広瀬 弦「西遊記」原画展、終了しました。

「広瀬 弦と西遊記」イベント、ティール・グリーンでの「西遊記」原画展は11月29日(土)で終了いたしました。たくさんの方が見に来て下さいました。広瀬さんが描く線画の繊細さと力強さは原画ならではのものでした。
広瀬弦さん、斉藤洋さん、理論社さん、いらして下さった皆さん、ありがとうございました。
「広瀬弦と西遊記」イベントは、まだまだ続いています。
 *ジュンク堂書店池袋本店 8F児童書コーナー『西遊後記』原画展
    11月22日(土)〜12月19日(金)
 *広瀬 弦 トークセッション  ジュンク堂書店池袋本店 4Fカフェ
    12月6日(土)19:30〜21:00
    要予約03−5956−6111 参加費1000円(ワンドリンク付き)
 
ジュンク堂池袋本店さんでは、スタンプラリーをコンプリートした方が数名豆本をゲットしたそうです。また、『西遊後記』全3巻をお求めの方にも豆本がプレゼントされます。

ぜひ、ジュンク堂書店池袋本店の『西遊後記』原画展にもいらしてくださいね!

おすすめの本『雪の国の白雪姫』のこと
e0016830_02003414.jpeg
谷川俊太郎/詩 小松菜奈/モデル tsukao/撮影 谷川夢佳/スタイリング PARCO出版 本体2300円

谷川俊太郎さんのお孫さんでスタイリストの谷川夢佳さんが、谷川俊太郎さんと共作の写真詩集を出版しました。(web上で視聴できる特典動画付き)
舞台は、谷川俊太郎さんのお父さまの哲学者 谷川徹三さんが建てた北軽井沢の〈谷沢山荘〉。谷川俊太郎さんの描きおろし新作の詩を含む、美しい冬の名作19篇が収録されています。
谷川俊太郎さんの詩と朗読、谷川賢作さんのピアノ、谷川夢佳さんのスタイリング、谷川家4代にわたる作品です。
2012年冬の北軽井沢を舞台に、美しい冬の風景とともに紡がれた物語をお楽しみください。
きっと若い方にも詩の世界を身近に感じてもらえることでしょう。
e0016830_01593976.jpg
広瀬弦さんの原画展に訪れて下さった谷川恵さんとご一緒に。
手にしてらっしゃる本が『雪の日の白雪姫』です。
谷川恵さんは、以前おすすめのの本で紹介した素敵な詩集『せんはうたう』を出版した「ゆめある舎」の代表であり、谷川夢佳さんのお母さまでもあります。
e0016830_05590721.jpg
          谷川俊太郎/詩 望月通陽/絵 ゆめある舎 本体1800円


[PR]
by teal-green | 2014-12-01 02:53 | 村長の日記2014 | Comments(0)


<< 12月1日(月)羊毛フェルト教... 12月20日(土)おはなしの会... >>