カテゴリ:イベント情報( 44 )

10月18日(土)“どんぐりを食べる”ワークショップ

10月18日(土)秋晴れの午後、いわさゆうこさんの「どんぐりを食べる」ワークショップが行われました。
e0016830_05264278.jpg
いわささんからどんぐりの種類などのお話をききました。

そして、いよいよどんぐりパンケーキ作りです。
e0016830_05164456.jpg
まず、ペンチでどんぐりの殻を割り、食べてみました。マテバシイはそのまま食べることができました。
幼い頃、マテバシイをフライパンでいって食べたこともある方も!
e0016830_05192059.jpg
次は、どんぐりをミルで粉にしました。
e0016830_05172878.jpg
どんぐりの粉に小麦粉、砂糖、塩、ふくらし粉、水、油、酢をあわせて混ぜたものを、
e0016830_05174763.jpg
たら〜りとフライパンで焼いたら、パンケーキの出来上がり。ほのかにどんぐりの風味がしました。

次は、どんぐりだんごに取り組みました。
e0016830_05282401.jpg
いわささんが事前に6〜8時間くらいあく抜きをして下さったどんぐりをつぶします。
e0016830_05344391.jpg
つぶしたどんぐりに白玉粉を混ぜて、耳たぶくらいの固さになったら、
e0016830_05285388.jpg
丸めます。どんぐりのつぶが残っているのも美味しそう!
e0016830_05292113.jpg
まるめただんごをたっぷりのお湯でゆでます。鍋底から浮き上がってきたらできあがり。
e0016830_05294515.jpg
どんぐり色したおだんごです。きな粉と黒蜜をかけていただきました。
e0016830_05443486.jpg
おだんごもどんぐりの風味がして美味しかったです。きな粉と黒蜜もよくあいます。
e0016830_06062439.jpg
どんぐりパンケーキとどんぐりだんごです。
e0016830_05301535.jpg
ワークショップの後は、サイン会。
かわいいどんぐり君のサインです。

「どんぐりを食べる」、ふだんなかなかできない体験をすることができました。
初めてどんぐりを口にした方も多かったのではないでしょうか? 私も初めての体験でした。
同じどんぐりでも、ほのかに甘くて栗のような味がするものや、渋いもの、いろいろです。いわさゆうこさんの『どんぐりノート』(文化出版)や『どんぐりハンドブック』(文一総合出版)『コロコロどんぐりみゅーじあむ』(アリス館)を片手にどんぐり拾いにでかけたら楽しいことでしょう。
この体験が、身近な自然に目を向けるきっかけになってくれたら嬉しいです。
いわさゆうこさん、参加して下さった皆さん、ありがとうございました。






[PR]
by teal-green | 2014-10-21 06:29 | イベント情報 | Comments(0)

10月7日(火)いわさゆうこ「どんぐり」原画展が始まりました。

e0016830_07114771.jpg
10月7日(火)、いわさゆうこ「どんぐり」原画展が始まりました。
e0016830_07121758.jpg
e0016830_07123581.jpg
e0016830_07133691.jpg
昨年9月に「どーんとやさい」絵本原画展をさせていただいた いわさゆうこさん。今年は「どんぐり」です。『どんぐりノート』(いわさゆうこ・大滝玲子/著 文化出版局)『コロコロどんぐりみゅーじあむ』(アリス館)などどんぐり研究家でもあるいわさんの「どんぐり」が勢揃いしました。
ティールーム入って右側は旧タッチの作品、左側は新タッチの作品です。見比べてみるのも興味深いですよ。
e0016830_07265188.jpg
e0016830_07263325.jpg
“どんぐりと遊ぼう”コーナーも! どんぐりコマややじろべいなど。トチの実のやじろべい、必死で絶妙なバランスを保っています。かわいいですね。
e0016830_08205903.jpg
9月に刊行された最新刊の『くらしに役立つ木の実図鑑』(柴田則夫/監修、いわさゆうこ・高田昌江/著 PHP研究所 本体3000円)も入荷しています。
e0016830_07261769.jpg
「どーんとやさい」シリーズ4作目の『ごんごろ じゃがいも』(童心社)の原画も展示しています。
e0016830_07142644.jpg
アンケートの言葉から
どんぐりの魅力は?
 かわいい! すてき! りっぱ! 食べられる! さわりたくなる! ひろいたくなる!
みなさんへ
 ひととちがっていても、自分にはとてもおもしろく思えることに出会ったら、それはとてもラッキーなことのはじまりだと思いますよ。

