カテゴリ:村長の日記2015( 74 )

8月1日(土)「大地の色で、Tシャツを染めよう!」

8月1日(土)猛暑の中、「Rice&Baguette主宰 花澤実子の手仕事の時間」が開催されました。
夏休み親子教室の今回は、〜人類が最初に使った赤・ベンガラの泥絞り染め〜『大地の色で、Tシャツを染めよう!』でした。中庭で気持ち良さそうに揺れる6枚のTシャツ、いったいどのように染められたのでしょうか?
e0016830_23340622.jpg
まず、講師の花澤実子さんから人類が最初に使った赤・ベンガラのお話から始まりました。
ベンガラは土から取れる成分(酸化鉄)で紅殻、弁柄とも呼ばれ、語源はインドのベンガル地方より伝来したことから呼ばれているそうです。日本の暮らしにも古くから根づいている素材で、縄文時代に土器などに使われ、陶器や漆器、また、防虫防腐の機能性から、家屋のベンガラ塗りや神社仏閣の色彩としても使用されてきました。
ベンガラはラスコー(フランス南西部)やアルタミラ(スペイン北部)の洞窟壁画に使われていたという最古の顔料です。
e0016830_23321322.jpg
まずは、染めたい部分以外はビニール袋に入れてしっかりひもでしばり防御します。
染めたい部分も絞り染めの技法で、思い思いにひもでしばりました。
e0016830_23323477.jpg
顔料の中に染めたい部分をつけてしっかりしみ込ませます。
e0016830_23324520.jpg
e0016830_23330889.jpg
水で洗い流し、しばったひもを切りはずします。
e0016830_23332235.jpg
今度は、灰色の顔料で染めます。
e0016830_23333604.jpg
ひもを切り、広げてみると、なんと素敵な模様に!
しっかり洗い流します。
e0016830_23392127.jpg
こうして、それぞれ個性豊かなTシャツが出来上がりました。

猛暑の中でしたが、外でジャブジャブ水洗い、皆さん楽しそうでした。
落ち着いたベンガラの赤は、陽焼けした肌によく似合うことでしょう。

花澤実子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

好評につき、8月8日(土)午前10時〜12時、追加教室をいたします。
 あと数名ですが、お申し込みを受け付けています。

[PR]
by teal-green | 2015-08-04 05:18 | 村長の日記2015

7月20日(月・祝)おぼまことさんと野坂悦子さん ギャラリートーク&サイン会

7月14日(火)から始まった おぼまこと「カワと7にんのむすこたち」絵本原画展は、好評開催中です。
7月20日(月・海の日)の午後2時から、画家のおぼまことさん作家の野坂悦子さんをお迎えしてギャラリートーク&サイン会が行われました。
暑い中、20名を越す皆さんが参加してくださいました。
e0016830_00123167.jpg
クルドの民族衣裳姿の野坂悦子さん(左)とおぼまことさん(右)。
ティールームにぱっとお花が咲いたような華やかさでした。
e0016830_00572089.jpg
はじめに野坂悦子さんから、この本のもうひとりの著者のクルド人作家 アマンジ・シャクリーさんとの出会いのお話から始まりました。そしてこの絵本がなぜ生まれたか、クルディスタンってどんなところかを写真の映像を通してお話ししていただきました。私たちにとって今までニュースの中でしか聞いたことのないクルド人、クルディスタンという言葉でしたが、映像を見せていただくことによって少し身近に思うことができました。
e0016830_23593909.jpg
クルド、クルディスタンのお話のあとは野坂悦子さんによる「カワと7にんのむすこたち」の読み語り。しっとりと力強く読んでくださいました。
e0016830_23590857.jpg
最後に、おぼまことさんの貴重なラフスケッチを見せていただきました。
参加してくれた6才の男の子にラフスケッチと絵本との違いを見つけてもらいました。おぼさんから絵本作家になった頃のお話や旅のお話も伺うことができました。
e0016830_00002817.jpg
ギャラリートークの後は、サイン会。おぼさん、ひとりひとりに何を描いてほしいか聞いてくださり、「カワ」「ひつじ」「うし」・・・希望通りのものを描いてくださいました。さすがですね☆
e0016830_23592025.jpg
原画の前で記念の一枚。仲良しのお二人です。

