なかがわちひろさん サイン会

e0016830_0102781.jpg1/19なかがわちひろさんがやってきました!
 2時からの講演では、まず、絵本や、翻訳の仕事を始めたきっかけからお話いただきました。「ふしぎをのせたアリエル号」は650ページのもの長篇ですが、翻訳をして挿絵も描いています。もとは挿絵のない物語に、他の絵かきさんが絵を入れる予定でしたがいろいろな事情で急遽描くことになったそうです。帆船が舞台なので、膨大な資料を渡され描きました。随所に入っている絵もかなりの数です。初めての翻訳の仕事でこんな大仕事をしてしまう、中川さんにまず驚きました。そして、5才の娘のために創作絵本「のはらひめ」、これはおひめさまになりたいという女の子の願望をみごとにとらえて、ベストセラーになっています。
 「天使のかいかた」では平和で、のどかで、愛らしい…そんな子どもの願望を作品にしました。「しらぎくさんとどんぐりパン」「おまじないつかい」など、中川さんの作品はどれも日常のなかに非日常がからみあって、不思議がある、"everyday magic"をみせてくれます。
 絵本の創作から、翻訳、挿絵、何でもこなしてしまう中川さんのお話は、1時間ではもったいない程、実のあるものでした。サイン会終了後の打ち上げでは、気仙沼の中学校で行ったワークショップの子どもたちの作品をみせてもらいました。それぞれ小さな絵本を作り、あらかじめ英語で書かれた文からイメージを絵にして、自分の言葉で翻訳するという、ワークショップです。ここではその内容をお見せできないのですが、どれも子どもたちの想像力、創造力に驚きました。そんな子どもたちの力を引き出す中川千尋さん、またお呼びして、もっとお話をうかがいたいと思いました。
 講演会に参加して下さった皆様もありがとうございました。

 
e0016830_7473254.jpgその後中川さんのお宅から、かわいい天使が当店に来ました。これからこの店で営業部員として働きたいそうです。もちろん採用!皆様よろしくお願いいたします。
[PR]
by teal-green | 2008-01-25 00:35 | イベント情報2010年まで | Comments(0)


<< 想造工房−木工作品展示会 なかがわちひろさんがやってくる! >>