ティール—ムはまるで“どんぐりの森”に迷い込んだようです。
 パステルペン、色鉛筆、鉛筆で丁寧に描かれたどんぐりたち、いわささんが描くどんぐりは品があって美しいです。私もこの機会に、スダジイ、マテバシイだけでなく、たくさんのどんぐりが見分けられるようになりたいと思います。
皆さん、かわいいどんぐりたちに会いにいらして下さいね。お待ちしています。


[PR]
by teal-green | 2014-10-08 07:15 | イベント情報 | Comments(0)

10月4日(土)pipioとあそぼう「スウェーデンのおみせやさん」


e0016830_08292631.jpg
10月4日(土)の午後、pipioとあそぼう「スウェーデンのおみせやさん」が開催されました。       
e0016830_08295466.jpg
pipioのお二人、武本佳奈絵さん(絵本マスター/右)と平澤朋子さん(イラストレーター/左)、お洋服までスウェーデンの国旗の色。「Hej!」(ヘイ!)「こんにちは!」子どもたちもワクワクどきどき、楽しい時間の始まりです。       
e0016830_08353201.jpg
スウェーデンのラッセくんから手紙とプレゼントが入った袋が届きました。スウェーデン語の手紙を読む平澤さん、「Hej!・・・スウェーデンのおみせやさんを楽しんで下さい!」
みんな真剣なまなざしで聞いています。
e0016830_08341340.jpg
袋の中からスウェーデンの絵本『ちいさなちいさなおばあちゃん』(エリサ・ベスコフ/作・絵 石井登志子/訳 偕成社)が。武本さんの声に合わせて子どもたちも「ちいさな ちいさな・・・」といっしょに楽しみました。
e0016830_08355249.jpg

絵本の後は、おみせやさんの説明がありました。スウェーデンの伝統工芸品のダーラへストとダーラへスト形のクッキーを手にもつ平澤さん、おかしやさんはどんな作業をするのかな?
さあ、作業の開始です。
e0016830_23305993.jpg
ガーランドを作ったり・・・
皆、真剣な表情ですね。
e0016830_23314179.jpg
e0016830_23364859.jpg
看板を作ったり・・・
e0016830_23383403.jpg
おかしやさんは、先ほどのダーラヘスト形クッキーに飾りをつけたり・・・
e0016830_23414396.jpg
おもちゃやさんはダーラへストのワッペンを作ったり・・・
e0016830_23490159.jpg
ぶんぼうぐやさんはノートの中身を作ったりしました。表紙は買ってもらう時に好きな色を選んでもらいます。
午後3時、それぞれのおみせやさんの準備も整いました。
さあ、いよいよおみせやさんのオープンです!
e0016830_23552580.jpg
e0016830_23593509.jpg
おかしやさんは大繁盛! ラムネを当てるゲームもあります。「どっちに入っているのかな?」
e0016830_00004428.jpg
おもちゃやさんは、さっき作ったカラフルなダーラへストのワッペン釣りのゲームです。「どんな模様のワッペンかな?」釣りあげてからのお楽しみ!いろんな形の風船もあります。
e0016830_23440506.jpg
ぶんぼうぐやさんは、好きな表紙を選んでもらってノートを完成させます。
オリジナルの折り紙やガーランドのセットもいっしょにどうぞ。
e0016830_00120139.jpg
今回のおみせやさんで購入したものです。
袋に入っていたスウェーデンの地図は、スウェーデン大使館のご厚意でプレゼントしていただきました。
e0016830_00154497.jpg
この地図もスウェーデン大使館からいただきました。
子どもたちにとって、まだ行ったことのない遠い国スウェーデンがなんだか急に近い国になりましたね。
スウェーデン大使館の皆さん、ありがとうございました。
e0016830_00161256.jpg
e0016830_00252961.jpg
エリサ・ベスコフ、ニルスなどのスウェーデンの絵本やグッズコーナーです。
ふだんなかなか見てもらえないベスコフの洋書も皆さんに見てもらえてなんだか嬉しそうですね。
e0016830_00334090.jpg
午後4時、おみせやさんも完売となり、閉店です。
皆さん、よく頑張りましたね。お疲れさまでした。
最後にpipioの武本さん、平澤さんからスタッフの皆さんにプレゼントがくばられました。
大盛況の「スウェーデンのおみせやさん」、これにて終了です。

