ピーター・スピアー「雨、あめ」展、展示替えしました。

e0016830_14385145.jpg
e0016830_14390307.jpg
6月16日(火)より、ピーター・スピアー「雨、あめ」展も後半の展示となりました。
言葉のない絵本は、見る者にさまざまな雨の風景をイメージさせるようで、子どもはもちろんですが、大人のかたも食い入るように眺めていかれます。
子どもの頃の懐かしい雨の風景、雨の中で遊ぶ子どもの姿などを思い浮かべながら見ていると、画面からは雨の音や子どもの声まで聞こえてきそうです。どのシーンも懐かしい思い出につながります。
ラフスケッチに残っているメモ書きにも注目! 絵本作りの一端を垣間みることができるのも下絵ならではのおもしろさです。
さまざまな発見があります。
どうぞ、後半の展示もお楽しみに!


[PR]
by teal-green | 2015-06-18 14:39 | 村長の日記2015 | Comments(0)


<< ピーター・スピアーの絵本「せか... 6月6日(土)「あめ、音、とり... >>