おすすめの絵本「うみにあいに」

9月3日(火)〜9月28日(土)
いわさゆうこ「どーんとやさい」絵本原画展

    \みずみずしく 元気いっぱいの やさいたち、どーんと登場!/

e0016830_5143076.jpge0016830_5144025.jpge0016830_515610.jpg








         いわさ ゆうこ/作 童心社 各税込1155円

今回の原画展で特別展示される作品を紹介します。
e0016830_124697.jpg
           いわさゆうこ/著 アリス館 税込1365円

かっちゃんは、もう一度、海をみたいと思いました。
去年の夏、みんなで行った海です。
おばあちゃんの家から一人で海に向かったかっちゃんは、笹の葉のトンネル、田んぼ、松林などいろいろな風景に出会います。蜂に追いかけられたり、松ぼっくりを拾ったり、様々な体験をします。だんだん大きくなっていく波の音、潮の香り、近づいてくる海の気配を感じながら、砂山をかけあがりやっと会えた海は、きらきら輝いていました。
海に会いにいく男の子の冒険が、美しい風景とともに描かれています。

この絵本に描かれている風景は、作者のいわさゆうこさんのふるさとである宮城県山元町です。2011年3月11日の震災で700名以上の方の命が失われました。家も松林も、何もかも失われました。2003年に刊行されたこの絵本で描かれている風景は、今はもう見ることができないのです。

“あの日、古い家も松林も、なにもかも失われました。もちろんたくさんの命も。そしてこの絵本が墓標のように残されました。
いつかまた、おだやかなきもちで海をみつめる日がきますように、祈りを込めてこの本をお手渡ししたいと思います。”
という いわさゆうこさんのお言葉とともに、この絵本の表紙の原画を特別展示いたします。
柔らかな光に包まれた松林の中を歩く男の子、胸を打つ風景です。

ぜひ、たくさんの皆様にご覧いただきたいと思います。
9月3日(火)から始まる いわさゆうこ「どーんとやさい」絵本原画展、どうぞお楽しみに!

村長のつぶやき
実家の畑で実ったすいかとミニトマトです。
今年の夏はとても暑かったので、甘いスイカができました。
e0016830_6552185.jpge0016830_6564674.jpg
[PR]
by teal-green | 2013-08-31 07:02 | おすすめの絵本


<< いわさゆうこ「どーんとやさい」... おすすめの絵本 「どんぐりノート」 >>