おすすめの絵本 ニルスの出会った物語 5『ワシのゴルゴ』

7月2日(火)〜7月27日(土)
平澤朋子『ニルスが出会った物語』原画展 

                              後援:スウェーデン大使館

 福音館書店の古典童話シリーズ『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話シリーズの原画展です。平澤朋子さんが描く美しいカバー絵や挿絵など20点以上の原画とともにニルスの世界をお楽しみください。

第5話は、『ワシのゴルゴ』
e0016830_1217547.jpg
セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

 旅を続けていた5月のはじめ、ニルスはガンの群れとはぐれ、ストックホルムの野外博物館スカンセンに売られてきました。そこでイヌワシのゴルゴと再会します。ゴルゴもやはり漁師に捕まり、スカンセンに売られてきたのでした。ニルスが知ったゴルゴとアッカの物語とは・・・

  ニルスがガンの群れと旅をする3年前のこと、アッカとゴルゴの出会いから展開されます。みなしごとなったイヌワシのひなにゴルゴと名付け、我が子同然に愛情深く育てたアッカ。ゴルゴもまたアッカのことを実の母親と信じて成長します。自分をガンだと思い込んで大きくなったゴルゴは、まわりが自分のことをワシと見なすことに疑問を感じ、思い悩みます。そして、本当のことを知ってから、アッカと激しくぶつかります。ふたりの間に決して折り合えないものがあると悟ったアッカとゴルゴは、心の痛みを伴いながらもそれぞれの道を歩んでいくことを選んだのでした。
 
 親子といえども別の人格、子どもが自立し、親から巣立っていく時のそれぞれのおもいが描かれています。ゴルゴが自分の生き方を決めた時のアッカの毅然とした態度に深く感動します。読めば読むほど奥深い『ニルスのふしぎな旅』です。
[PR]
by teal-green | 2013-06-29 05:27 | おすすめの絵本 | Comments(0)


<< おすすめの絵本 ニルスの出会っ... おすすめの絵本 ニルスの出会っ... >>