カテゴリ:コガモ元店長の絵本屋日記( 51 )

新刊紹介-2005年/7月その1

e0016830_22335057.jpg
「たのしいなつ」
ロイス・レンスキー/作
さくまゆみこ/訳
あすなろ書房 税込682円

 もうすぐ夏!子どもたちはいろんな遊びを発明して、お日さまの下で毎日元気いっぱい遊びます。いっぱい遊ぶからおなかもすくし、おひるねもぐっすり。お日さまぎらぎら暑くても夏がだいすきなんです。そんな楽しい夏の絵本、これは50年前の絵本ですが、遊ぶ楽しさは今も昔もかわらないんですね。15センチ×12センチくらいの小さな絵本で、はる、なつ、あき、ふゆがそろいました。

e0016830_17423070.jpg
「絵かきさんに なりたいな」
トミ−・デ・パオラ/作
福本友美子/訳
光村教育図書 税込1470円

 アメリカの人気絵本作家トミ−・デ・パオラが幼い頃の思い出を描いた絵本です。4歳の頃にはすでに絵本作家になる夢をみていたほど、絵をかくことが大好きな少年は、いつもいつも、どこでも絵をかいていました。そんなトミ−をあたたかく見守る家族の様子も描かれ、ほのぼのとした気持ちになります。好きなことを続けるのって、結構たいへんですが、幼い頃の幸せな体験が、心の支えになることも大いにあると思います。



e0016830_1922821.jpg
「おばけの たんじょうパーティ」
ジャック・デュケノワ/作
おおさわあきら/訳
ほるぷ出版 税込1680円

 フランス生まれのおしゃれなおばけの本に、仕掛けも楽しいおたんじょうびの絵本ができました。
 今日は、おばけのアンリの400さい!のたんじょうび。なかよしのリュシーとジョルジュとエドワ−ルが、ごちそうをたくさんつくってくれました。ごちそうを食べてる、アンリの変化が見もの!とっても楽しい絵本ですよ。4才の子のおたんじょうびプレゼントにおすすめです。

e0016830_15282777.jpg
「ごきげんならいおん」(既刊)
ルィーズ・ファティオ/文 ロジャー・デュボアザン/絵 村岡花子/訳
福音館書店 税込1050円(初版1964年)
 いつも町の人があいさつしてくれて、ごきげんならいおん。ある日、おりの戸が開いていたので、こちらからあいさつしにいこうと、動物園の外に出かけました。ああ、でもらいおんが町を歩いているので、みんなびっくり! …これは40年も前から出ている絵本です。このシリーズは何冊かありましたが、今は、絶版になっていました。
 そして、この7月に久々に、家族と一緒のお話の絵本が一冊復刊されました。
e0016830_15413244.jpg
「三びきのごきげんなライオン」
ルイーズ・ファティオ/文 ロジャー・デュボアザン/絵 はるみこうへい/訳
童話館出版 税込1470円
 さて、一匹だった、ごきげんなライオンは、二匹のごきげんなライオンに、さらにかわいくて やんちゃなぼうやが生まれて、三匹のごきげんなライオンになりました。名前はだれよりも仲のいい友だち、飼育係のむすこのフランソワと同じ名前です。
 ある日、とうさんライオンは思案顔で『この子は将来何になったらしあわせだろうね』とおくさんにたずねました。あれこれ考えているうちに、お金持ちのおくさんがペットに欲しいといって、ぼうやはもらわれていきました。…ぼうやはしあわせになるのでしょうか?
 白黒のコンテに赤と黄色の色を使っただけの絵ですが、イキイキとして、ライオンとうさんの立派さがとてもいい、ごきげんな絵本です。
[PR]
by teal-green | 2005-07-08 23:14 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)