おぼまことさん、野坂悦子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

村長のつぶやき
今回の原画展で、とっても嬉しい出会いがありました。
この原画展のお話をいただいた時、クルドの昔話にも心惹かれましたが、おぼまことさんにお会いできるかもしれないと思ったのもお引き受けした理由の一つでした。
というのも、長男が幼稚園の頃好きだった絵本の一つがおぼまことさんの『モンスター・ムシューとめんどり』だったのです。5歳の誕生日のプレゼントがこの絵本でした。その頃の将来の夢が「たまごやさん」だったことからも、この絵本がお気に入りだったことがわかります。
28年後にまさかその作家さんにお会いできるとは!・・・夢のような思いでした。そしておぼまことさんのやさしくてあたたかいお人柄にも感激!
もちろん、息子夫妻も今回のトークに参加させてもらいました。そして、しっかりおぼさんからサインをいただき、喜んでいました。
私自身も絵本屋をやってよかったと嬉しく思った瞬間でした。
おぼさん、どうかますますお元気で!
e0016830_12201861.jpg
おぼまこと/作・画 絵本館 
e0016830_12202775.jpg



[PR]
by teal-green | 2015-07-22 00:04 | 村長の日記2015

7月18日(土)第27回コガモ句会

7月18日(土)の夜、俳人の土肥あき子さんを囲んで第27回コガモ句会が開催されました。
e0016830_22362391.jpg
今回の席題は「夏の月(月涼し)」。
・・・日本は湿度が高く、夕焼けや月がより美しく感じられる風土を持つ。夜間照明の未発達であった時代には、漆黒の闇に浮かぶ月は鑑賞の対象であり、畏敬を含むものでもあった。・・・ (土肥あき子さんの資料より)

この日の高点句は、
 うとうとと子を抱く道の月涼し     Nさん
 藍木綿竿に干されて夏の月       Sさん
 月涼し丸く眠りて鳥けもの       Dさん
 国会前抗議行動夏の月         Sさん
e0016830_22361391.jpg
講評のあとは、土肥あき子さんから俳句手帖などのご褒美が手渡されました。
初参加のNさん、最高点句となり、土肥あき子さんの代表句が書かれた団扇をプレゼントされました。おめでとうございます。
 水温む鯨が海を選んだ日  土肥あき子

席題の「夏の月」、なかなか難しかったです。
自分の句はさておき、皆さんの句を鑑賞するのが毎回楽しみです。また、土肥あき子さんに少しなおしていただくだけで、情景が鮮やかに変わるのももうひとつの楽しみです。
次回は10月24日(土)午後7時からです。
皆さんの絵本屋の句会に参加してみませんか!
お待ちしています。


[PR]
by teal-green | 2015-07-21 22:29 | 村長の日記2015

7月16日(木)憲法カフェ 開きました。

国会も台風のような荒れ模様の7月16日(木)の10時から、当店では初めての「憲法カフェ」が開催されました。〈おいしく、ゆる〜く 憲法を知ろう〉という呼びかけの、弁護士さんのわかりやすい解説付き「憲法カフェ」です。大田区在住のママさん弁護士 長尾詩子さんをお迎えし、解説していただきました。
参加者は11名、様々な世代の方が参加してくださいました。
e0016830_17414291.jpg
まず、けんぽうのえほん『あなたこそ たからもの』を種村が読みました。
e0016830_23214430.jpeg
いとうまこと/ぶん たるいしまこ/え 大月書店 本体1300円
 
憲法のことを幼い子どもたちにもわかるように、やさしいことばで伝えてくれる絵本です。長尾さんから絵本の中でやさしく書かれた言葉が憲法の第何条であるか、憲法が守っていることを解説していただきました。また、憲法は権力へのブレーキ(立憲主義)となっていることも話されました。
e0016830_17415845.jpg
「憲法ってなに?」から始まり、今問題になっている「安全保障法制」と憲法についても丁寧にわかりやすく解説していただきました。
皆さん、熱心に聞き入り、質問や感想もたくさんでました。少人数の会なので、ふだん感じている不安や疑問を口にしたり、専門家に聞くことができた貴重な会でした。
私たちの今の暮らしはもちろん将来に大きく関わってくる憲法のことを、私たち国民ひとりひとりがしっかり考えていかなくてはならないことを強く思いました。

まずは、憲法のことを知っておきませんか!

