カテゴリ:イベント情報( 44 )

ベリンダ・ダウンズ「ようこそ あかちゃん」絵本原画展 始まりました。

e0016830_12584431.jpg
         ベリンダ・ダウンズ/さく せなあいこ/やく 評論社

本日3月11日(火)より、ベリンダ・ダウンズ「ようこそ あかちゃん」絵本原画展が始まりました。
イギリスの刺繍作家ベリンダ・ダウンズさんの美しく愛らしい刺繍でつづるママと赤ちゃんの絵本の原画展です。ひと針ひと針に込められた作家の思いを感じながら、ご覧いただけたら嬉しいです。布選び、色の組み合わせ、針使いなど、手仕事の好きな方もお楽しみいただけます。
2週間ずつ、前半・後半で全点展示いたします。

e0016830_11354091.jpge0016830_11345849.jpg



3月29日(土)『羊毛と布のコラージュワッペンを作ろう!』    申込受付中!
e0016830_0271253.jpg
          ①13:00〜14:15
          ②14:30〜15:45
          ③16:00〜17:15
●講 師 Rice&Baguette 主宰 花澤実子さん
●定 員 各回5名 小学生から大人
●講習料 1000円(材料費、お茶・お菓子付き)
●持ち物 ニードル針、ニードルマット、ハサミ、裁縫道具
●上記4種類(赤ちゃん、花、白い鳥、くま)のワッペンからお好きなワッペンを1点お選びください。

村長のつぶやき
今年もまた3月11日を迎えました。
夜、NHKの番組で“あの日 生まれた命”をみました。あの日、生まれた赤ちゃんはそれぞれ苦難の中でたくさんの人の力によって守り抜かれた、本当に尊い命です。生まれてきてくれた子どもたちの未来が少しでも明るいものであってほしいと願います。そして、私自身、自分になにができるかを問いかけていきたいと思います。
[PR]
by teal-green | 2014-03-11 22:54 | イベント情報

2月17日(月)ハンドメイドフェルト教室「春の子どもたち」と2月22日(土)人形劇「ホレおばさん」

2月17日(月)に花澤実子さんのハンドメイドフェルト教室が行われました。
e0016830_8123215.jpg

今回、作ったのは『春の子どもたち』〜子どもたちがモバイルクリーナーになって大活躍! お好きな子どもを3人作りましょう〜

e0016830_8341635.jpge0016830_8342970.jpg
(左)ジビュレ・フォン・オルファース/絵 ヘレン・ディーン・フィッシュ/文 石井桃子/訳編
童話館出版
(右)ジビュレ・フォン・オルファース/作 秦 理絵子/訳 平凡社



1906年に出版されたドイツの古典絵本からイメージした「春の子どもたち」。
春が近づいてくると、地面の下で過ごす花の精や草の精の子どもたちは目をさまして地面の上の春のしたくを始めます。そして、春になるとそれぞれの花を手に捧げ持ち、外の世界にくり出していくのです。美しい四季のめぐりを小さな生き物たちを通して描いたオルファースの代表作です。

そんな“根っこの子どもたち” “ねっこぼっこ”を思い描きながら、そして春の訪れを期待して皆さんで可愛い「春の子どもたち」を作りました。今回はお花の制作がポイントのようでした。
Rice&Baguette主宰の花澤実子さんの丁寧な指導のもと、初めて参加した方も多かったのですが、和気あいあいと楽しそうに作業してらっしゃいました。

e0016830_8143155.jpgこの日のケーキは、「マッターホルン」。
カスタードクリーム&生クリームでいちごをサンドしたものが中に入っています。
紅茶はアッサムティーでした。







2月22日(土)ティール・グリーンのおはなしの会 人形劇「ホレおばさん」がありました。
e0016830_910464.jpg
羊毛で作られた人形が落ち着いた語りに合わせて静かにいきいきと動き出すパオの人形劇、まるでお能の舞台を観ているようで、初めて観た時の驚きが忘れられません。たくさんの方に観ていただきたいと思い、毎年2月のおはなしの会は人形劇パオの会の皆さんにお願いしています。
今回演じてくださったのは「ホレおばさん」(グリムの昔話)です。
やさしい娘がホレおばさんの羽布団をよく振るうと雪が降るシーンは、雪の多いこの冬は想像しやすかったのではないでしょうか。
雪が降ると、「ああ、ホレおばさんが布団を振るってる」と思ってくれる子どもがふえたら嬉しいです。
毎年2月は人形劇ですので、今年観られなかった方もぜひ来年をお楽しみになさって下さい。
パオの皆さん、素敵な人形劇をありがとうございました。
[PR]
by teal-green | 2014-02-23 09:52 | イベント情報

1月25日(土) コガモ句会のこと

1月25日(土)の夜、俳人の土肥あき子さんを囲んで、第21回コガモ句会がありました。
e0016830_23323829.jpg
この日は、初天神。亀戸や湯島で鷽替え(うそかえ)が行われました。
鷽替えとは、鷽鳥をかたどった「神符」を年頭に受けて神棚にまつり、1年の中で知らず知らずについてしまった嘘(=鷽)をこの神符に託して、翌年神前に納め罪を滅ぼし、また、今までの悪い出来事も「うそ」として祓い清め、吉に取り替える(=鳥替える)という縁起の良い神事だそうです。
そこで、この日の席題は、「嘘」。「嘘」と季語を組み合わせて一句、でした。
e0016830_22575725.jpg
          (左)亀戸天神の鷽鳥(右)湯島天神の鷽鳥
 鷽はアトリ科の鳥。胸が赤く、頭が黒いのが特徴だそうです。亀戸、湯島、それぞれ可愛いですね。

この日の高点句は、
 病室のやさしき嘘と水仙花      (Tさん)
 新年の抱負ちょっぴり嘘まじり    (Kさん)
 うそつきのマフラーぎゅっと巻き直す (Dさん)
 雪融けの大地に嘘はなかりけり    (Kさん)
 嘘のぶんざくりと踏んだ霜柱     (Mさん)

「嘘」と冬の季語の組み合わせはなかなか難しかったです。

e0016830_23315020.jpg
この日のお菓子は、りんごのムース。紅茶はダージリンでした。






次回のコガモ句会は、4月12日(土)です。
俳句を通して、日本の様々な季節を彩る行事を知ることもできます。
春の句会、皆様ぜひご参加ください!
[PR]
by teal-green | 2014-01-27 22:37 | イベント情報

ハンドメイドフェルト教室の追加募集のお知らせ

寒い日が続いています。
皆さん、風邪をひかぬよう、手洗いとうがいに励んで下さいね。

花澤実子さんのハンドメイドフェルト教室の追加募集のお知らせです。

皆さんにいつも好評の花澤実子さんのハンドメイドフェルト教室、2月17日(月)は定員となりました。そこで追加教室の募集をいたします。

              『春の子どもたち』
〜子どもたちがモバイルクリーナーになって大活躍! お好きな子どもを3人作りましょう〜
e0016830_16384927.jpg

●日時   3月10日(月)10時〜13時
●定員   6名(要予約)
●講習料  3200円(材料費、お茶お菓子付き)
●持ち物  フェイスタオル2枚、固形石鹸、ハサミ、ニードル針とニードルマット

それぞれのお花を抱えた「春の子どもたち」、こんな可愛い子がパソコンのそばにいたら、思わずニコニコ、仕事がはかどりそうですね。
皆様のご参加をお待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2014-01-23 16:39 | イベント情報