おすすめの絵本「のはらひめ おひめさま城のひみつ」と「たこのななちゃん」

現在、ティールームで開催中のなかがわちひろさんの原画展「なかがわちひろ 絵本のしごと」もたいへん好評で、たくさんの方が観にきてくださっています。
水彩画の作品、線画の作品、と様々ですが、今日は水彩画で描かれている『のはらひめ おひめさま城のひみつ』と『たこのななちゃん』を紹介します。
e0016830_06180638.jpg
なかがわちひろ/作 徳間書店 本体1400円

まりは、いつも「おひめさまになりたい」と思っている女の子。
ある日、玄関の前に金色の馬車がとまり、「おひめさま城」からのお迎えがきました・・・

こんなドキドキする始まり、女の子だったら夢のようですね。
でも、「おひめさま城」につくと、おひめさまになるためにはたいへんなお勉強が待っていたのです。
笑い方のおけいこ、おことばつかいのお勉強、見かけに惑われず、本物を見分けるくんれん、かいぶつたちとたたかうけいこ・・・なかには命がけのお勉強もあります。
どれもこれも、たいへんなお勉強でしたが、まりはとっても立派にやってのけました。
そして、いよいよ好きなおひめさまを選べることになったまりが、しばらく考えて選んだおひめさまは・・・?

女の子の夢がいっぱいつまった「のはらひめ」、絵本も素敵ですが、原画はほんとうにうっとりするほど綺麗です。

1995年に刊行された『のはらひめ』、なかがわちひろさんにとって初めての創作絵本、21年経った今でも皆さんに愛されるロングセラーです。とってもかわいいサイン本が入荷しています。
e0016830_11263071.jpg

そして、もう一冊は『たこのななちゃん』

e0016830_06182215.jpg
なかがわちひろ/さく・え 徳間書店 本体1500円
 
 遠い海でうまれたたこのななちゃん。
船のスクリューにはさまれて足を1本なくした たこの子です。
ななちゃんはかなこと仲良し、学校にも一緒に通います。お互いに大好きなかなことななちゃんでしたが、ある日・・・
楽しくてちょっぴり切ない、でも心がほんわかあたたかくなるお話です。

竜宮城のおどりのシーンと夕焼けの海のシーンの原画が展示されていますが、美しい水彩画に眼が釘付けになります。

e0016830_06220166.jpg
原画ならではの、見応えがある美しい水彩画です。
ぜひ、間近でご覧くださいね。



[PR]
by teal-green | 2016-02-11 21:33 | おすすめの絵本 | Comments(0)


<< NEWS 3月の原画展のお知らせ 2月のティール・グリーン >>