<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新刊紹介-2005/7月その2

e0016830_0195870.jpg「瓜子姫っこ」
鈴木サツ/語り 飯野和好/絵 川崎洋/監修
瑞雲社 税込1575円

 いたずらずきなあまのじゃくの話です。瓜から生まれた美しい娘を、大事に育ててきた爺と婆。ある日二人がでかけているすきに、あまのじゃくがやってきて、瓜子姫を縛りあげ、姫になりかわりました…
 『むかす、あったずもな。』ではじまるおなじみの昔話、岩手県遠野の語り部、鈴木サツさんの語り口のまま、飯野和好さんの絵で絵本になりました。読んでいくうちに、なんともやわらかい遠野の言葉が、気持ち良く口にのります。むずかしい言葉も何回か聞くうち、わかってきます。それでも分かりにくい時は、共通語訳の付録も付いていますので参考にして下さい。
 「ねぎぼうずのあさたろう」で講談調の語り口の絵本を作り、ご自身も股旅姿で絵本を読んで、講演している飯野和好さん、ティール・グリーンでも、今年の2月に講演のお手伝いをさせていただきましたが、もしかして今度は語り部の扮装でよんでくれるかな〜などと期待してしまいます。
 この絵本は、美濃和紙を使って刷られいて手触りもいいのです。発行部数も限られているそうですので、お早めにお求め下さい。
 
[PR]
by teal-green | 2005-07-30 01:16 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)

大人のための語りの会

e0016830_13413687.gif

 ちょっと早いのですが、クリスマスの前のひととき、静かな語りの会があります。長いお話なので、小学校高学年位から、大人までの会です。ギターとフルートの音を交えて、不思議なお話の世界をお楽しみ下さい。

日時/12月10日(土)午後7時開演〜9時終演予定
場所/大田区民プラザ小ホール
    大田区下丸子3−1−3(東急多摩川線「下丸子駅」下車すぐ)
    TEL 03-3753-0484
定員/170名
チケット/前売1500円(当日1800円)

お問い合わせ、チケットのお申し込みは…
●夢企画・大田(松野敦子)
  TEL 03-3753-0484 FAX 03-3753-4219
●ティール・グリーン(小林)
  TEL 03-5482-7871 FAX 03-5482-7872
お申し込み頂いた方には、郵便振替用紙を同封して、チケットをお送りします。
[PR]
by teal-green | 2005-07-23 13:17 | イベント情報 | Comments(0)

紅茶教室

e0016830_733471.jpg
 この4月から、田園調布の紅茶屋さんTEEJの紅茶教室に通っています。今度作る店でティールームを開くためです。7月はアイスティーを勉強しました。
 この5種類全部、アイスティーなんですよ。カクテルみたいでしょ。まん中の三段になっているのは、フルーツティーで、一番下がザクロのシロップ、まん中がオレンジジュース、上が紅茶で、インド産のニルギリを使っています。アイスコーヒーみたいなのは、アッサムティーにはつみつで甘味をつけて、ミルクをかけています。はちみつの鉄分が紅茶の色を濃くするんですって! セパレートにするコツは甘味の濃い順に下からかさなるそうです。
 お店ではここまでのアイスティーは出来ないと思いますが、紅茶の色々な特徴を勉強しています。味の違いや香りはなかなか区別できませんが、紅茶の世界も奥深いものです。楽しいですよ。
[PR]
by teal-green | 2005-07-19 08:01 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(2)

ようこそ、ティールグリーンへ

 1997年、大田区南久が原で絵本とカードの店を開き、8年近くたくさんの思い出をつくりましたが、今年1月に一時閉店いたしました。
 そして、来年2006年3月に、隣町千鳥町にティールームのある絵本屋をオープンします。その間はご注文いただき、ご自宅にお届けする形で営業しています。ご利用いただいてた皆様には、ご不便をおかけしていますが、もう少しお待ち下さい。
 店で発行していたミニ新聞「コガモ倶楽部」は、絵本の紹介やイベントのお知らせをして、引き続き発行しています。ご希望の方は下記の電話、FAXでお申し込み頂くか、ホームページをご覧下さい。年10回発行で年会費は送料として1000円です。
電話 03-5482-7871
FAX 03-5482-7872
URL http://www.teal-green.com/