「今度はどこの国?」子どもの誰からともなく聞こえてきた声がとても嬉しく、思わずpipioのお二人と顔を見合わせて「どこにしよう〜?」。
今まであまり知らなかった国 スウェーデンを少しでも身近に感じてもらえたら嬉しいです。

pipioの武本佳奈絵さん、平澤朋子さん、お手伝いくださった中里恵さん、高山留美さん、スウェーデン大使館さん、ありがとうございました。
参加してくれた皆さん、そしてお買い物に来てくれた皆さんもありがとうございました。



[PR]
by teal-green | 2014-10-06 23:55 | イベント情報 | Comments(0)

NEWS 10月〜11月の原画展のお知らせ

10月から11月の原画展のお知らせです。                            
いわさゆうこ「どんぐり」原画展
                     
10月7日(火)〜11月1日(土)
e0016830_04160396.jpg
       いわさゆうこ/作 アリス館 本体1600円                                                         昨年9月の原画展で好評だった「どーんとやさい」シリーズ(童心社)や、「どんぐりノート」(文化出版局)「コロコロどんぐりミュージアム」(アリス館)など自然科学の絵本を数多く出されているいわさゆうこさん。今年は、子どもから大人まで広く愛されている「どんぐり」の原画展です。                                  10月18日(土)                                 ●13:30〜15:00/いわさゆうこさんのどんぐりのお話とワークショップ      *マテバシイやアラカシのどんぐりを使ったパンケーキやおだんごを作りましょう!    ・定員 15組(3歳〜大人)小さいお子さんは保護者の方とご参加ください(要予約)  ・参加費500円(材料費、お茶)                         ●15:15〜17:00/サイン会                          ・参加自由、無料                                                                                           
広瀬 弦 「西遊記」原画展
            
11月4日(火)〜11月29日(土)
                                  
e0016830_05070966.jpeg
               
全10巻
                       
斉藤洋/文 広瀬弦/絵 理論社 本体1400円
         
石から生まれた猿、孫悟空の波乱に満ちた大冒険を斉藤洋さんと広瀬弦さんが新しい視点で描いた『西遊記』。最強ファンタジーの世界をお楽しみください。                       
11月22日(土)
●13:30〜15:00 斉藤洋さんと広瀬弦さんの対談 
児童文学作家の斉藤洋さんと画家の広瀬弦さん、お二人から『西遊記』の制作秘話や読書の楽しみについてお話しいただきます。
・定 員  20名(要予約)                            ・参加費 500円(お茶・お菓子付き)                       ●15:15〜17:00 サイン会                         ・参加自由、無料                                                                            10月3日(金)までの「どいかや絵本原画展ーどうぶつたちといっしょー」も好評開催中です。読書の秋、原画にふれることによって物語の世界をより深く味わうことができたら嬉しく思います。どうぞ、お楽しみに!       

[PR]
by teal-green | 2014-09-29 05:58 | イベント情報 | Comments(0)

