<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマスについてもっと知りたい人は

e0016830_17212680.jpg「名作に描かれたクリスマス」
若林ひとみ/著 岩波書店 税込1890円

 クリスマスはイエス・キリストの生まれた日というくらいの知識で、日本ではサンタクロースがプレゼントを持ってくる楽しい日、とほとんどの人が思っているかも知れませんが、世界の国ではいろいろなやり方で、クリスマスを祝います。
 絵本や児童文学でも、クリスマスのシーンがかなり描かれていて、何となくお祝いの仕方にそのお国ぶりが垣間見えるのですが、この本はそれをちゃんと系統立てて見せてくれました。
 「クリスマスって何?」からはじまって、「サンタクロースってだれ?」「クリスマスのごちそう」…などなど。今さら人には聞けないと思っている人にも、児童文学ファンにも、充分役立つ情報です。そして最後にルイス・キャロルが『不思議の国のアリス』の別刷「『不思議の国のアリス』を読んでくださったすべての子どもたちへ」の中の一文を紹介し、これこそがクリスマスの精神として結んでいます。
 『地上に平和 ひとには愛を!』(脇 明子訳)
 世界中の絵本や児童文学の作家が『クリスマスの精神』を子どもたち伝えようと描き続け、それを読んで育った大人もいるのに、世界で紛争が絶えないのはなぜなのでしょうか? …それでも毎年クリスマスはやってきて、祈ります。私も本屋のはしくれとして、子どもたちにこのメッセージの込められた絵本や物語を届け続けたいと思ってます。

e0016830_1975120.jpg「世界で一番の贈りもの」
マイケル・モーパーゴ/作 マイケル・フォアマン/絵 佐藤見果夢/訳
評論社 税込1050円

 古い机の引き出しにかくされていた、一通の手紙。それは第一次世界大戦のクリスマスに、ひとりの兵士が愛する人に宛てて書いた手紙だった。
 1914年クリスマスの朝、しんと静まりかえり空気は冴えわたっていた。そこへドイツ軍が白旗を降っているという味方の報告。耳をすますと「メリークリスマス エゲレスさんよぅ」の声が。「こっちからも メリークリスマス!ドイツ野郎!」と返して、それで終りかと思っていたら、奇跡がおこったのです。ドイツの兵士が姿を現し、味方の兵士と一緒にクリスマスを戦場で祝うという奇跡が…。
 クリスマス休戦の公式記録は残っていないという。自然発生的に始まったことらしいという解説にも感動しました。この手紙を書いた青年のように、戦争は一般市民を兵士として送る残酷なものです。その中でもクリスマスの祈りを忘れない人々がいる限り、クリスマス休戦は続くでしょう。心からそう祈りたいと思います。
[PR]
by teal-green | 2005-11-28 18:20 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)

11月の絵本-その2 クリスマスの絵本

e0016830_5391264.jpg「I SPY CHRISTMAS」
Photographs by Walter Wick/Riddles by Jean Marzollo
SCHLASTIC INC. 税込2341円

 翻訳版は小学館から出ていますが、クリスマスは洋書版でいかがでしょうか?このシリーズはほんとに写真がきれい。いろいろなクリスマスグッズにあふれています。見ているだけでもあきないけれど、時計はどこ?ピクルスは?そりにのったサンタは? さあ、みつかるかな?みんなでワイワイいいながらさがしっこ。見つけた人は、大きな声で『I SPY!』っていってね。


e0016830_16502457.jpg「おおきいツリー ちいさいツリー」
ロバート・バリー/作 光吉夏弥/訳
大日本図書 税込1365円

 毎年この時期になると、お薦めする絵本です。
ウィロビーさんのお屋敷におおきなクリスマスツリーがとどきました。でもおおきすぎて、大広間の天井につっかえてしまいます。こまったウィロビーさんは執事のバクスターさんに、先を切らせました。バクスターさんは切った先っぽを小間使いのアデレードにプレゼントしましたが、アデレードの部屋でもまた先がつっかえてしまいます。そこで、ツリーの先をちょきん。小さな先っぽは他のゴミと一緒に外へ捨てました。それを庭師のチムが見つけて、先をちょきん。捨てたところにクマが、つぎはキツネが…というように次々、先っぽは切られて小さくなって、いろんな動物たちの家のクリスマスツリーになったのです。幸せのおすそわけのような絵本です。
[PR]
by teal-green | 2005-11-28 06:22 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)