長尾詩子弁護士さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。



[PR]
by teal-green | 2015-07-16 21:42 | 村長の日記2015

7月14日(火)おぼ まこと「カワと7にんのむすこたち」絵本原画展が始まりました。

ここ数日続く真夏日に、身体がついていきませんね。
みなさんも、水分をしっかり摂って熱中症にならないように気をつけてお過ごしください。

そんな暑い中、おぼ まこと「カワと7にんのむすこたち」絵本原画展が始まりました。
e0016830_12360819.jpg
e0016830_12524019.jpeg
アマンジ・シャクリー&野坂悦子/文 おぼまこと/絵 
福音館書店 本体1400円

昔、鍛冶屋のカワは7人の息子たちと幸せに暮らしていました。ある日、悪魔の仕業で王さまの肩からヘビがはえ、羊や子どもたちまで捧げものに・・・カワは子どもたちを守るため、仲間とともに立ち上がりました。
「どんなにふゆがながくても、かならずはるはおとずれる。」カワの言葉を信じ、息子や人々はじっと辛抱をして時を待ちます。そして、スイセンの花が咲く頃、「ノウルーズ」(新年)の日に悪い王を倒したのです。

4月に福音館書店から出版されたこの絵本は、中東地域で語り継がれてきた英雄カワの伝説を子どもたちに届けようと、クルド人作家のアマンジ・シャクリーさんと日本人作家 野坂悦子さん、画家おぼまことさんが協力しあい、10年がかりで完成させた作品です。

中東にはるか昔から伝わる愛と勇気の物語を、おぼまことさんの力強く美しい原画とともにお楽しみください。
e0016830_12362922.jpg
e0016830_12370281.jpg
アマンジ・シャクリーさんからのメッセージが届いています。
「日本の皆様へ
 クルディスタンから、皆様の幸福と健康をお祈りしています。ノウルーズ(新年)の物語が日本語に訳されたことを、とても嬉しく思っています。このお話が気に入っていただけますように。 皆様の友人  アマンジ・シャクリー」

e0016830_12505603.jpg
「カワと7にんのむすこたち」の他、おぼまことさんの絵本を販売しています。

7月20日(月・祝)おぼまことさんと野坂悦子さん
     ギャラリートーク&サイン会   
 ●14:00〜15:30/トーク 「クルディスタンのお話」   申込受付中
    絵本作りのこぼれ話や、クルディスタンのことを写真を見せていただきながら、お話ししていただきます。
   ・定 員  20名(要予約)   ・参加費  500円(お茶付き)
 15:30〜/サイン会       ・参加自由、無料
   
たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。



[PR]
by teal-green | 2015-07-14 12:44 | 村長の日記2015

7月のティール・グリ—ン

7月になりました。ここ数日、梅雨らしい雨の日が続いています 体調管理をしっかりして元気に梅雨を乗り切りましょう。
梅雨の季節にぴったりの ピーター・スピアー「雨、あめ」展も先週末で終わりました。
たくさんの皆さんに貴重なラフスケッチを見ていただくことができました。
評論社さん、お越しくださった皆さん、ありがとうございました。

7月のティール・グリーンは、
7月14日(火)〜8月8日(土)
 おぼ まこと「カワと7にんのむすこたち —クルドのおはなしー」絵本原画展
e0016830_23091323.jpeg
アマンジ・シャクリー&野坂悦子/文 おぼ まこと/絵 福音館書店

中東地域にはるか昔から伝わる英雄カワの伝説をもとにしたクルドのお話を、おぼまことさんの力強く美しい原画とともにお楽しみください。
7月20日(月・祝)おぼまことさんと野坂悦子さん ギャラリートーク&サイン会    申込受付中!
 ●14:00〜15:30/トーク 「クルディスタンのお話」
  画家のおぼまことさんと作家の野坂悦子さんから、中東のお話や絵本作りのこぼれ話などをお話していただきます。
  ・定員 20名(要予約)  ・参加費 500円(お茶付き)
 ●15:30〜/サイン会
  ・参加自由、無料

7月16日(木)憲法カフェ ーおいしく、ゆる〜く憲法を知ろうー    申込受付中!
  憲法ってなあに?
  なんとなく重要そうだけどよくわからない・・・
 弁護士さんのわかりやすい解説付き「憲法カフェ」でお茶を飲みながら憲法のことを知っておきませんか?
 ●時 間  10:00〜12:00
 ●講 師  弁護士 長尾詩子さん(大田区在住のママ弁護士)
 ●定 員  20名(要予約) 
 ●参加費  500円(お茶付き)

7月18日(土) 第27回コガモ句会                 申込受付中!
  〜俳人 土肥あき子さんを囲んで句会をしよう!〜
 ●時 間  午後7:00〜8:30
 ●参加費  1000円(お茶・お菓子付き)
 ●定 員  20名(要予約)
 ◆◆土肥あき子さんから◆◆ 
 夏の季節風「南風」は、「みなみ」「はえ」「まじ」「ばいかじ」とたくさんの呼び名を持っています。また、梅雨を挟んで、梅雨明け前が黒南風(くろはえ)、梅雨明け後を白南風(しろはえ)と呼びます。同じ方角からの風にも関わらず、梅雨のさなかに鬱々と荒っぽい吹く風を黒と感じ、梅雨明けの開放感といよいよ本格的な夏を迎える輝きを白と感じる、心の模様も込められた言葉です。夏の夜のひととき、暑さを忘れて色彩豊かな日本の言葉を味わってみませんか?

