jpgおはなしの会のあと、いよいよなかがわさんとたかおさんによる「プリンちゃん着せ替えワークショップ」が始まりました。絵本の中のプリンちゃんは、ドレスを着て、髪飾りをつけ、素敵に着飾り、プリンアラモードひめになってお出かけします。


左が、なかがわちひろさん、右が、たかおゆうこさん。


e0016830_0205298.jpgそこで、今回お二人が用意してきてくださったのが、プリンちゃんの着せ替えセットでした。自分の好きなドレスや髪飾りを選んでおひめさまにします。3つのグループに分かれて、一人ずつ自分の好きなドレスや髪飾り、お菓子やグラスを選んでプリンちゃんを変身させていきました。




e0016830_0243394.jpgプリンアラモードひめの出来上がり! 
どのアラモードひめもおしゃれですてきでした。
上段のアラモードひめは、絵本の中と同じもの。下段の3つは、子どもたち作のアラモードひめです。







e0016830_0583329.jpgなかがわさんのグロッケンに合わせて、皆で元気にプリンちゃんのうたを歌いました。
楽しい楽しい「プリンちゃん着せ替えワークショップ」でした。






e0016830_12927.jpgワークショップの後、お二人にサインをしていただきました。それぞれの主人公の絵を目の前で描いてくださるので、子どもも大人もうっとり真剣に見入ってしまいました。








★ティールグリーン(コガモ緑)のこと
 
e0016830_214192.jpg
   
     クリとゴマの羽と無患児(ムクロジ)で作った羽根つきの羽根。
     なかがわさんが作って持ってきてくださいました。
     このふかい青緑色が、「ティールグリーン」「コガモ緑」とよばれています。
     (「かものきょうだい クリとゴマ」P.85より)
     当店ティール・グリーンにとっても、「クリとゴマ」は特別な存在なのです。

◆午後の部
e0016830_1512953.jpg
e0016830_1515973.jpg

午後は、クリとゴマのお話を写真を見ながら、たっぷりと伺いました。
特に本に未掲載の写真のお話は、巣立ちの日、離す直前のクリの様子や巣立ってから1年後のクリのことなど胸が熱くなりました。

e0016830_2153085.jpgクリゴマのお話の後、イギリスの動物行動学者ジェーン・グドールの子ども時代を描いた翻訳絵本の最新刊「どうぶつがすき」(パトリック・マクドネル/作 なかがわちひろ/訳 あすなろ書房 税込1575円)のお話を伺い、最後はやはり「プリンちゃん」。なかがわさんご本人が「プリンちゃん」を読んでくださいました。


そして、たかおゆうこさんも加わり大人たちも「プリンちゃん着せ替えワークショップ」を楽しみました。1歳の赤ちゃんもプリンちゃんが気に入り、喜んで一緒に参加しました。
素敵な2時間でした。

その後、お二人のサイン会は午後5時過ぎまで続きました。

なかがわさん、たかおさん、まる一日、たいへんありがとうございました。


「カモのきょうだい クリとゴマ」ミニアルバム展は、10月22日(土)まで開催いたしております。
サイン本もたくさんあります。
ぜひ、小さな命のきらめきをご覧いただきたいと思います。
お待ちしています。



◆おまけのお知らせ
e0016830_2572153.jpgこれは、9月24日に皆さんにプレゼントしたお菓子です。左が、「プリンちゃんクッキー」。右が、「クリゴマクッキー」です。
どちらも、本の中に描かれています。探してみてね。




e0016830_315565.jpgこれは、ミニアルバム展の会期中限定の「クリゴマ クッキーセット」(300円)です。マロンペーストを練りこんだクリちゃん、黒ゴマを練りこんだゴマちゃん。そして2つの卵、何が入っているかはお楽しみ!
紅茶にも、コガモブレンドにも、どちらも合います。





クリとゴマの素敵な写真を眺めながら、温かいティータイムをどうぞ。
ほっとするひとときとなることでしょう。
[PR]
by teal-green | 2011-09-26 08:00 | 村長の日記2011

なかがわちひろさんのもう1冊、「どうぶつがすき」がでました!


e0016830_3265084.jpg
  パトリック・マクドネル/さく なかがわちひろ/やく あすなろ書房 税込1575円

なかがわちひろさんの翻訳絵本の最新刊です。
イギリスの動物行動学者ジェーン・グドールの子ども時代を描いた絵本です。
ジェーン・グドールは、まだ二十代の無名な研究者時代にチンパンジーが道具を使うことや作ることを発見し、当時の学者たちを驚かせました。現在、チンパンジー研究の世界的な権威であるばかりでなく、地球環境を守るための活動を続けています。2002年からは国連平和大使を務めています。

