7月18日(土)第27回コガモ句会

7月18日(土)の夜、俳人の土肥あき子さんを囲んで第27回コガモ句会が開催されました。
e0016830_22362391.jpg
今回の席題は「夏の月(月涼し)」。
・・・日本は湿度が高く、夕焼けや月がより美しく感じられる風土を持つ。夜間照明の未発達であった時代には、漆黒の闇に浮かぶ月は鑑賞の対象であり、畏敬を含むものでもあった。・・・ (土肥あき子さんの資料より)

この日の高点句は、
 うとうとと子を抱く道の月涼し     Nさん
 藍木綿竿に干されて夏の月       Sさん
 月涼し丸く眠りて鳥けもの       Dさん
 国会前抗議行動夏の月         Sさん
e0016830_22361391.jpg
講評のあとは、土肥あき子さんから俳句手帖などのご褒美が手渡されました。
初参加のNさん、最高点句となり、土肥あき子さんの代表句が書かれた団扇をプレゼントされました。おめでとうございます。
 水温む鯨が海を選んだ日  土肥あき子

席題の「夏の月」、なかなか難しかったです。
自分の句はさておき、皆さんの句を鑑賞するのが毎回楽しみです。また、土肥あき子さんに少しなおしていただくだけで、情景が鮮やかに変わるのももうひとつの楽しみです。
次回は10月24日(土)午後7時からです。
皆さんの絵本屋の句会に参加してみませんか!
お待ちしています。


[PR]
by teal-green | 2015-07-21 22:29 | 村長の日記2015 | Comments(0)


<< 7月20日(月・祝)おぼまこと... 7月16日(木)憲法カフェ 開... >>