9月20日(土)どいかやさん ギャラリートーク&サイン会のこと

9月20日(土)の午後、どいかやさんをお迎えしてギャラリートーク&サイン会が行われました。小学生から大人まで どいかやさんファンの皆さんで会場はいっぱいになりました。
e0016830_00324444.jpg
幼い頃、とくに絵本が大好きというのではなく、おばあさまのお膝に頭をのせながらたくさんのお話を聞いていたそうです。絵本っておもしろいと意識したのは、中1の時、友だちがもっていたレイモンド・ブリックスの『さむがりやのサンタ』。その後、美大の「絵本クラブ」に入り、自作の絵本を作り、学生ホールなどで発表したりしていたそうです。まだ、絵本が今のように子どもから大人まで読まれていない1980年代のことです。それからも公募展に応募したり、絵本作りのワークショップに参加したりしながら絵本と取り組んできました。
e0016830_00332204.jpg
デビュー作の『チップとチョコのおでかけ』をはじめ、『みけねこキャラコ』『かえるのピータン』『ねこのうたたね』『チリとチリリ』シリーズ、『ナナカラやまものがたり』、展示されている原画の絵本のことを一冊ずつ丁寧にお話していただきました。「暮らしの中でいいなと思ったことを誰かに聞いてもらいたくて絵本を描いています。」「生きていくのに必要で大切なこと、自分の経験の中から伝えたいことを描いていきたいな」という言葉が印象に残りました。お茶を飲みながらの質問タイムでも、たくさんの方からの質問に丁寧に答えて下さいました。
e0016830_00393622.jpg
プレゼントの花束を参加した子どもたちに手渡してもらいました。
e0016830_00425161.jpg
今回の花束も池上の花屋「wnico」(ニコ)さんにお願いしました。ナチュラルな どいかやさんにぴったりの素敵な秋の花束です。
e0016830_00435617.jpg
サイン会でも一人一人丁寧にかわいいサインをしてくださいました。テーブルの上にある羊毛フェルトでできた「チリとチリリ」は、小5の女の子の作品です。ニードル針で上手にフェルト絵を描いています。この夏休みに制作したそうです。素晴らしいですね!
e0016830_00444731.jpg
どいさんのサインを真剣に見つめる4才の女の子、きっと素敵な思い出になることでしょう。
e0016830_00464561.jpg
笑顔が素敵などいかやさん。絵本の雰囲気そのままの穏やかでやわらかいけど、凛とした方でした。
e0016830_00472584.jpg
お菓子は、くるみとレーズンが入ったシナモン風味のクッキーでした。 アッサムティーと。                                          豊かな自然の中で8匹の猫たちと暮らすどいかやさん、古いものを大切にして暮らすどいさんのお話を伺って、自分の暮らし方について考えさせられました。たくさんの気づきのあるお話でした。                                     また「服を10年買わない」を『ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。』(白泉社)で知った時はびっくりしましたが、そのチャレンジも9年目だそうです。リユースしたり、リメイクしたり、楽しそうにチャレンジされているのが素敵だなって思いました。見習いたいな!     どいかやさん、ありがとうございました。そして、参加して下さった皆さん、ありがとうございました。                                     10月3日(金)まで原画展は続きます。皆さん、すてきなどいかやさんの原画を見にいらして下さいね。
[PR]
by teal-green | 2014-09-22 07:10 | イベント情報 | Comments(0)

9月9日(火)どいかや絵本原画展ーどうぶつといっしょー 始まりました。

e0016830_15182662.jpg
9月9日(火)より、どいかや絵本原画展ーどうぶつといっしょーが始まりました。
e0016830_15204344.jpg

e0016830_1645375.jpg
どいかやさんの初期の作品『チップとチョコ』シリーズ(文溪堂)から『みけねこキャラコ』(偕成社)『かえるのピータン』(ブロンズ新社)『ねこのうたたね』(教育画劇)『チリとチリリ ちかのおはなし』(アリス館)、最新刊の『ナナカラやまものがたり』(童心社)までの原画を展示しています。今回は身近な動物たちを描いた絵本を中心にした展示です。
e0016830_5552013.jpg
最新刊の『ナナカラやまものがたり』は民話風の物語絵本です。自然とともに生きていくということはどういうことなのかなど今の私たちに何が大切なのかをを伝えてくれています。和紙に描かれているのですが、その風合いをお楽しみください。週替わりで展示します。
e0016830_15202180.jpg

e0016830_15223495.jpg
サイン本の他、描きおろし作品、オリジナルポストカード、メモパッド、レターセット、ガーゼハンカチなども販売しています。

どいかやさんへのアンケートも必見!
子どもの頃、好きだった遊びは? ゴムとび、ままごと、あやとり・・・などとともに自転車も。そういえば、チリとチリリはいつも自転車に乗ってお出かけしてますね。
どいかやさんからみなさんへ
原画展をみにきて下さってありがとうございます。いつも絵本ができあがった直後は「絵がヘタだなあ…」と落ちこむんですが、何年かたってあらためて見ると、「自分、けっこうがんばってたじゃないの」と思えるんです。それぞれの絵本の絵はその時にしか描けない絵でした。絵本によって全然ちがうような、いつも同じような・・・どうでしょうか???

