カテゴリ:村長の日記2015( 74 )

11月21日(土)「語りの会 松野・崎山二人会」

11月4日(水)〜11月29日(日)
「想造工房 木工展 〜ずっと変わらないもの〜
好評開催中!

 11月21日(土)の夜、松野敦子さんと崎山洋子さんをお迎えして「語りの会 松野・崎山 二人会」が行われました。

 当店のおはなしの会でもお世話になっているお二人 松野敦子さん、崎山洋子さんは、7年前より毎月第1土曜日の10時半から池上文化センターで「親子で楽しむおはなしかい」を開催しています。
それぞれ語りの活動を始めて15年以上、20年以上のベテラン、地元大田区だけでなく全国各地からもお声がかかるほどです。
お二人の声を通して語られるお話の世界はとても豊かで、私たちを時空を超えて様々な世界へ誘ってくれます。
いつかお二人の語りの世界を皆さんに楽しんでいただきたいと思い、以前からお願いしてました。そして今回念願かなって「語りの会 松野・崎山二人会」を開催することができました。

まずは、崎山洋子さんの語りです。
e0016830_09381118.jpg
「カメの遠足」(イギリスの昔話)、「ねり粉」(イタリアの昔話)のあとにミヒャエル・エンデの「オフェリアと影の一座」を語られました。たっぷり40分、クスッと笑えるお話、楽しいお話、味わい深いお話を堪能しました。素敵なプログラムでした。

ティータイムのあとは、松野敦子さんの語りです。
e0016830_09373788.jpg
松野さんの「セロ弾きのゴーシュ」(宮沢賢治/作)が終わっても、皆さんその余韻にひたり、奥深い賢治の世界を堪能しました。

お二人が語られたお話の世界の感動を皆さんとともに分かち合うことができたことも嬉しいことでした。
e0016830_13245113.jpg
松野敦子さん(左)と崎山洋子さん(右)

松野敦子さん、崎山洋子さん、いらしてくださった皆さん、ありがとうございました。
 今回、お断りした皆さん、すみません。また、来年も開催したいと思っています。
 どうぞお楽しみに!

[PR]
by teal-green | 2015-11-23 13:25 | 村長の日記2015

11月15日(日)ワークショップ「木のボタンにもようを描きましょう!」

11月4日(水)〜11月29日(日)
「想造工房 木工展 〜ずっと変わらないもの〜
好評開催中!

11月15日(日)雨上がりの午後、想造工房の奥田守保さん、オクダチズさんをお迎えして「木のボタンにもようを描きましょう!」のワークショップが行われました。
e0016830_05521833.jpg
オクダチズさんから説明を聞き、作業に取りかかりました。
e0016830_05523157.jpg
トレーシングペーパーを使い、描き写した模様の上をバーニングペンでなぞります。
ペン先が熱いので、気をつけて!
e0016830_05524157.jpg
バーニングペンで模様を描いたあとは、アクリル絵の具で彩色します。
e0016830_05530573.jpg
丁寧に丁寧に塗っていきます。

皆さんの作品の一部をご覧ください。
e0016830_05525547.jpg
じっくり丁寧に。きれいに仕上がりました。
e0016830_05531438.jpg
小学3年生のオリジナル作品です。かわいいですね☆
e0016830_05532665.jpg
雪の結晶も素敵!
e0016830_05583243.jpg
小学5年生の作品です。絵画的ですね。
e0016830_05533732.jpg
ふくろうがかわいい!
e0016830_05534932.jpg
たんぽぽが笑っているみたい。
e0016830_05540361.jpg
ひまわりが素敵!  
e0016830_05541963.jpg
5才の女の子の作品。よく頑張りました!

