2012年 02月 03日 ( 1 )

今週のおすすめの新刊 「ゆきひらの話」


e0016830_1722699.jpg

          安房直子/作 田中清代/絵 偕成社 税込1260円

 今週も、冷たい風が吹く寒い日が続きました。今朝は今季一番の冷え込みだったとのこと、雑巾を絞る手がかじかみ、力が入りませんでした。
風邪をひいている方も多いのではないでしょうか?手洗い、うがいをしっかりして、お気をつけ下さい。

こんな寒い冬におすすめの新刊が「ゆきひらの話」です。
“ゆきひら”、 なんて懐かしい響きでしょう。表紙に描かれた“ゆきひら”がやさしく微笑んでいます。この可愛いゆきひらで、なにをつくるのでしょうか? おかゆ? おじや?

それは・・・
畑の中の古い一軒家。風邪をひいたおばあさんが、たった一人で寝ていると、台所のあたりでコトコトと音がしました。カタカタ鳴っていたのは、台所の戸棚にしまいっぱなしの古いお鍋、ゆきひらだったのです。「おひさしぶりでした。」といって、ゆきひらはおばあさんのためにあったかいおかゆやスープをつくろうとしますが・・・ ゆきひらがつくったものとはなんだったのでしょうか? そして、それを食べたおばあさんは優しく懐かしい夢に包まれて・・・

安房直子さんのお話は、いつも香りや色や音や光を鮮明に感じることができます。このお話に出てくる◯◯◯のあま煮の甘酸っぱい匂いもしっかり漂ってきます。

今年のような寒い冬には、美味しい「ゆきひらの話」をたっぷり味わって下さいね。
きっとあたたかく幸せな気持ちになることでしょう。


ミニフェアのお知らせ
「ほっこり にっこり マトリョーシカ 
       〜マトリョーシカとロシアの絵本たち〜」

  2月7日(火)〜2月25日(土)
 来週から、ミニフェアが始まります。
 マトリョーシカの形をした洋書や「てぶくろ」「おおきなかぶ」などおなじみの絵本の他、「ロシアとシベリアの民話」「メルヘン・アルファベット」など貴重な絵本も揃いました。
期間中、「マトリョーシカちゃんのおやつ」(可愛いクッキーセット)やジャム添えの紅茶(ディンブラ)も用意しています。
どうぞ、お楽しみに!
 
[PR]
by teal-green | 2012-02-03 17:23 | おすすめの絵本