9月20日(土)ギャラリートーク&サイン会        
自然豊かな環境で暮らすどいかやさんから、絵本作りのお話や動物たちとの暮らしについてお話していただきます。「ペットショップにいくまえに」の活動のお話も!
14:00〜15:30/トーク      定員になりました
*定員  20名(要予約) *参加費  500円(お茶・お菓子付き)
15:45〜17:00/サイン会
*参加自由、無料

ティール・グリーンでは7年ぶりのどいかやさんの原画展、今回はどいかやさんの初期の作品から最新作まで並ぶぜいたくな展示です。どいかやさん、ありがとうございます。
また、この原画展は柏市にある仲間の児童書専門店「ハックルベリーブックス」さんとの共同企画です。当店の直前に開催されたハックルベリーブックスさんでも皆さんに大好評だったそうです。
誰もが持っている色鉛筆から描かれるねこやいぬなどのたくさんの動物たち、どいかやさんのその時その時の思いがこもった絵を観ていると、ただ可愛いだけの動物ではないのです。たくさんのメッセージが伝わってきます。
20日のギャラリートークでのお話もたいへん楽しみです。
みなさん、ぜひお出かけくださいね。お待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2014-09-10 07:03 | イベント情報 | Comments(0)

7月28日(月)藍の生葉の叩き染め

e0016830_1435149.jpg
7月28日(月)、青空のもと、夏休み親子教室・花澤実子の手仕事の時間 〜藍の生葉の叩き染め〜 『藍の葉っぱで不思議なプリントTシャツを作ろう!』が行われました。
e0016830_12202366.jpg

e0016830_1555295.jpg
まず、タデ藍の葉をテープでTシャツに貼ります。
e0016830_212100.jpg
続いて、ペットボトルのフタの部分で葉の端から叩きます。そうすることによって葉の中に含まれている藍のインジゴ色素がTシャツ繊維に染まります。
e0016830_284435.jpg
花澤実子さん(右)が着ているTシャツも藍の叩き染めの作品です。かわいいドクロ模様がおしゃれですね。午前の部は小学1年生〜4年生の子どもたちが参加してくれました。
e0016830_2144692.jpg
e0016830_2151640.jpg
叩きおわったら、テープをはがして、洗剤でよく洗い流します。
e0016830_2194436.jpg
脱水し、乾かします。酸素と結合して、緑色から青緑に変化します。
乾いたら、布用アクリル絵の具や麻布、ボタンなどでアレンジして、出来上がり。
e0016830_2234245.jpg
午後の部は、4歳と5歳の子が参加してくれました。楽しそうに葉っぱを並べたり、ペットボトルで叩いたりしていました。スタッフも私も参加しました。夢中で叩き、良いストレス解消になりました。風に揺れるTシャツの下で記念撮影。

e0016830_2283568.jpg
この日のお菓子は、オレンジのお魚やラムネが入ったうみ色ゼリーでした。








藍の生葉の叩き染めがこんなに簡単にできるとは思いませんでした。
葉脈まで綺麗に転写できていました。
家に帰ってから、線を描きいれたり、麻布をはったりして思い思いの模様に仕上げて下さい。素敵なTシャツになりますね。また、完成したTシャツを見せにきて下さいね
花澤実子さん、参加して下さった皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by teal-green | 2014-07-30 01:50 | イベント情報 | Comments(0)