休日の午後、皆さん、楽しそうに木のボタンに取り組んでました。
バッグにつけてもよし、帽子に飾ってもよし、それぞれお好みで楽しんでくださいね。
この日は、ご近所の方はもちろん、遠くからの奥田さんファンも参加してくださり、和気あいあいと楽しいワークショップとなりました。

奥田守保さん、オクダチズさん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。









[PR]
by teal-green | 2015-11-20 05:24 | 村長の日記2015

11月4日(水)「想造工房 木工展」が始まりました。

11月4日(水)〜11月29日(日)
「想造工房 木工展 〜ずっと変わらないもの〜

11月4日(水)「想造工房 木工展 〜ずっと変わらないもの〜」が始まりました。
e0016830_04313543.jpg
「下弦の月(時計)」(左)「電波時計」(中・右)
 伊丹市在住の木工作家 奥田守保さん・オクダチズさんご夫妻の温もりのある木の作品展です。
 奥田さんからのメッセージ
               〜ずっと変わらないもの〜
 世の中どんどん進んでも
 自分の中にある変わらないものを大切に作っていきたい。
 今年も何か楽しい世界をお見せ出来ればと思います。

今年の作品の一部を紹介します。
e0016830_01014712.jpg
「山のような猫時計」
e0016830_22583833.jpg
「振子時計 SEED」「木の家」
e0016830_22585875.jpg
「ブックスタンド」
e0016830_22592260.jpg
「ツリーラック」「飾り台セット」
e0016830_22581302.jpg
「カエルのブックスタンド」「ネコのブックスタンド」
e0016830_16085685.jpg
「おくりもの」
e0016830_08102388.jpg
額絵「冬のある日」(左)「赤い手袋」(右)
e0016830_22580413.jpg
「キナリブローチ」

11月15日(日)13:00〜16:00
ワークショップ「木のボタンにもようを描きましょう!」 申込受付中!
奥田さんご夫妻がティール・グリーンにいらしてくださいます。
バーニングペンで木のボタンに模様を描きましょう。
  参加費 1000円(材料費含む)
  定 員 20名(予約優先・当日参加も可)
  13:00〜16:00の間におこし下さい。

本日から始まった「想造工房 木工展」、オープンと同時にいらしてくださった方、遠くから電車を乗り継いでいらしてくださった方など奥田さんファンのお客さまで賑わいました。皆さん、木の家を並べてどれにしようかと悩まれる姿がとても楽しそうです。
 奥田さんご夫妻の作品は、どれもがまるで「物語がうまれてくるような・・・」そんな作品ばかりです。静かで、声高な自己主張はしないけど芯にある熱い思いは伝わってきます。
今年は11月15日(日)にいらしてくださることが急遽決まりました。作家さんに会える貴重な機会です。皆さん、ぜひお立ち寄り下さいね。









[PR]
by teal-green | 2015-11-05 00:03 | 村長の日記2015

10月31日(土)ヤギの会による「ちいさな童謡コンサート VOL.3 〜あきのまき〜」

10月31日(土)の午後、ヤギの会の永田由利子さん、早田理恵さんをお迎えして「ちいさな童謡コンサート VOL.3 〜あきのまき〜」が行われました。
e0016830_00581409.jpg
毎回、トイピアノ、けん盤ハーモニカ、ウクレレ、太鼓など数々のかわいい楽器と、歌にあわせてだんだん秋の風景になっていくパネルシアターも楽しみです。
e0016830_00580399.jpg
「ヤギの会」でおなじみのしろやぎさんとくろやぎさんも登場。届いたお手紙を食べてしまう「♪やぎさんゆうびん」はヤギの会のテーマソングでしょうか?
e0016830_00575315.jpg
♪むしのこえ ♪紅葉 ♪山のワルツ ♪おすもうくまちゃん ♪ゆうやけこやけ ♪証城寺の狸ばやし ♪おつきさまみていてね・・・など秋のうたを15曲も楽しみました。
♪せんべせんべやけた、も懐かしい手遊び歌です。お隣の子とあそびました。

おやこで楽しむ ヤギの会による「ちいさな童謡コンサート」は赤ちゃんはもちろん大人の方にも好評で、春・夏・秋と三つの季節の歌を楽しんでいただいています。次回はいよいよ〜ふゆのまき〜です。ふゆのうたも楽しい歌、懐かしい歌がいっぱい、どんな歌が登場するでしょうか? みんなでいっしょに歌いましょう!