7月25日(土)ティール・グリーンのおはなしの会           申込受付中!
 ●時 間  11:00〜11:30
 ●定 員  親子で15組くらい、3歳以上
 ●ゲスト  松野敦子さん

月1日(土)花澤実子の手仕事の時間                申込受付中!
       人類が最初に使った赤・ベンガラの泥染め絞り 
  「大地の色でTシャツを染めよう!」
 ラスコーやアルタミラの洞窟壁画に使われていたという最古の染料のベンガラの土を使って、Tシャツを泥染めしましょう!
e0016830_11114774.jpg
e0016830_15110054.jpg
 ●時 間  10:00〜12:00
 ●定 員  6組(小2までは親子、小3〜大人は一人参加可)
 ●講習料  2500円(材料費・Tシャツ他)
 ●持ち物  汚れてもよいフェイスタオル2枚、エプロン
 *お申し込み時にご希望のTシャツサイズをお知らせください。
 *当日は動きやすく、汚れてもよい服でお越し下さい。

8月4日(火)世界に一つの石ころアート            申込受付中!
   〜石ころに動物や魚を描いてみませんか!〜 
e0016830_07461728.jpeg
清 つねお/著 晩成書房
 丸い石、三角形の石など、石の形を利用した味わいのある石ころアートにチャレンジしてみませんか!
 ●時 間  10:00〜12:00
 ●講 師  清 つねおさん(大田区在住の漫画家さん)
 ●定 員  10名(年長さん〜大人・要予約)
 ●参加費  1000円(材料費、似顔絵のプレゼントも!)
 *汚れてもよい洋服できてね!

8月8日(土)小さな童謡コンサート 〜夏のまき〜      申込受付中!
 昔ながらの童謡やわらべうたを、ウクレレやトイピアノなどちっちゃな楽器の音と一緒に楽しみましょう
 ●時 間  14:00〜15:00
 ●演 奏  ヤギの会(永田由利子さん、早田理恵さん)
 ●定 員  15組(赤ちゃんから大人まで・要予約)
 ●参加費  500円(ちっちゃなおみやげ付き)
 3月の〜春のまき〜は、たいへん好評でした。皆さんのご要望にお応えして〜夏のまき〜をいたします。みんなで一緒に歌いましょう

夏休みのお知らせ
 8月10日(日)〜8月24日(月)まで夏休みとさせていただきます。
e0016830_15281275.jpg
お店の前のトマトの鉢植え。少しづつ実が赤くなってきました。
トマトの名前は、(左)ステラミニトマト (右)なつのこま
赤く熟したら、収穫してもいいですよ。味見してみてくださいね。


 



[PR]
by teal-green | 2015-07-02 23:22 | 村長の日記2015

6月20日(土)「あめ、音、とりの手拭い」

梅雨の晴れ間の6月20日(土)の午後、ピーター・スピアー「雨、あめ」展の関連イベント「あめ、音、とりの手拭い」第2回のワークショップが行われました。
13:30〜、15:00〜、16:30〜 各2名ずつとちょっと贅沢なワークショップですが、皆さん、「雨、あめ」の絵本の世界を自分なりにイメージしながら、丁寧に白い絵の具でステンシルしていきました。
e0016830_01020322.jpg
初めてステンシルに挑戦! 自分だけの手拭いに大満足。
e0016830_01021740.jpg
親子でぽんぽんステンシル。和やかな時間が流れていました。
e0016830_01023168.jpg
水鳥を中心にした「雨、あめ」の世界、子どもたちを中心にした「雨、あめ」の世界。
それぞれ、何を中心にとらえるかで描かれた世界がちがい、それぞれ素敵な作品に仕上がっていました。
e0016830_01215653.jpg
この日の作品の一枚。子どもが楽しげに雨の中をかけていく様子がいいですね。