7月26日(土)山口マオさんギャラリートーク&サイン会

7月26日(土)うだるような暑さの中、千葉県の千倉から、山口マオさんが大きなスーツケースと大きな楽器(?)を抱えていらして下さいました。
e0016830_234650100.jpg
この日は、定員を超す25名の方が参加して下さいました。まるで満員電車のようでした。山口マオさんと最前列の方との距離も1メートルもありませんでした。
皆さん、開始時間のずいぶん前から集まって下さり、トークが始まる前からすごい熱気です。
e0016830_23472370.jpg
幼稚園の時に描いた絵を見せて下さったり、マオさんのイラストが描かれたTシャツを着た宮澤りえさんの写真など若い頃のイラストレーターとしてのお仕事を見せていただいたりしてから、いよいよ絵本のお話になりました。
e0016830_0442980.jpg
最初は、『わにわにのおふろ』。参加者の方に読んでいただきました。(写真は読み聞かせに合わせて絵本を見せて下さるマオさん)皆さん、読み聞かせの活動をなさっているのでしょうか? 楽しそうに読んでいました。
「わにわに」の誕生秘話やワニの生態の話、小風さちさんとのエピソードなど興味深いお話ばかり。
『わにわにのごちそう』の読み聞かせとお話のあとの、
e0016830_23501289.jpg
『わにわにのおでかけ』では、なんと薩摩琵琶が登場しました。大学時代から弾き始めたそうです。
e0016830_23514715.jpg
琵琶語りによる『わにわにのおでかけ』。祭の夜のお出かけ、橋を渡るシーン、虫の声などが、琵琶の演奏とともにマオさんが詠い上げられました。素晴らしい琵琶語りでした。
『わにわにのおおけが』『わにわにとあかわに』と続き、
e0016830_23534262.jpg
『でんしゃごっこ』『あむ』『あむとあおいリード』はマオさんご本人が読み聞かせして下さいました。胸に迫るものがありました。『わにわにのおでかけ』に登場している黒い犬はあむではなくムンクでした。
そして、いよいよ版画の刷りの実演です。
e0016830_23541768.jpg
マオさんの大きなスーツケースの中から、版画の道具がたくさん出てきました。子どもたちには初めて見るものばかり、皆かぶりつくようにして見ていました。マオさんの手際の良い手の動きに目が釘付け。
マオ猫などの刷りを見せていただいたあと、いよいよわにわにの登場です。
何が出てくるのかな?
e0016830_2355884.jpg
最初、赤い点が現れ、だんだんグレイのハサミの先、水色のハサミの握りの部分、黄土色の段ボールなどが加わっていき、緑のわにわにが現れました。のっぺりしたわにわにです。
最後に、黒いわにわにの模様の線の刷りです。和紙が版木からめくられて現れたのは、
e0016830_23571346.jpg
私たちの大好きな、あの「わにわに」でした! 思わず、皆さんから「でたー!」という声がかかりました。『わにわにのおおけが』のなかの1枚です。
ひとつの色に3回は刷るので、1枚の絵ができあがるのに何十回と刷ることがわかりました。
今回見せていただいた絵も7色なので21回も刷りをくり返してました。
でも、まったくぶれることなく刷り上げられるのを見て「すごーい!」の声があがりました。
e0016830_001512.jpg
版木と刷り上がった作品を手にするマオさんに、拍手喝采!
わにわにの誕生に立ち会え、皆さん大満足でした。

サイン会でも、
e0016830_013532.jpg
一人一人、丁寧に希望を聞いて下さり、皆さん嬉しそうに絵本を抱えて帰られました。

e0016830_0877.jpg
わにわにとあかわに、かわいいですね。世界に一冊、自分だけの本です。作家さんから手渡された本は一生の宝ものとなることでしょう。

e0016830_09579.jpgこの日のお菓子は、カスタードクリームの上にみかんジュレがのった冷菓です。









猛暑の上、満員電車状態の会場だったので、気分が悪くならないか心配だったのですが、山口マオさんの熱のこもった講演、琵琶語り、版画の実演と盛りだくさんの内容に皆さん暑さを忘れるほどだったのではないでしょうか。
山口マオさん、参加してくださった皆さん、サイン会にいらして下さった皆さん、ありがとうございました。
原画展は、8月2日(土)まで続きます。
ぜひ、お出かけください。お待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2014-07-28 00:31 | イベント情報 | Comments(0)