ヤギの会の永田由利子さん、早田理恵さん、ありがとうございました。
 コンサートにいらしてくださった皆さん、ありがとうございました。


[PR]
by teal-green | 2015-11-04 01:00 | 村長の日記2015

10月24日(土)第28回コガモ句会

10月6日(火)〜10月31日(土)
北見葉胡 絵本原画展「えほん はりねずみのルーチカ」
好評開催中!

10月24日(土)の夜7時より、俳人の土肥あき子さんを囲んで第28回コガモ句会が行われました。
今回の席題は、「〜 とは 〜」。
二つ以上の言葉が結びついて、それぞれの単語より複雑な一まとまりの観念を表す【連語】の句に挑戦しました。
e0016830_06034823.jpg
この日の高点句は、
 机とはぽつんと西日受けるもの (Sさん)
 落葉とは大地の飾り雨の朝 (Mさん)
 期待とは裏切られるものなり時計草 (Sさん)
 閑(しづか)とは野分けの去りし茜空 (Kさん)
 踊るとは風を呼ぶこと草の花 (Dさん)

今回3名の方が初参加でした。最高点句は初参加のSさん。半数を越す参加者の皆さんの共感を得て、土肥あき子さんからご褒美をもらいました。おめでとうございます。
「〜 とは 〜」初めてのテーマで、私は難しく思いましたが、皆さんの句を拝見すると「なるほど」と思う情景ばかり。あらためて俳句の世界の難しさと奥深さを思いました。精進しなくては!

土肥あき子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございます。
 皆さん、絵本屋の句会に参加してみませんか! お待ちしています。


[PR]
by teal-green | 2015-10-27 06:05 | 村長の日記2015

10月17日(土)北見葉胡さん・かんのゆうこさんギャラリートーク&サイン会

10月17日(土)、雨上がりの午後、『えほん はりねずみのルーチカ』の作者の北見葉胡さんとかんのゆうこさんをお迎えしてギャラリートーク&サイン会が行われました。
e0016830_03361951.jpg
北見葉胡さん(左)とかんのゆうこさん(右)の前で、種村が『えほん はりねずみのルーチカ』を読みました。
その後、種村がお二人にルーチカの絵本や童話シリーズについてインタビューしました。
北見さんの絵の奥行きのある透明感は、油絵の具を薄く何回も塗り重ねることで描かれているそうです。全部の絵を並べて描いているそうです。使われている絵筆も見せていただきました。
e0016830_03364419.jpg
「はりねずみのルーチカ」童話シリーズがうまれたきっかけをお話しくださるかんのゆうこさん。
2011年の震災で身内の方も被災され、かんのさんご自身が元気をなくされた時、ご自分を元気づける話を書きたいと思われたそうです。北見さんの世界観をイメージしながら、「葉胡さんの中にすむ小さなようこちゃん」にむかって短いお話を定期的にメールで送られ、それが「はりねずみのルーチカ」童話シリーズになりました。
だからフェリエの森は心やさしくあたたかいのですね。そして読み終わったあと、なんだか元気になるのです。

