酒井駒子さんがやってきた!

 4/16夕方、丁度お客様が途切れて、静かな時間、フッと店の入口に入って来た女性、「あっ酒井さん!」。思わずかけよりました。4年ぶりです。やっぱりこの方は妖精のようだ、そしてお描きになっている絵ににている、それも小さい子やうさぎの子に。心の中で思いながら、再会にワクワクしながらお話をして、お茶も飲んでいただきました。その時いらしたお客様がお友だちに連絡して、子どもたちも3,4人きて、ミニサイン会のようになりましたよ。店のサイン帳にももちろんいただきましたが、本にもと思ったところで、お仕事の呼び出しがあり、ご主人の運転するバイクでお帰りになりました。夢のようなひとときでした。
 新刊の「くまとやまねこ」はその2日後、入荷しました。ボール紙に描かれたモノトーンの絵で、くまの悲しみの深さを切々と綴ります。そしてことりとの思い出を描く場面での鮮やかなピンク、帰らない日々がどんなに大切だったかを描きます。でもやまねこと出会うことで、その思い出を持つことの喜びと感謝を得て、一緒に旅にでることにしました。
 酒井さんの絵はほんとに黒と白の使い方が見事です。粗いパステルの黒の中にていねいに描かれた細部の線が小さな者へのいとおしさを感じさせてくれます。やっぱり涙がでてしまいました。
 5/5にはクレヨンハウス青山店で午後2時から、サイン会があるようですよ。
[PR]
by teal-green | 2008-04-20 07:59 | イベント情報2010年まで


<< ディビッド・ルーカスさんの原画 酒井駒子さんの新刊がでます! >>