おすすめの絵本 「ピアノはっぴょうかい」

e0016830_2421491.jpg
          みやこしあきこ/作 ブロンズ新社 本体1300円

みやこしあきこさんの第4作目の作品です。
やはり赤が印象的なこの表紙、その上、「ピアノはっぴょうかい」を一度は体験した方も多いのではないでしょうか? 今回の原画展でも『これ だれの?』に次いで手にとる方が多かった絵本です。

今日はももちゃんの初めてのピアノ発表会。
出番を待つ舞台の袖でドキドキしながら(だいじょうぶ だいじょうぶ)と心の中でくり返していると、ももちゃんの足元でこねずみが「だいじょうぶ だいじょうぶ」と声をかけてきました。「あたしたちもはっぴょうかいしてるの。ももちゃんもみにおいでよ」
ももちゃんがこねずみについていくと、舞台袖の奥に小さなドアがあり、そこをくぐっていくと、ねずみたちも発表会をやっていました。サーカスや手品、歌ったり踊ったり、出演者も観客も楽しい発表会、ももちゃんもいっしょに参加しているうちに・・・
いつのまにかももちゃんは楽しい気持ちのままピアノを弾き終えていたのでした。
はじめ伏し目がちだったももちゃんでしたが、ピアノを弾き終えた後の笑顔は自信に満ちて眩しいほどです。
表紙の女の子は、そんな貴重な体験をし、緊張を笑顔にかえたももちゃんだったのです。ももちゃんの笑顔に引き寄せられるのも当然ですね。

ピアノはっぴょうかい、ドキドキしながらも、ちょっとおしゃれなドレスを着て、みんなの視線を浴びるなんていう体験はやはり特別なものです。このような貴重な体験を通して子どもは成長していくのでしょう。

みやこしあきこさんの作品は、子どもの気持ちに寄り添った、こどもの背中をやさしく押してくれるものばかりです。

2009年の『たいふうがくる』から、2013年の『これ だれの?』まで毎年1冊絵本を出されているみやこしあきこさん、2014年はどんな絵本が出るのでしょうか? 楽しみですね。

昨日、みやこしあきこ「これ だれの?」絵本原画展が終了いたしました。遠くからもたくさんの方にきていただきました。原画の色の美しさに驚く方、原画と絵本の違いを発見した方、みやこしさんが描く動物に心動かされた方、一冊の絵本を隅から隅までたっぷり堪能していただけたのではないでしょうか?
みやこしあきこさん、ブロンズ新社、偕成社、ポプラ社、BL出版のみなさんにご協力いただきました。ありがとうございました。そして、お越し下さったたくさんのみなさんもありがとうございました。
[PR]
by teal-green | 2014-06-29 22:43 | おすすめの絵本 | Comments(0)


<< 7月のティール・グリーン おすすめの絵本 「のはらのおへや」 >>