他にも、画面に描き込まれた小さなかわいいいきもののことや、登場人物の名前のことなどの質問にも丁寧に答えてくださいました。
e0016830_03371379.jpg
ティータイムは、赤スグリのジャムがのったクッキーとアップルティー。
クッキーはアーモンド入りとくるみ入りの2種。甘酸っぱい赤スグリのジャム、皆さんに喜んでいただけました。ルーチカが作ったジャムもこんな味がしたのでしょうか?
(小原美穂さん作)
クッキーを見ているのは、かんのゆうこさんがお持ちくださったアンティークのぬいぐるみの “はりねずみのルーチカ”です。木彫りのはりねずみの頭にはリンゴがひとつのっています。
e0016830_03384044.jpg
トークのあとはサイン会。読者の皆さんと談笑しながら丁寧にサインをしてくださいました。
e0016830_03390970.jpg
原画の前の北見葉胡さんとかんのゆうこさん。とっても仲のよいお二人です。
e0016830_03434816.jpg
池上にある花屋ニコさんが作ってくださった「秋の実もののブーケ」です。

北見葉胡さん、かんのゆうこさん、いらしてくださった皆さん、ありがとうございました。



[PR]
by teal-green | 2015-10-19 23:30 | 村長の日記2015

10月11日(日)「にっぽんのおにぎり」いただきます!


10月6日(火)〜10月31日(土)
北見葉胡 絵本原画展「えほん はりねずみのルーチカ」
開催中!

10月11日(日)、雨上がりの午後、フードライターの白央篤司さんと料理家の藤村公洋さんをお迎えして「にっぽんのおにぎり」いただきます! のトークイベントが開催されました。
e0016830_20544381.jpg
当日、皆さんといっしょにいただいたおにぎり2種(梅干し、煮穴子)といぶりがっこ(秋田県)とえび豆(滋賀県)。

e0016830_20542991.jpg
白央篤司/著 理論社 本体1400円

47都道府県のそれぞれの土地の食べ物でアレンジしたおにぎりを紹介した写真絵本。土地の歴史や風土も伝えてくれる“おにぎり風土記” です。
e0016830_20554285.jpg
当店の厨房にておにぎりをにぎる藤村さん。手際の良さに感動!
e0016830_20552725.jpg
煮穴子のまぜご飯です。
e0016830_20545442.jpg
まずは梅干しのおにぎり作りから。次々とできあがっていくおにぎりたち。

e0016830_23555973.jpg
おにぎりをいただきながら、白央さん(右)からこの本が出来たきっかけをお聞きしました。
編集者さんと「食育」の本を作ろうと話したとき、「大人の週末」という雑誌で2年半くらい郷土料理を調べていた白央さんは、各県に今でも豊かな郷土の名物や伝統的な料理が残っていることに感動し、その豊かな郷土食を紹介したいと思いました。それをわかりやすく紹介できるものは何かと考えて、おにぎりにたどりついたそうです。その後、それぞれの土地の郷土食のこと、参加者の皆さんからも出身地のたべもののお話などでたいへん盛り上がりました。
藤村さん(左)からもおにぎりの形のちがい、見開きで県毎に紹介するので並べてみたときにそれぞれがきれいに見えるためのご苦労などのお話をしてくださいました。
e0016830_12050308.jpg

それぞれご自分の本を持って記念撮影。白央さんはもちろん『にっぽんのおにぎり』、藤村さんは『病気になったバーテンダーの罪ほろぼしレシピ』(講談社)。理論社のYさん、Hさんとご一緒に。

白央さん、藤村さん、理論社さん、そして参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by teal-green | 2015-10-12 21:00 | 村長の日記2015

10月3日(土)pipioとあそぼう「デンマークのおみせやさん」


10月6日(火)〜10月31日(土)
北見葉胡 絵本原画展「えほん はりねずみのルーチカ」
開催中!