コガモ倶楽部で紹介したクリスマスの絵本

e0016830_1331327.jpg「おくりものは ナンニモナイ」
パトリック・マクドネル/作 谷川俊太郎/訳
あすなろ書房 税込1260円

 いきなり「おくりものはナンニモナイ」ってどういうこと?…と思いますが、この「ナンニモナイ」には、ふかーい意味があるのです。
ネコのム−チは仲良しの犬のアールに贈り物をしようと思いました。でも考えるとアールは何でも持っています。ごはんのお皿、ベッド、ガム…。悩んで悩んで「ナンニモナイ」を贈ろうと思います。でもどこにあるのだろう?街に探しに行ってもどこにも売っていません。そこでジッとすわって考えました。なんにもしないで… !!ひらめきました! さてム−チは何を贈ったのでしょうか?
 大好きな人への贈り物は、今の自分の気持ちを贈るのが一番。それを喜んで受け取ってもらえるように、よーく考えましょう。


e0016830_13311312.jpg「とおい星からのおきゃくさま」
もいちくみこ/作 こみねゆら/絵
岩崎書店 税込1260円

 もうすぐクリスマスのある晩、ふくろうの天文台に女の子がたずねてきました。女の子は「チカチカ星のチカチカ姫よ」と答えます。じいやとばあやと三人で暮すお姫さまでした。ほうきぼしがまく星くずをお掃除している途中でした。女の子に紅茶を出すと、そのこはミルクと砂糖とたまごでアイスクリームを作りました。そのおいしかったこと! ふくろうは女の子が帰る前に、星くずをすこし分けてもらえないかと聞いてみました。次の日の夜、バケツいっぱいの星くずが入口のわきにおかれていました。天文台のそばの大きなもみの木は星くずで、キラキラ輝くクリスマスツリーになったのです。高い山のてっぺんで起こった不思議な夜のできごとでした。
[PR]
by teal-green | 2005-11-20 13:55 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)

11月の絵本-その1

 しばらく絵本の紹介ができなかったので、今月はクリスマスに向けて、なるべくたくさん紹介しようと思っています。みなさん参考にしてください。

e0016830_1711848.jpg「ありがとうのえほん」
フランソワーズ/作 なかがわちひろ/訳
偕成社 税込1260円

 「まりーちゃんとひつじ」「まりーちゃんのくりすます」(共に岩波書店刊)でおなじみのフランソワーズの絵本です。
 日々の暮らしの中で出会うものみんなに「ありがとう」と声をかけてみて下さい。にこにこおひさま、ことり、おはな、そばにいるねこ、おりこうないぬ、がっこう、おうち……しあわせを守ってくれるものみんなに「ありがとう」といってみると、毎日楽しいよね。やわらかい線と色使いのほっとなごむ絵本です。
 同時発売の「おおきくなったらなんになる」「わたしのすきなもの」あわせて3冊、クリスマスプレゼントにもおすすめ。


e0016830_17321920.jpgグリム童話「白雪姫」
バーナデット/絵 ささきたづこ/訳
西村書店 税込1575円

 みんながよく知っている白雪姫のお話ですが、絵本ではどうしてもディズニーに目がいってしまうようで残念です。バーナデットは他にもグリム「こびとのくつや」「つぐみのひげの王さま」、アンデルセン「雪の女王」などが同じ出版社から出ています。「赤ずきん」だけは岩波書店から出ています。
 いずれも花や森がていねいに描かれ、昔話のよさを伝えてくれます。7人のこびとたちの素朴さや、暮らしぶりも絵の中で温かく伝わり、白雪姫の過酷な運命の救いになっています。
[PR]
by teal-green | 2005-11-19 18:13 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)

手の教室のこと

 今年1月に久が原の店を閉めてから、早10ヵ月。その間、店まで来て閉まっていたとがっかりさせてしまったり、お問い合わせいただいても、留守していたり、いろいろご迷惑をおかけしています。
 でもインターネットでteal-greenと検索して下さる方もいて、ほんとにうれしい限りです。teal green又はティール・グリーンで検索すると、大田区の「まちかつ」のページや「手の教室」にヒットします。
 「手の教室」は名前のとおり、手でモノを創る、造型教室です。久が原の店のすぐ近くにあり、店に来ていた小学生たちもたくさん通っていました。野々村さん御夫妻のあたたかなお人柄が人気で、頼れるおじさん、おばさんに子どもたちも通うのを楽しみにしています。
 さてその「手の教室」のホームページでは、なんとティール・グリーンの歩みをずっと紹介して下さっています。本当に感謝しています。これからも子どもたちの成長にかかわりあいながら、お互いに協力しあえたらと思っています。そこでぜひ皆さんも「手の教室」のホームページをのぞいてみて下さい。ちなみに今は6回にわたり、絵本を作っているそうです。出来たら皆さんに紹介したいと思います。www.ne.jp/asahi/nono/teno-kyoshitsu/index.html
[PR]
by teal-green | 2005-11-12 16:24 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(1)