おすすめの絵本「なつねこ」

10月6日(火)〜10月31日(土)
北見葉胡 絵本原画展「えほん はりねずみのルーチカ」
好評開催中!

e0016830_03513771.jpg
かんのゆうこ/文 北見葉胡/絵 講談社 本体1500円

  かんのゆうこさんと北見葉胡さんのコンビによる『なつねこ』も素敵な絵本です。季節をはこぶ「四季ねこえほん」の夏のお話です。
 ある夏の夕暮れ、なみこは庭の向こうからやってきたかわいい猫に出会います。ゆかたを着て風鈴を片手にさげています。なみこは風鈴の音が大好きでした。ちいさな猫はこなつといい、なみこに風鈴作りを見にいこうと誘います。みしらぬ森の中を歩いていくと、そこには「なつねこふうりん工房」があり、こなつの兄のなつねこが風鈴を作っていました。なつねこが教えてくれた風鈴の音の秘密とは・・・?

 〈かぜのもり〉〈たびのおもいで〉〈ひかりのつぶ〉〈かぜのうた〉・・・この絵本もかんのゆうこさんの透き通った言葉が光ります。そして北見葉胡さんの絵がそんなかんのさんの世界をさらに幻想的に描いています。こなつが光のつぶを集めるシーンは本当に美しい。

 本を閉じ、耳を澄ますとなんだか風の音が聞こえ、さわやかな風が通り過ぎたような気がします。そんな涼やかで美しい絵本です。

かんのゆうこさんと北見葉胡さんが作り出す作品は、どれもやさしくあたたかいものばかり。
 そんなおふたりの「えほん はりねずみのルーチカ」の原画展もいよいよ本日が最終日となりました。たくさんの方に見ていただくことができました。
ルーチカの第5巻も来年に刊行される予定とのこと、どんな新しいお話の世界が待っているのでしょう? 楽しみですね。
北見葉胡さん、かんのゆうこさん、講談社さん、そしていらしてくださった皆さん、ありがとうございました。
あと一日、どうぞ素敵なフェリエの世界をお楽しみください。

本日、午後2時から3時までティールームにて「ちいさな童謡コンサート〜秋のまき〜」をいたします。その間、ティールームはご利用できませんので、ご注意ください。

11月1日(日)は午後1時からの営業となります。よろしくお願いいたします。

村長のつぶやき
e0016830_08075845.jpg
今年もかわいい魔女たちが来てくれました。
「トリック オア トリート」
ささやかなお菓子をプレゼントして「いたずらしないでね!」
街のハロウィンを楽しませてもらいました。


[PR]
by teal-green | 2015-10-31 07:03 | おすすめの絵本


<< 10月31日(土)ヤギの会によ... 10月26日(月)花澤実子の手... >>