<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

物語が生まれるような・・・「想造工房展」

e0016830_23284888.jpg
4月19日から始まった「想造工房展」、遠方からもたくさんの奥田さんファンのお客さまがいらしてくださっています。小さな木の家が皆さまをお出迎えしています。

e0016830_23345538.jpg
「風景の時計」「絵の時計」「振子時計(月の舟)」など、物語が生まれるような時計がいっぱい。

e0016830_23363812.jpg
今回は、カトラリーも新入荷。
「食器でできた風景」「スプーンの額」「とちの皿」「さくらスプーン」「さくらサーバー」「コースター」・・・食卓を豊かに飾ります。


e0016830_2340155.jpg「スプーンの額」
もちろん使えます。



e0016830_23373530.jpg
カエルがいっぱい! 
「カエルのBOOKスタンド」「カエル ブックマーク」「カエルのコースターセット」 ゆかいなカエルたちに、おもわずニッコリ。




*奥田さんご夫妻のワークショップもあります。  今回は、「木の家のカードスタンド作り」を作ります。
   日時:4月29日(金・祝) 10:30~13:00
   参加費:2500円
   定員:10名(要予約)  残りわずか!お申し込みはお早めに。

  お申し込み、詳しいことは当店にお問い合わせ下さい。
   TEL:03-5482-7871
[PR]
by teal-green | 2011-04-24 23:07 | Comments(0)

2011年想造工房展 始まりました。

e0016830_22235774.jpg
                  (但し、5/1~5/5は連休になります。)


今年も、「小さな木の家」で人気の木工作家、奥田守保さん、千珠さんご夫妻の展示が始まりました。

e0016830_23471274.jpgいつもの時計、スツール、オルゴールなどの他に、今年はBOOK(CD)スタンドが初入荷!
お気に入りの絵本やCDなどを飾ってみませんか。
きっとお部屋のアクセントになることでしょう。




e0016830_22341811.jpg









                                          カエルのブックスタンド

e0016830_23361784.jpg  奥田さんご夫妻のワークショップもあります。
  今回は、「木の家のカードスタンド作り」を作ります。
   日時:4月29日(金・祝) 10:30~13:00
   参加費:2500円
   定員:10名(要予約)

  お申し込み、詳しいことは当店にお問い合わせ下さい。
   TEL:03-5482-7871
[PR]
by teal-green | 2011-04-18 23:19 | 村長の日記2011 | Comments(0)

ごあいさつ  シード・ヴィレッジ村長 種村由美子


 この度の東日本大震災により被災された皆様、そのご家族や関係者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
未だかつて体験したことのないような大地震、津波、そして原発事故の深刻さに、被災地の皆様はもちろん私達も不安な思いで毎日を送っています。そんな中でも、被災地で頑張る若者たちの姿、国内外からの励ましの声や支援などには胸が熱くなります。被災地の皆様に思いを馳せ、「私たちに何ができるか」を常に考えながら、行動してまいりたいと思います。

 このような状況の中での店主交代ではありますが、ティール・グリーンはこれまでと変わらぬ心で、ひとりでも多くの方に生きる力を支えてくれるような一冊の本を手渡してまいりたいと願っております。まだまだ未熟な店主ではございますが、これまで通り皆さまに支えていただきながら続けてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 今、ティールームには、佐藤国男さんによる宮澤賢治の「雨ニモマケズ」の版画とポストカードを展示販売しております。困難な状況の今、賢治の言葉がより心に沁みるとともに支えとなってくれることでしょう。
e0016830_22585778.jpg

[PR]
by teal-green | 2011-04-11 14:26 | 村長の日記2011 | Comments(1)

被災地に絵本を送ろうー絵本プロジェクト

 3/11の大災害以降、日本は一つになって、救出、復旧、復興へと動き始めています。

 絵本屋ができることとして、店にある本でかさばらないでなるべくたくさんの絵本を送ろうと、福音館の月刊誌「こどものとも」シリーズから60冊ばかりを選んでいました。
 ちょうどそこへ末盛千枝子さんから、岩手県の盛岡市で子どもたちに絵本を届ける「絵本プロジェクト」を立ち上げたというお便りをいただきました。
 
 昨年の5月に岩手県にお引っ越しされ、この大地震もライフラインの被害などはあったようですが、内陸部なのでご家族皆さんはご無事だったようです。でも状況を知るにつれ惨状の凄まじさに言葉を失ったとありました。そして『長年JBBY(国際児童図書評議会)の活動を通して、戦火や災害にさらされた子どもたちが、誰かの膝にのせてもらって、絵本を読んでもらうときだけ、おだやかな気持ちを取り戻せる』このことを見てきたご自身が岩手の地にいることの意味を思い、今回の活動を様々な機関を通して呼びかけました。

 早速用意した絵本を送りましたが、日経新聞でも紹介されたことで、お客様からもお問い合わせがあり、みなさんにこの事を伝えました。一日でも早く子どもたちの手元に届き、ひとときでもおだやかな時間を過ごしてほしいと、みんな思っています。
 現地で活動しているボランティアの皆様も、たいへんな状況の中で本を運ぶご苦労もあるかと思いますが、どうぞ安全に活動されますよう、心を届けて下さいますよう、お願いいたします。

 絵本の送り先を添付しました。emoticon-0171-star.gif
http://www.ehonproject.org/iwate/mailing.html


 emoticon-0108-speechless.gifさて、最後になりましたが、これまでこのブログを書いていたコガモ店長こと小林優子は、絵本屋の事業から離れる事になりました。でも店はそのまま一緒に経営してきた種村由美子に全てを譲りましたので、いままで通り営業を続けます。
 ティール・グリーン in シード・ヴィッレジの名前の『シード・ヴィッレジ』は『種村』の直訳英語です(^^);  14年前、久が原の地で生まれた「絵本とカードの店ティール(コガモ)・グリーン」が生まれた地を飛び立ち、シード・ヴィッレジに着地して、今の「お茶がのめる絵本の店」になりました。それから5年、ようやくこの地になじみ、絵本という「しあわせの種」を子どもたちの手元に届ける仕事をよろこびとしてまいりました。
 この未曾有の災害の最中での店主交代になってしまいましたが、しばらくは後方支援ということで何かと店にも顔を出しそうです。それでも一応区切りとなりますので、これまでのご厚情、ご支援に感謝しながら、これからのティール・グリーン in シード・ヴィッレジもどうぞよろしくお願いいたします。
 emoticon-0100-smile.gifこれまでの日記は「コガモ店長の絵本屋日記」の項目にまとめ、新たに種村由美子が書き始めますのでよろしくお願いいたします。
[PR]
by teal-green | 2011-04-01 17:13 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)