8月21日(木)より営業しています。

いつまでも暑い日が続いています。
この度の、記録的豪雨による甚大な被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

ティール・グリーンの夏休みも終わり、21日(木)より営業しています。
山口マオさんのご厚意により、「山口マオ原画展ーわにわにとなかまたちー」を8月30日(土)まで会期延長させていただいています。
売り切れだった『あむ』『あむとあおいリード』のサイン本や、人気のマオ猫のグッズも海猫堂から届きました。
かわいいわにわにやあむを観ていると、夏の疲れも癒されますよ。
ぜひ、お立ち寄りください。お待ちしています。

村長のつぶやき
今年の夏休み、スウェーデンに行ってきました。
昨年7月に行った 平澤朋子「ニルスが出会った物語」原画展がきっかけで、「ニルスのふしぎな旅」を夢中で読み、たいへん感動しました。菱木晃子さんと平澤朋子さんから本ができるまでのお話や現地の写真を見せていただくうちに、こんな奥深い本がうまれたスウェーデンをいつか見てみたいと強く思うようになりました。私にとっては思い切った旅でしたが、北欧の空気を吸い、風景を目にできたことは貴重な体験となりました。
e0016830_24652.jpg
        セルマ・ラーゲルレーヴ/作 菱木晃子/訳 福音館書店
e0016830_241795.jpg
   セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店
e0016830_251554.jpg
ストックホルムの市庁舎から見たガラムスタン(旧市街地)です。
「どこかで見たことが?!」『ストックホルム』の表紙の風景をこの目で見ることができました。高い空、流れる雲が印象的でした。ガチョウのモルテンに乗って空を飛ぶニルスが見えるようです。

e0016830_2131858.jpge0016830_2134100.jpg
ユールゴーデン島にある世界最古の野外博物館スカンセン、やはり『ストックホルム』の中で、スカンセンでバイオリン奏者として働く老人クレメントが若い漁師に生け捕りにされたニルスを助ける舞台となった場所です。1700〜1900年代の農家、邸宅、教会、雑貨屋、ガラス工場などの建物があちこちに見られます。写真はパン屋さんで、その時代の衣裳を着けたお嬢さんが販売していました。

e0016830_2312055.jpg
故郷が恋しくなり、仕事をやめて故郷の村へ帰ろうかと悩むクレメントに、立派な紳士(実は国王だったのです)が語って聞かせるストックホルムの成り立ちとその素晴らしさ。
「・・・ここストックホルムが、わが国の中心なのだ。そして、この町は、ストックホルム出身者だけのものではない。ストックホルムは、スウェーデン国民全員のもの、すべての国民にとっての家なのだ。・・・きみは、この町を、きみの故郷と思っていいのだよ。そうだとも、クレメント君!」何と力強い言葉なのでしょう。古き良き時代のものを大切にしているストックホルムを見ると、そんな台詞もすうっと心にしみ込みます。
老紳士とクレメントがすわったベンチはどのあたりかしらと探したりしてみました。

e0016830_262120.jpg

e0016830_8271374.jpg
きつねのスミッレに追いかけられたアッカたちが立ち寄ったエーランド島にも行くことができました。残念ながら、舞台となった南端のオッテンビーまでは行けませんでしたが、古い風車やボリーホルムの城跡、花や樹々の緑が美しい遊歩道を散策することができました。歩き疲れたニルスが風車小屋にすわって休んでいる時に年老いた羊飼いから聞いたエーランド島の由来、美しくて巨大な蝶が座礁しそれがエーランド島になったという話を思い出しながら、歩きました。本当に自然豊かな美しい島でした。

e0016830_272434.jpg
エーランド島で見つけた本屋さんの前で記念撮影。楽しい折り紙を見つけました。

ニルスの旅を少しでも辿ることができた今回のスウェーデンの旅、ニルスの「ふしぎ」で「すばらしい」世界を体験することができました。この本に出会えたことに感謝したいと思います。

楽しいお知らせです。
pipioとあそぼう「スウェーデンのおみせやさん」      申込受付中!
スウェーデンの絵本と雑貨に囲まれて、pipioといっしょにスウェーデンが楽しめるおみせやさんをひらきませんか!
10月4日(土)13:00〜16:00(12:45受付開始)
●イベント内容
 13:00〜15:00 おかし屋さんに、おもちゃ屋さん、文具屋さんなどのおみせやさんの準備をします。お店やさんの飾りを作ったり、売る商品を包んだり、お客さんが楽しんでお買い物をしてくれるような工夫をたくさんしましょう。
 15:00〜16:00 おみせやさんの開店です。
●参加費 1000円(おかいものチケット+おみやげ付き)
●定 員 12名(5・6歳〜小学6年生)要予約
15:00〜16:00はどなたでも「スウェーデンのおみせやさん」に来ていただけます。当日、おみせやさんで使えるチケット(500円)をお求めいただき、お買い物をお楽しみください。事前予約は必要ありません。

絵本マスターの武本佳奈絵さんとイラストレーターの平澤朋子さんによるおはなしとあそびを届けるユニット“pipio”、昨年2月に行われた「ロシアのおみせやさん」も皆さんに大好評でした。
「スウェーデンのおみせやさん」もどうぞお楽しみに!
[PR]
by teal-green | 2014-08-22 09:30 | 村長の日記2014 | Comments(0)


<< おすすめの絵本 「かさをかして... 8月のティール・グリーン・夏休... >>