おすすめの本「はりねずみのルーチカ ーカギのおとしものー」「はりねずみのルーチカ ーふしぎなトラムー」「はりねずみのルーチカ ー星のうまれた夜ー」

10月6日(火)〜10月31日(土)
北見葉胡 絵本原画展「えほん はりねずみのルーチカ」
好評開催中!

「はりねずみのルーチカ」シリーズの第2巻は、
e0016830_22371041.jpg
かんのゆうこ/作 北見葉胡/絵 講談社 本体1200円

 第2巻は秋のお話です。
 ある日、ルーチカは小さな落とし物を見つけました。何かメッセージが書かれた葉っぱのカードがついてるカギです。でも、葉っぱはあちこち虫に食われ、すっかり読めなくなっていました。『お……ください。』? 真ん中に書いてある字が読めません。カギの持ち主はきっと困っているに違いない。そこで、みなはなんて書いてあるのかをそれぞれが考えます。いったい誰のカギだったのでしょうか?
言葉遊びのたのしい「カギのおとしもの」の他、秋の森の贈りものをみんなで探す「レペテの実とふしぎなたね」、フェリエの月のむかしばなしの劇中劇「うれしかったお月さま」の3作が収録されています。

「うれしかったお月さま」の劇は、これだけでも絵本になるのではと思うような素敵なお話です。

シリーズ第3巻は、
e0016830_22375976.jpg
かんのゆうこ/作 北見葉胡/絵 講談社 本体1250円

 第3巻は、ある夏の日のお話です。
 大きないちごが、いっぱい実っているというひみつの野原をめざしたルーチカたちは、原っぱで不思議な白い輪を見つけます。近寄ってよく見てみると、それは白いきのこがぐるっと円を描くように土からはえてできた輪でした。ソルがその輪に中に足を踏み入れたとたん・・・
今回は妖精の魔法で小さくなってしまったルーチカたちは、みなで助け合いながらもとの大きさにもどれる方法をさがして探検します。疲れて途方に暮れるルーチカたち、無事にフェリエの森に帰れるのでしょうか?
 
 そして、妖精の魔法がとけて、もとの大きさに戻ることのできたルーチカたちが、深い夜に包まれた森の中を歩き続けていると、まるで海の底みたいに青く咲きほこる忘れな草の野原にでました。野原の真ん中でちらちらと光る小さな塔をめざして、夜空のかなたから現れた1台のトラム。トラムからおりてきたものたちは・・・?
 
 捨てられた人形たちを修理し、トラムにのせて『思い出の国』へ送り出すくまのコリアタおじさんのお話も素敵です。

妖精の魔法で小さくなったルーチカたちが、小さな世界を探検しながら、人形修理のくまの親子に出会うまでのたくさんの出会いや冒険、親切や思いやり、それらがうまくつながっていく心地よさがルーチカシリーズの楽しみでもあります。

そして、シリーズ第4巻は、
e0016830_22382906.jpg
かんのゆうこ/作 北見葉胡/絵 講談社 本体1250円

 第4巻は、フェリエの国に星がうまれるまでの、ある冬の物語です。
 ルーチカは、時々人間のすむひとびとの国へ旅に出かけ、その度ごとに必ずきらきらと光る美しいものを持ち帰ってくるのでした。星のないフェリエの夜空いっぱいに、そのキラキラをちりばめて、いつの日か星空をつくるのがルーチカの夢だったのです。クリスマス・イブにみんなに星空をプレゼントしたいと思ったルーチカですが・・・
 
クリスマスマーケット、ジンジャークッキー、ラッキーチャーム入りのケーキ、キャンドルライトサービスなどクリスマス気分がいっぱいのシリーズ最新刊です。 
 
「はりねずみのルーチカ」シリーズ全巻を通して伝わってくるのは、ちいさなものたちの楽しいお話に込められた心あたたまるメッセージです。相手のことを思いやるやさしさにあふれています。
 ジャム作りと歌が大好きな心やさしいはりねずみのルーチカ。
 気が弱くて食いしん坊のもぐらのソル。 
 森じゅうの美しい音を集めているてんとうむしのニコ。
 ちょっと生意気な森の妖精の女の子のノッコ。
 フェリエの森で出会った謎の少年のトゥーリ。
それぞれ個性豊かなルーチカと仲間たちのすむフェリエの国。そこは、私たちのすむ世界のあんがいそばにあって、フェリエの国があることを信じる人だけに見える、秘密の場所なのだそうです。ルーチカのシリーズを読んでいくと、そんなフェリエの国、ルーチカたちが生き生きと見えてくるのです。

また、全ページに描かれた挿絵はモノクロなのですが、どれも素敵な絵ばかりです。かんのゆうこさんの文章と北見葉胡さんの絵もうまくマッチしていて言葉のイメージがそのまま目の前に現れる楽しさもこのシリーズの魅力です。17日(土)のギャラリートークでお二人からどのようにイメージを共有しているのか伺ってみたいです。作家さんから直接お話を伺える貴重な機会です。皆さま、ぜひご参加ください!

小学生の子どもはもちろん、私たち大人にもおすすめしたい物語です。子どもの頃に帰ったような懐かしさや清々しさを感じることでしょう。
e0016830_05194453.jpg
「はりねずみのルーチカ」シリーズ、並んでいます。
 

[PR]
by teal-green | 2015-10-14 22:33 | おすすめの絵本


<< 10月17日(土)北見葉胡さん... おすすめの本「はりねずみのルーチカ」 >>