おすすめの絵本 「もりのおくのおちゃかいへ」

e0016830_859926.jpg
          みやこしあきこ/作・絵 偕成社 本体1200円
この表紙にひかれて『もりのなかのおちゃかいへ』を手にとった方も多いのではないでしょうか?
モノクロに赤い帽子と手ぶくろが印象的です。
雪の朝、森の向こうにあるおばあちゃんの家にケーキを届けにいくことになったきっこちゃん。雪のうえの足あとをたどっていくと途中で転んでしまい、ケーキはつぶれてしまいました。泣きたい気持ちをこらえて進んでいくと・・・見知らぬ家があり、そっと窓から中をのぞいてみると、なんと動物たちがお茶会をしていたのです。楽しいお茶会の時間を過ごし、新しいケーキをもらい、みんなでおばあちゃんの家に向かいます。おばあちゃんの家にたどりついて振り返ってみると・・・
私たちを夢のような不思議な世界に誘ってくれます。
みやこしさんの二作目の作品です。第17回日本絵本賞大賞受賞作品です。
 
先日、みやこしあきこさんがティール・グリーンにいらして下さいました!
e0016830_853353.jpg
『もりのおくのおちゃかい』は雪のなかを赤い帽子をかぶった女の子がケーキを持って歩いているシーンが目にうかび、そこからストーリーが広がっていったそうです。
そして、この本の見開き(赤いバックにフォークやてぶくろ、ハンガー、トランペットなどが描き込まれています)を見た編集者さんから『これ だれの?』の声がかかったとのことです。

もうひとつ、原画展を観た方から質問があった「みやこしさんの絵の画材は?」という質問には「鉛筆とアクリルガッシュ」をつかっているそうですよ。

あれこれ質問に答えていただきながら、サインをたくさんいただきました。
登場人物が描き込まれたサイン、素敵です!
郵送もいたします。お声をかけて下さいね。

e0016830_8532851.jpg
みやこしあきこさんとご一緒に。
絵本の雰囲気そのままの物静かな素敵な女性です。
昨年7月に開催した平澤朋子さんの「ニルスが出会った物語」原画展にいらしてくださったみやこしあきこさん。何と平澤さんと美大で同級生だったとのこと、お二人とも今大活躍の作家さんです。平澤さんに紹介していただき、今回の原画展を開催することができました。
みやこしあきこさん、平澤朋子さん、ありがとうございます。
[PR]
by teal-green | 2014-06-20 21:53 | おすすめの絵本


<< おすすめの絵本 「のはらのおへや」 6月のティール・グリーン >>