幼い頃、お父さんからもらったチンパンジーのぬいぐるみジュビリーをおともに、いつも生きものを観察していたジェーン、彼女には大きな夢がありました。「アフリカにすみたいな。たくさんのどうぶつとなかよくなって、こまっているどうぶつがいたら、たすけてあげよう。」
そんな子どもの頃の夢をひたむきに実現させたジェーン。

「おくりものはナンニモナイ」のパトリック・マクドネルが描いた、落ち着いた色調のとても綺麗な絵本です。19世紀から20世紀初頭にかけて作られた自然をモチーフとする装飾的な図版が随所にちりばめられているのも興味深いです。

「夢はかなう」ことを子どもたちに伝えてあげたいと思います。


「どうぶつがすき」は、昨日入荷しました。
24日(土)に、なかがわちひろさんからこの絵本についてもお話が伺えるかもしれませんね。
[PR]
by teal-green | 2011-09-23 08:00 | おすすめの絵本

9月24日(土)なかがわちひろさん ギャラリートーク&サイン会のお知らせ


e0016830_7465935.jpg
        なかがわちひろさん
ギャラリートーク&サイン会 
        9月24日(土)
11:30~12:30 
14:00~16:00


昨日から、「カモのきょうだい クリとゴマ」ミニアルバム展が始まりました。
最初のお客さまは埼玉からいらしてくださった親子さん、なんと今回の本の中に登場されていらっしゃる親子さんです。クリとゴマを懐かしそうに眺めていらっしゃいました。遠くから、ありがとうございます。
さて、今週のの9月24日(土)に、なかがわちひろさんがティール・グリーンにいらしてくださいます!
午前、午後と2回、ギャラリートークとサイン会をいたします。

★午前の部  11:30~12:30 
 10:30~11:00のおはなしの会の後、会場はそのままの状態でなかがわさんに最新刊
 の「プリンちゃん」を紹介していただきます。「プリンちゃん」の絵を描かれた、たかおゆうこさ
  んも特別ゲストでいらしてくださいます。お二人から、どんなプリンちゃんのお話が聞けるの
 でしょうか?その後、「クリとゴマ」の話も伺って、サイン会を予定しています。

★午後の部  14:00~16:00
 午後は「クリとゴマ」の写真を見ながら、解説していただきます。
 質問も受け付けます。
 その後、たかおゆうこさんもご一緒に「プリンちゃん」の紹介。
 そして、サイン会となります。


◆ギャラリートークは、各回先着20名まで。無料です。
 会場の都合で、用意できる椅子が20席です。立ち見でもよければ、どうぞお入りください。
◆24日は、ティールームはお休みします。


おはなしの会のお申し込みも、20名を超えました。
かなり、窮屈になってしまうかもしれませんが、できるだけ多くの子どもたちになかがわさんのお話を聞いてもらいたいと思っています。どうか、ご了承ください。
お問い合わせは、ティール・グリーンまで。 TEL 03-5482-7871

皆さまのご来店をお待ちしてしています。
[PR]
by teal-green | 2011-09-21 07:51 | 村長の日記2011

「カモのきょうだい クリとゴマ」 ミニアルバム展が始まります。



「カモのきょうだい クリとゴマ」ミニアルバム展
       ―ふたつの卵が孵り、育ち、巣立つまで―
           ★会期 9月20日(火)~10月22日(土)

e0016830_06049.jpg

なかがわちひろさんの新刊「カモのきょうだい クリとゴマ」に掲載されている写真が、ティール・グリーンにやってきました!
なかがわさんファミリーが撮った愛情たっぷりの写真の中で、クリとゴマはさらに生き生きと輝いています。





e0016830_0115326.jpg
本に掲載されている写真24点の他に、未掲載の写真が12点。全部で36点の写真がティールームに飾られています。未掲載の写真の中には、「巣立たせる直前のクリ」や「1年後の8月に足輪をつけたクリとそのお連れ合い」など胸を打つ写真がいっぱい。クリとゴマが卵から孵って、成長していく様子もよくわかります。




今回、なかがわさんのご厚意でティール・グリーンでミニアルバム展が開催できますことを、たいへん嬉しく光栄に思います。なかがわさん、ありがとうございます。
小さな命のきらめきを、たくさんの皆さまにご覧いただきたいと思います。
ティールームでは、会期中、クリゴマちゃんにちなんだお菓子もメニューに加わります。お楽しみに!
皆さまのご来店をお待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2011-09-20 00:48 | 村長の日記2011