ホームページでは、ティール・グリーンの思い出の日々がご覧になれます。新しい情報は、このブログでお知らせしますので、どうぞこれからよろしくお願いいたします。
[PR]
by teal-green | 2005-07-11 22:20 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(7)

新刊紹介-2005年/7月その1

e0016830_22335057.jpg
「たのしいなつ」
ロイス・レンスキー/作
さくまゆみこ/訳
あすなろ書房 税込682円

 もうすぐ夏!子どもたちはいろんな遊びを発明して、お日さまの下で毎日元気いっぱい遊びます。いっぱい遊ぶからおなかもすくし、おひるねもぐっすり。お日さまぎらぎら暑くても夏がだいすきなんです。そんな楽しい夏の絵本、これは50年前の絵本ですが、遊ぶ楽しさは今も昔もかわらないんですね。15センチ×12センチくらいの小さな絵本で、はる、なつ、あき、ふゆがそろいました。

e0016830_17423070.jpg
「絵かきさんに なりたいな」
トミ−・デ・パオラ/作
福本友美子/訳
光村教育図書 税込1470円

 アメリカの人気絵本作家トミ−・デ・パオラが幼い頃の思い出を描いた絵本です。4歳の頃にはすでに絵本作家になる夢をみていたほど、絵をかくことが大好きな少年は、いつもいつも、どこでも絵をかいていました。そんなトミ−をあたたかく見守る家族の様子も描かれ、ほのぼのとした気持ちになります。好きなことを続けるのって、結構たいへんですが、幼い頃の幸せな体験が、心の支えになることも大いにあると思います。



e0016830_1922821.jpg
「おばけの たんじょうパーティ」
ジャック・デュケノワ/作
おおさわあきら/訳
ほるぷ出版 税込1680円

 フランス生まれのおしゃれなおばけの本に、仕掛けも楽しいおたんじょうびの絵本ができました。
 今日は、おばけのアンリの400さい!のたんじょうび。なかよしのリュシーとジョルジュとエドワ−ルが、ごちそうをたくさんつくってくれました。ごちそうを食べてる、アンリの変化が見もの!とっても楽しい絵本ですよ。4才の子のおたんじょうびプレゼントにおすすめです。

e0016830_15282777.jpg
「ごきげんならいおん」(既刊)
ルィーズ・ファティオ/文 ロジャー・デュボアザン/絵 村岡花子/訳
福音館書店 税込1050円(初版1964年)
 いつも町の人があいさつしてくれて、ごきげんならいおん。ある日、おりの戸が開いていたので、こちらからあいさつしにいこうと、動物園の外に出かけました。ああ、でもらいおんが町を歩いているので、みんなびっくり! …これは40年も前から出ている絵本です。このシリーズは何冊かありましたが、今は、絶版になっていました。
 そして、この7月に久々に、家族と一緒のお話の絵本が一冊復刊されました。
e0016830_15413244.jpg
「三びきのごきげんなライオン」
ルイーズ・ファティオ/文 ロジャー・デュボアザン/絵 はるみこうへい/訳
童話館出版 税込1470円
 さて、一匹だった、ごきげんなライオンは、二匹のごきげんなライオンに、さらにかわいくて やんちゃなぼうやが生まれて、三匹のごきげんなライオンになりました。名前はだれよりも仲のいい友だち、飼育係のむすこのフランソワと同じ名前です。
 ある日、とうさんライオンは思案顔で『この子は将来何になったらしあわせだろうね』とおくさんにたずねました。あれこれ考えているうちに、お金持ちのおくさんがペットに欲しいといって、ぼうやはもらわれていきました。…ぼうやはしあわせになるのでしょうか?
 白黒のコンテに赤と黄色の色を使っただけの絵ですが、イキイキとして、ライオンとうさんの立派さがとてもいい、ごきげんな絵本です。
[PR]
by teal-green | 2005-07-08 23:14 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)