おすすめの絵本 ニルスの出会った物語 2『風の魔女カイサ』

7月2日(火)〜7月27日(土)
平澤朋子『ニルスが出会った物語』原画展 

                              後援:スウェーデン大使館

 福音館書店の古典童話シリーズ『ニルスのふしぎな旅』のなかから、ニルスが見聞きした物語を6話選んで作られた絵童話シリーズの原画展です。平澤朋子さんが描く美しいカバー絵や挿絵など20点以上の原画とともにニルスの世界をお楽しみください。

第2話は、『風の魔女カイサ』
e0016830_12241429.jpg

セルマ・ラーゲルレーヴ/原作 菱木晃子/訳・構成 平澤朋子/画 福音館書店 税込1470円

 今回の舞台は、スウェーデン中部のネルケ地方です。この地方には、昔から一風変わった魔女が住んでいると言われていました。雨や風を巻き起こす魔女カイサです。カイサはいたずら好きで人々を困らせたりするのですが、ケチで意地悪な人には厳しくあたるものの、正直な人や貧しい子どもには味方になってやっていました。

 エーレブローの町で、家畜の大市が開かれる前夜のこと、大雨の中、一頭のひどく年老いた馬がニルスに会いにきました。大雨で泊まるところのなく困っている動物たちを助けてほしいというのです。そこでニルスは、動物たちを助けるためにでかけました・・・

 動物たちが泊まることになる農家の若い主人の頑な心に、変化をもたらすきっかけになるのが風の魔女カイサの存在でした。姿は見えないけれど、大事なところで助けてくれたり、大切なことを気付かせてくれる魔法の風。しみじみと心に響く物語です。

 この『ニルスが出会った物語』シリーズで嬉しいのが、巻末の解説です。実際にニルスのたどった地を旅した翻訳者 菱木晃子さんの解説は丁寧でわかりやすく、物語の背景なども伝えてくれています。写真もあるので、スウェーデンに行ったことのない私でも物語をイメージすることができます。
 
[PR]
by teal-green | 2013-06-21 01:09 | おすすめの絵本


<< おすすめの絵本 ニルスの出会っ... おすすめの絵本 ニルスの出会っ... >>