「プリンちゃん」もでました!


e0016830_22452274.jpg

         なかがわちひろ/ぶん たかおゆうこ/え 理論社 税込1155円
 
なかがわちひろさんのまたまた最新刊「プリンちゃん」がでました。

おかしのくにのプリンちゃん。ドレスをきて、かみかざりをつけ、おしゃれをしたら、プリンアラモードのおひめさま。あそびにでかけたプリンちゃん、ちょうちょをおいかけているうちに・・・いつのまにやらもとどおり。それでもごきげん、プリンちゃん。

という可愛いおはなしです。
まず、表紙の可愛いプリンちゃんに目が釘付け、ページをめくりプリンちゃんが動くたびにその表情が愛らしくさらに目じりが下がります。可愛いプリンセスの誕生です。

おしゃれにめざめた女の子にぴったりの絵本です。
なかがわさん作の「プリンちゃんのうた」もついていて、楽しさ×2です。

[PR]
by teal-green | 2011-09-19 23:32 | おすすめの絵本

9月10日の「講演会」と「コガモ句会」のこと

9月11日(土)は、2つのイベントがありました。
午前中に行われたのは、講演会『読みがたりは愛の時間です -赤ちゃん絵本で あ・そ・ぼー』、夜は『コガモ句会』でした。

e0016830_23372.jpg
●講演会 
 午前10時半から始まった講演会『読みがたりは愛の時間です ー赤ちゃん絵本で あ・そ・ぼ―』、講師は、後路好章(うしろよしあき)さん。後路さんは、学研、あかね書房、アリス館などでご活躍され、赤ちゃん絵本研究会代表をされています。
18組の参加者のうち、10組を越す赤ちゃん連れの方が参加してくださりました。


e0016830_2204040.jpg後路さんは、0・1歳児にとって絵本は遊びのヒントを教えてくれるおもちゃだと話されました。ご自身の絵本「だあれだ だれだ?」「なあんだ なんだ?」「どおーこだ どこだ?」(うしろよしあき/ぶん 長谷川義史/絵 ポプラ社 税込788円 )を読んでくださいました。これらの本もいっぱい遊んであげてねという願いを込めて作られたそうです。
「いーれーて」(わたなべあや/作 アリス館 税込893円)「おーい はーい」(和歌山静子/作 ポプラ社 税込924円)は、掛け合いを楽しむ絵本です。

e0016830_2532418.jpg
「だあれだ だれだ?」には、メロディーがあり、ウクレレを弾きながら良いお声で歌ってくださいました。
ウクレレの先生は、なんと絵本作家の村上康成さんだそうです!
子どもたちも楽しそうに聴いていましたよ。




後路さんの教え子の佐々木さん、原島さんによる手遊びや絵本の読みがたり、「わんわん わんわん」(高畠 純/作 理論社 税込1050円)の複読(役を決めて読む)など、赤ちゃんを飽きさせることなくたっぷり絵本の魅力についてお話してくださいました。また、赤ちゃんにいつもちゃんとまなざしを注いであげてくださいとも話されました。

e0016830_3141164.jpg
この日のお菓子は、手作りの「たまごボウロ」と「ビスケット」。ボウロは和三盆を使っています。どちらもやさしいママの味。当店のお菓子担当のスタッフ長谷川が毎回お客さまの顔を思い描きながら一生懸命作っています。
お茶をいただきながら、皆さんで懇談しました。


たくさんの良い絵本と出会うことは、子どもだけでなく大人も心が解放され、子育てが楽しくなることでしょう。


●句会
夜7時からは、「コガモ句会」でした。
2007年3月から始まった、俳人 土肥あき子さんをお迎えして行われる句会も12回目になりました。今回から「コガモ句会」と名前がつきました。当初小学3年生だった女の子の参加者Rちゃんも、この春中学1年生になりました。毎回欠かさずお母さまと参加してくださっています。