お天気も恵まれた10月3日(土)の午後、pipioとあそぼう「デンマークのおみせやさん」が行われました。
e0016830_02354922.jpg
おみせやさんに13名の子どもたちが参加してくれました。
e0016830_02360710.jpg
「Hej!」(ハイ!)「やあ!」
武本佳奈絵さん(右)と平澤朋子さん(左)、「おはなしとあそびをとどけるユニット pipio」のお二人。「pipioとあそぼう」シリーズも第4回目、今年のテーマは「デンマークのおみせやさん」です。

e0016830_02362464.jpg
「デンマークの国旗は?」みんないっせいに「これー!」
e0016830_02363849.jpg
平澤さんから、写真を見せてもらいながらデンマークを紹介してもらいました。
コペンハーゲンの街の様子や、レゴが生まれた国、そして世界的にも有名な童話作家アンデルセンが生まれた国であることをお話してくれました。
e0016830_02365773.jpg
武本さんによる紙芝居「雪の女王」、みんな身を乗り出して聞いています。
e0016830_06500472.jpg
「おやゆびひめ」の紹介も。
今回の「デンマークのおみせやさん」はアンデルセンの物語の世界がテーマです。
おふたりから、4つのお店の説明を受けました。
e0016830_03120373.jpg
さあ、おみせやさんの準備の始まりです。
今回は、4つのお店をオープンします。それぞれ、売り物のほかにも、お客さんに楽しんでもらおうとゲームを準備しました。

まずは「VS ゆきのじょおう」(モビールやさん)。
アンデルセンの物語を切り絵にしたモビールを売ります。
e0016830_05562195.jpg
モビールを袋にいれて手作りタグをつけます。
e0016830_05553763.jpg
ゲームは「ゆきのじょおう」のビー玉転がしゲームです。真ん中のカイとゲルタのところにたどりついたら、キラキラシールがもらえます。

つづいて、「マッチうりのしょうじょのゆめ」(オーナメントやさん)。
e0016830_03100185.jpg
フェルトのもみの木のオーナメントに、スパンコールをつけて飾ります。
e0016830_05235472.jpg
きれいなもみの木のオーナメントの出来上がり!
e0016830_05144179.jpg
お店タイムでは、輪投げゲームを楽しんでもらいました。

「おやゆびひめのかくれんぼ」(おかしやさん)

e0016830_05403676.jpg
看板を作ったり、
e0016830_04531511.jpg
紙をお花の形に切り、クッキーに貼っておしゃれにします。
e0016830_05410509.jpg
お店タイムでは、お花に見立てた手の中におやゆびひめをかくして、どっちに入っているかをあてっこします。「こっち〜!」
e0016830_05142030.jpg
「うーん、残念!」おやゆびひめはこっちでした。
e0016830_03092866.jpg
フェルトで手作りのかわいい「おやゆびひめ」と「ちょうちょ」

「ちいさなアンデルセン」(本屋さん)
 アンデルセンのように、たくさんのお話がかけるように中がしろい絵本を売ります。
この絵本に添えるカラフルなしおりを絵の具を使って作りました。
e0016830_05203953.jpg
幼稚園の女の子も真剣にしおり作りに挑戦!

e0016830_03101865.jpg
こんなにきれいなしおりが出来ました。
e0016830_06061810.jpg
白い絵本とカラフルしおりのセット。きれいですね。どれにしようか、まよってしまいます。
e0016830_06052586.jpg
e0016830_05133000.jpg
お店タイムでは、パズルゲームを楽しみました。パズルもきれい。ちょっと難しそうだけど、店員さんがアドバイスをしてくれました。

4つのお店、子どもから大人までたくさんのお客さまに来てもらうことができ、どれも大盛況でした。おみせやさんの子どもたちも、看板作り、商品作り、声かけ、商品の受け渡し、ゲームの説明など丁寧に一生懸命頑張りました。