7月12日(土)第23回コガモ句会のこと

連日、蒸し暑い日が続いています。皆さん、熱中症に気をつけてお過ごしください。
やはり猛暑日となった12日の夜、俳人の土肥あき子さんを囲んで第23回コガモ句会が行われました。
e0016830_2313635.jpg
この日の席題は、「七夕・星祭・天の川 」。
土肥あき子さんから、中国から伝来し奈良時代に広まった伝説(牽牛と織女)と、手芸や芸能の上達を祈願する中国の風習が入り交じり、日本特有の行事となったという七夕の由来のお話を聞いた後、それぞれ俳句作りに取りかかりました。
この日の高点句は、
  サバンナにキリン眠りて天の川  Kさん
  天の川地中に響く水琴窟     Sさん
  指先で橋かけ渡す天の川     Yさん
  多すぎる願いにしなう七夕竹   Tさん
  短冊に書けぬ願いや星祭     Mさん
小学3年生のIちゃんの
  七夕やはやく書かなきゃねがいごと 
素直で幸福感にあふれた句ですね。ちゃんと点が入りました。
どれも、情景が目に浮かぶ素敵な句が多く、点盛りに困りました。  
e0016830_16131050.jpg

講評のあとは、高点句の方に土肥あき子さんから俳句手帳などのご褒美が手渡されました。

e0016830_239382.jpgこの日のお菓子は、カシスとヨーグルトのムース、紅茶はアールグレイでした。









コガモ句会もいつの間にか23回目を迎えました。
毎回、俳句をひねるのは苦労しますが、皆さんの句を拝見したり、先生の講評をお聞きするのは楽しい時間です。
皆さん、一緒に俳句を作ってみませんか!
[PR]
by teal-green | 2014-07-13 16:13 | イベント情報 | Comments(0)

7月8日(火)山口マオ原画展ーわにわにとなかまたちー始まりました。

e0016830_1837017.jpg
7月8日(火)より、山口マオ原画展ーわにわにとなかまたちーが始まりました。
正面には、『わにわにのおふろ』(小風さち/さく 山口マオ/え 福音館書店)から2点、お風呂で遊ぶわにわにが皆様を迎えてくれます。
一見こわそうだけど、しぐさが可愛らしく愛嬌のある「わにわに」、生き生きとしていて今にも画面から飛び出てきそうです。

e0016830_1746178.jpg
ティールーム左奥には、「わにわに」シリーズ『でんしゃごっこ』(山口マオ/さく・え 福音館書店)、『あむとあおいリード』(小風さち/さく 山口マオ/え 福音館書店)、『かさをかしてあげたあひるさん』(村山筹子/作 山口マオ/絵 福音館書店)の原画が展示されています。
『あむとあおいリード』は、月刊誌「こどものとも」8月号、最新刊です。美しい原画です。
e0016830_325417.jpg
e0016830_35411.jpg
ティールーム右奥には、マオ猫が登場! 『あむとあおいリード』の原画をのぞき、全て購入することができます。
素敵なサイン本もあります。ご注文も承ります。
e0016830_12243063.jpg
山口マオさんのグッズを扱っている海猫堂から、ポストカード、トートバッグ、うちわ、わにわにマッチ、クリアファイル、タオルハンカチ、てぬぐい・・・ 楽しいグッズがいっぱい! 
e0016830_1044043.jpg
「山口マオさんに聞きました!」子どもの頃のこと、絵本のことなどアンケートに答えていただきました。
子どもの頃、マオさんが好きだった絵本は? 好きな絵本作家は? 
山口マオさんから皆さんへ
わにわにを描いたきっかけは、小風さちさんが「わにわにのおふろ」を書いて、ボクに絵を依頼してくれたため(福音館が)で、特別、わに好きなわけではありませんでしたが、10年以上もわにわにとつき合っているうちに、わにも好きになりました♪

昨年2月に、ご近所のアトリエ木里さんの「猫展」での絵本販売を通して山口マオさんと出会い、今回の原画展をお願いすることができました。山口マオさん、木里さん、ありがとうございます。
今回、わにわにはもちろん、『でんしゃごっこ』や『かさをかしてあげたあひるさん』にでてくる動物たちとも出会えました。そして、最新刊の『あむとあおいリード』のあむやムンクやチャイとの出会いもこの原画展での嬉しい出会いです。マオさんのあむやムンクへの思いがこもった美しい原画は観る者の心に深くしみ込みます。
皆さん、ぜひ、山口マオさんのわにわにとなかまたちの世界をお楽しみください。お待ちしています!
[PR]
by teal-green | 2014-07-09 10:13 | イベント情報 | Comments(2)