9月10日の句会は、「月を愛でる」がテーマで、席題は「月」でした。
土肥あき子さんより、古来から日本人の心を捉える月のお話を聞き、各自句を作ります。店の外に出て月を眺めたり、それぞれ句作に没頭しました。そして、これぞという句を一句清書して先生に提出し、皆さんの句が出揃ったら、ティータイム。お茶をいただきながら、各自3句選びます。そして、発表。講評に入ります。自分が選んだ句の感想を述べるのですが、自分の句を選んでくれた方から感想を聞くのはなかなか嬉しいものです。こういうふうに受け止めてくださったのかと新しい発見もあります。その後、先生からも講評をいただき、それぞれ名乗りをあげます。いつも先生の講評が的確で、言葉一つで句の世界が広がることに驚きます。私は、この時間がとても好きです。最後に高得点句の方は、先生からご褒美をいただきます。

e0016830_3594535.jpg
今回の高得点句は、木下普美子さんの句でした。
  満月や 雨戸閉める手 止まりをり

そのほかにも、嬉しい句がありました。
  名月や 角を曲れば ティールグリーン    
           (栗村盛弥さん作)

もちろん、私はこの句も選ばせていただきました。
初めての「コガモ句会」、記念の句をいただきました。ありがとうございます。


e0016830_41868.jpg
この日のお菓子は、「お月見セット」で、さつまいもの黄身しぐれと、梅酒とカモミールのジュレでした。夜空にうかぶお月様と、水面に映るお月様、といったところでしょうか?




四季折々の季語に触れながら、身近な自然に目を留めることができる俳句、自分の想いを言葉にできる俳句、紙と鉛筆があれば、いつでもどこでもできる俳句、一生楽しむことができます。
絵本屋で行われる身近な句会です。
次回の「コガモ句会」は12月3日(土)を予定しています。

皆さんも、ご一緒に俳句を作ってみませんか!
[PR]
by teal-green | 2011-09-12 22:30 | 村長の日記2011

『カモのきょうだいクリとゴマ』ミニアルバム展とサイン会のお知らせ           



e0016830_2151819.jpg

◆『カモのきょうだい クリとゴマ』ミニアルバム展 
  —ふたつの卵が孵り、育ち、巣立つまで―

    9月20日(火)〜10月22日(土)
◆ なかがわちひろさん ギャラリートーク&サイン会
 
  9月24日(土)11:30〜12:30
           14:00〜16:00
       *ギャラリートークは、各回 先着20名まで(無料です)
       *24日はティールームをお休みします。
       *10:30〜11:00はおはなしの会です。
      

なかがわちひろさんの最新刊『カモのきょうだいクリとゴマ』に掲載されているたくさんの写真がティール・グリーンにやってきます!
そのうえ、なんと9月24日(土)には、なかがわさんのギャラリートーク&サイン会も!
本の中のクリゴマちゃんも可愛いですが、なかがわさんファミリーが撮った愛情たっぷりの写真の中ではさらに生き生きと輝いています。
小さな命のきらめきを、ぜひ多くの皆様にご覧いただきたいと思います。
ぜひお出かけ下さい。

他にも楽しい企画を考えています。
どうぞ、お楽しみに!


[PR]
by teal-green | 2011-09-04 21:23 | 村長の日記2011

『カモのきょうだい クリとゴマ』がでました!


e0016830_1455178.jpg

         『カモのきょうだい クリとゴマ』(サイン入り)       
         なかがわちひろ/作・絵 アリス館 税込1470円

 『天使のかいかた』『おたすけこびとのクリスマス』で、当店にて原画展をさせていただいた なかがわちひろさんの最新作『カモのきょうだい クリとゴマ』が刊行されました。

 六月の大雨の日、なかがわさんの家に六つのカルガモの卵がやってきました。激しい雨のため、巣が流されてしまいカラスに狙われていた卵を助けたのです。野鳥を孵し、育てることへの心配を抱えながらも、誕生に向かって突き進んでいく命を家族みんなで冷静にあたたかく見守ります。そして、卵から孵った二つのひな、あまえんぼうのクリとくいしんぼうのゴマ。二羽のカルガモのきょうだいが、なかがわ家で育って旅立っていくまでのひと夏のお話が生き生きとしたたくさんの写真とイラストで描かれています。

卵から聞こえるノックの音や鳴き声、野生にかえすまでの準備、里帰りしたクリゴマ、あまえんぼうのクリの自立・・・驚きと感動でいっぱいです。
人間の赤ちゃんを育てるのと一緒だと思いました。


作者のなかがわさんから、さっそくサイン本を送っていただきました。
愛らしいクリゴマちゃんのイラスト入りです。

小さな命の尊さ、いとおしさに溢れる『カモのきょうだい クリとゴマ』、一人でも多くの子どもや大人に読んでいただきたいと思います。

 
[PR]
by teal-green | 2011-09-01 03:17 | おすすめの絵本