講演会や展示の報告 1月、2月

e0016830_21493050.jpg今年の1月、小林豊さんをお迎えして、絵本「ぼくは弟とあるいた」原画展とサイン会を行いました。中東、アジアを舞台に子どもたちの視点から戦争を描き、彼等の生活には戦争が日常である事実を伝えています。
 2月は、この3月で100歳をお迎えになる石井桃子さんの記念展示でした。200册にも及ぶ、翻訳絵本、創作などを並べました。見ているとこれも!あれも!、みんなホントにこの本で育ったんだ、と思いました。ちなみに私は石井桃子さんと同じ町で生まれました。(今はさいたま市の浦和市常盤町2丁目です!)そして高校の大、大先輩! 先輩!後輩が絵本屋やってますよー、がんばって絵本売ってますよ−、と言いたいな−。
e0016830_22304345.jpgともあれ100歳、おめでとうございます。まだまだ現役で、福音館書店の月刊誌「母の友」のインタビューでは、『戦争と平和はまるで回り灯籠のように何千年も前から何十年かの周期で交互にやってきます。どうしたら平和の方へ向かっていけるだろう、と、人間がしているいのちがけの仕事が「文化」なのだと思います。』とお話されていました。平和に向かう力を育てるために、素晴らしい本をたくさん日本に紹介した思いを、ささやかながら私たちも引き継いで、共に歩いている喜びを感じています。
[PR]
by teal-green | 2007-05-03 22:04 | イベント情報2010年まで | Comments(0)


<< 講演会や展示の報告 3月 今回の連休はドーンと休みます。 >>