7月12日(土)第23回コガモ句会のこと

連日、蒸し暑い日が続いています。皆さん、熱中症に気をつけてお過ごしください。
やはり猛暑日となった12日の夜、俳人の土肥あき子さんを囲んで第23回コガモ句会が行われました。
e0016830_2313635.jpg
この日の席題は、「七夕・星祭・天の川 」。
土肥あき子さんから、中国から伝来し奈良時代に広まった伝説(牽牛と織女)と、手芸や芸能の上達を祈願する中国の風習が入り交じり、日本特有の行事となったという七夕の由来のお話を聞いた後、それぞれ俳句作りに取りかかりました。
この日の高点句は、
  サバンナにキリン眠りて天の川  Kさん
  天の川地中に響く水琴窟     Sさん
  指先で橋かけ渡す天の川     Yさん
  多すぎる願いにしなう七夕竹   Tさん
  短冊に書けぬ願いや星祭     Mさん
小学3年生のIちゃんの
  七夕やはやく書かなきゃねがいごと 
素直で幸福感にあふれた句ですね。ちゃんと点が入りました。
どれも、情景が目に浮かぶ素敵な句が多く、点盛りに困りました。  
e0016830_16131050.jpg

講評のあとは、高点句の方に土肥あき子さんから俳句手帳などのご褒美が手渡されました。

e0016830_239382.jpgこの日のお菓子は、カシスとヨーグルトのムース、紅茶はアールグレイでした。









コガモ句会もいつの間にか23回目を迎えました。
毎回、俳句をひねるのは苦労しますが、皆さんの句を拝見したり、先生の講評をお聞きするのは楽しい時間です。
皆さん、一緒に俳句を作ってみませんか!
[PR]
by teal-green | 2014-07-13 16:13 | イベント情報


<< おすすめの絵本 「わにわに」シリーズ おすすめの絵本 「あむとあおい... >>