この他の当日の様子です。
e0016830_06135639.jpg
おきゃくさんはこの看板を目印にご来店。
e0016830_06120807.jpg
オープンと同時にこんなにたくさんのお客さまがいらしてくれました。感謝です。
e0016830_06125227.jpg
会場の片隅には、「アンデルセン」コーナーも。「デンマークのおみせやさん」をきっかけにアンデルセンの物語を読む子がふえたらうれしいな〜

e0016830_06134303.jpg
気球に乗ったアンデルセンおじさんが「デンマークのおみせやさん」の一部始終を嬉しそうに見ていましたよ。
e0016830_06132297.jpg
私がこの日に買ったかわいらしいものたち。

pipioの武本佳奈絵さん、平澤朋子さん、お手伝いくださった中里恵さん、藤田美菜子さん、ジュニアリーダーのMさん、ありがとうございました。
「デンマークのおみせやさん」に参加してくれた皆さん、そしてお買いものに来てくれた皆さんもありがとうございました。




[PR]
by teal-green | 2015-10-08 08:20 | 村長の日記2015

10月6日(火)北見葉胡 絵本原画展「えほん はりねずみのルーチカ」始まりました。


秋晴れの10月6日(火)、北見葉胡 絵本原画展えほん はりねずみのルーチカ」が始まりました。
e0016830_23193497.jpg
e0016830_01235577.jpg
かんのゆうこ/文 北見葉胡/絵 講談社 本体1400円

今年の6月に刊行された『えほん はりねずみのルーチカ』。かんのゆうこさんと北見葉胡さんによる人気児童文学作品の『はりねずみのルーチカ』童話シリーズが絵本になったのです。
全ページが美しいカラー絵で描かれています。今回、その全ての原画を展示させていただきました。北見葉胡さん、かんのゆうこさん、講談社さん、ありがとうございます。
e0016830_23200984.jpg
ティールームは、北見さんの透明感のある美しい原画のおかげでまるでフェリエの森のよう。
e0016830_23204595.jpg
心やさしいルーチカたちを見ていると、穏やかな気持ちになります。
原画の中からちいさなものたちのささやきが聞こえてくるようです。

絵本や童話の他、北見葉胡さんのポストカードも販売しています。

10月17日(土)ギャラリートーク&サイン会   申込受付中!  
 絵本の原画を鑑賞しながら、北見葉胡さんが皆さんからの質問に答えてくださいます。
 絵本の世界そのままの雰囲気の北見葉胡さんから、絵本作りのこぼれ話などをお聞きしたいと思います。どうぞお楽しみに!
 14:00〜15:30/トーク               
  *定 員  20名(要予約)  *参加費  500円(お茶・小さなお菓子付き)
 15:30〜 /サイン会
  *参加自由、無料

かんのゆうこさん、北見葉胡さん、おふたりから紡ぎだされるフェリエの森の世界をお楽しみください。
 皆さまのお越しをお待ちしています。
 



[PR]
by teal-green | 2015-10-06 23:28 | 村長の日記2015

9月26日(土)蜜ろうのキャンドル作り


 9月8日(火)〜10月2日(金) 
     なかじまかおり「おつきさまのうた」と夜のものがたり 
開催中!

9月26日(土)、前日までの雨もあがりました。
9月のおはなしの会のあと、おはなしの会で使うろうそく「蜜ろうのキャンドル作り」のワークショップをしました。
e0016830_21042766.jpg

ご近所にある株式会社 おもちゃ箱の鍋谷 嶺さんに協力していただき、子どもたちにキャンドル作りを教えていただきました。
e0016830_23505427.jpg
ハニーコムシートとキャンドル芯、デコレーションワックスを使います。
e0016830_21043971.jpg
キャンドル芯にハニーコムシートを巻き付けるだけでキャンドルの出来上がり。
e0016830_23512097.jpg
e0016830_23513305.jpg
そして、デコレーションワックスで飾りをつければ・・・
e0016830_23520295.jpg
こんなに楽しいキャンドルの出来上がり。
おはなしの会で火をともすのが楽しみです。

今日27日は中秋の名月。灯りを消してキャンドルナイトで過ごすのも良いですね。
明日の満月も楽しみです。

おもちゃ箱の鍋谷 嶺さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。






[PR]
by teal-green | 2015-09-27 22:07 | 村長の日記2015