2月3日(火)なとりちづ「ハナさんのあかいぬの」原画展 始まりました。

2月3日(火)より なとりちづ「ハナさんのあかいぬの」原画展が始まりました。 
e0016830_13013020.jpg
ぶたのおかあさんのハナさんは、子どもたちに新しいおふとんを作ろうと思い、大きな赤い布をひろげました・・・
正面に展示されているのが、ハナさんが大きな赤い布を手に持った表紙の原画です。
e0016830_00055250.jpg
むつごのこぶたたちは大きく成長し、手袋も帽子もズボンもマントもみな小さくなってしまいました。そこでハナさんは赤い布を切り抜きそれぞれに新しく作ります。穴だらけになった赤い布は・・・?

ティールーム奥には全ページの原画が展示されています。
パッチワークの手法で作られたこの作品、いったいどれだけの布と糸で、どれだけ縫ったことでしょう?
丁寧な手仕事ぶりに驚きます。
雪のなかで遊ぶむつごのこぶたたちの嬉しそうな表情と、ハナかあさんのやさしい眼差しが見るものをあたたかい気持ちにさせてくれます。
e0016830_23370108.jpg
この作品を仕上げるのにいったいどのくらいの時間がかかったのでしょうか?
ただただ驚くばかりです。
そんな制作秘話や、絵本や子どもたちへの思いなどをなとりちづさんからお聞きしたいと思います。

2月21日(土)ギャラリートーク&サイン会
  
  *14:00〜15:30/トーク          申込受付中!
  ・定 員  20名(要予約) ・参加費  500円(お茶・小さなお菓子付き)
  *15:30〜 /サイン会
  ・参加自由、無料

この素晴らしい作品を一人でも多くの方にご覧いただきたいと思います。
ぜひ、お出かけください。お待ちしています!


[PR]
by teal-green | 2015-02-04 00:44 | 村長の日記2015 | Comments(0)


<< 2月のティール・グリ—ン 1月31日(土)第25回コガモ... >>