講師の花澤実子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
 


[PR]
by teal-green | 2015-06-24 07:03 | 村長の日記2015

ピーター・スピアー「雨、あめ」展、展示替えしました。

e0016830_14385145.jpg
e0016830_14390307.jpg
6月16日(火)より、ピーター・スピアー「雨、あめ」展も後半の展示となりました。
言葉のない絵本は、見る者にさまざまな雨の風景をイメージさせるようで、子どもはもちろんですが、大人のかたも食い入るように眺めていかれます。
子どもの頃の懐かしい雨の風景、雨の中で遊ぶ子どもの姿などを思い浮かべながら見ていると、画面からは雨の音や子どもの声まで聞こえてきそうです。どのシーンも懐かしい思い出につながります。
ラフスケッチに残っているメモ書きにも注目! 絵本作りの一端を垣間みることができるのも下絵ならではのおもしろさです。
さまざまな発見があります。
どうぞ、後半の展示もお楽しみに!


[PR]
by teal-green | 2015-06-18 14:39 | 村長の日記2015

6月6日(土)「あめ、音、とりの手拭い」

6月6日(土)雨上がりの午後、ピーター・スピアー「雨、あめ」展の関連イベント「あめ、音、とりの手拭い」のワークショップが行われました。
e0016830_22210691.jpg
中庭にテーブルをみっつ並べて、『雨、あめ』の絵本を眺めながら、自分だけの手拭い作りに取り組みました。
e0016830_22213316.jpg
講師の花澤実子さんがブルーにむら染めしてきてくださった手拭いに、雨の情景を思い浮かべながら、ひとりひとり、布用の白い絵の具で水鳥や子どもたちをポンポンとステンシルしていきます。ステンシルの型も花澤さんが用意してきてくださったものです。

e0016830_22231686.jpg
5歳の女の子も真剣にポンポンとステンシル。どんな雨の風景なのかな?
e0016830_23123875.jpg
バランスよく並んでいます。
e0016830_22233324.jpg
ステンシルが終わったら、乾かして終了。気持ち良さそう〜

「雨、あめ」の世界を楽しんでいただけたでしょうか。
花澤実子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
夜、雨が降り出しました。関東地方の梅雨入りももうすぐです。










[PR]
by teal-green | 2015-06-07 22:25 | 村長の日記2015

6月のティール・グリ—ン

6月に入り、関東でももうすぐ梅雨入り宣言となりそうです。そんな雨の季節に・・・

6月のティール・グリ—ンは、 
6月2日(火)〜6月27日(土)ピーター・スピアー「雨、あめ」展
e0016830_00224912.jpg
ピーター・スピアー/作 評論社 本体1400円

ピーター・スピアー『雨、あめ』展、好評開催中です。
レインコートを着て、長靴をはき、カサをさして雨の中にかけでるおねえちゃんと弟。水たまりで遊んだり、クモの巣に光る雨のしずくや雨水の流れを見たり・・・雨の中で変化する、いつもとはちがう世界。画面隅々まで雨の日の楽しさ、美しさが溢れる、言葉のない絵本です
今回、評論社さんにご協力いただきまして、『雨、あめ』の複製下絵を展示しています。絵本との違いも興味深いですよ。
e0016830_22220281.jpg

会期中、『雨、あめ』の世界を楽しむイベントもあります!
6月6日(土)満員御礼! 6月20日(土)申込受付中!
               「あめ、音、とりの手拭い」
e0016830_17002851.jpg

 ブルーにむら染めした手拭いに、水鳥や子どもたちをポンポンとステンシル。自分だけの雨、あめの手拭いを作りましょう♫
 ◆時 間  両日ともに 13:30〜 15:00〜 16:30〜
      (制作時間 1時間ほど)
 ◆講 師  花澤実子さん(RIce & Bagutte主宰)
 ◆定 員  各回2名(要予約)
 ◆参加費  850円(材料費込)

どうぞ、お楽しみに!

6月15日(月)読書会:本のタネ 探検倶楽部            満員御礼!
 テーマの本を読み、お気に入りの言葉(本のタネ)をひとつ選んで、語り合います。
 今回のテーマの本は、
e0016830_06161844.jpeg
e0016830_06162764.jpeg

トンケ・ドラフト/作 西村由美/訳 岩波少年文庫
 ●時 間  17:00〜18:30
 ●参加費  お茶・お菓子付き600円
 ●定 員  8名(要予約)

月27日(土)おはなしの会                申込受付中!
 ●時 間  11:00〜11:30
 ●参加無料(要予約)
 ●定 員  おやこで15組位、3歳以上から
 ●ゲスト  崎山洋子さん





[PR]
by teal-green | 2015-06-06 03:48 | 村長の日記2015