6月1日(土)第18回コガモ句会のこと

 先週、関東地方も梅雨入りしお天気が心配されましたが、過ごしやすくさわやかな6月1日(土)の夜、第18回コガモ句会が開催されました。
今回は、バラ展ということもあり、皆さんと「薔薇のある風景」を詠んでみました。
e0016830_21534990.jpg
 この日の土肥あき子さんの着物の柄も薔薇の花、ぱっと華やかでした。
薔薇は、ゲーテ、ハイネ、李白、シェークスピア、ボッテイチェルリの作品などにも登場し、日本でも薔薇の一種であるハマナスが万葉集、古今和歌集、伊勢物語、枕草子、源氏物語と古典を網羅しています。花の女王と呼ばれるにふさわしい薔薇を詠んだ俳句は数多いそうです。土肥あき子さんから、そのような薔薇と文学や俳句の話をしていただき、さっそく皆で作句に取りかかりました。

e0016830_21533297.jpgこの日の高点句は、
楽聖に語りかけたる野薔薇かな (Kさん)
  ベテランのKさん、さすがです。

次点句は、
バラ咲く日吾子は生まれし手をにぎり
               (Sさん)
  愛情深い句ですね。
数あれど名前を知りて我の薔薇 (種村)
 


e0016830_21541351.jpg
この日のお菓子は、薔薇のケーキ。
バラのジャムを巻き込んだロールケーキをバラ色のクリームで包み込みました。トッピングはバラの花びら。ほんのりバラの香りがします。
紅茶はダージリン。




e0016830_2156894.jpg
今、薔薇の句の短冊を展示しています。芥川龍之介、正岡子規をはじめ、有名な作家や俳人の方の句です。土肥あき子さんの句もありますよ。
それぞれの薔薇のある風景をお楽しみください。

次回のコガモ句会は、10月4日(土)を予定しています。
絵本屋での句会、どうぞ気軽にご参加ください。
皆様のご参加をお待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2013-06-02 22:00 | 村長の日記2013 | Comments(0)


<< 6月のティール・グリーン NEWS! 7月の原画展のお知... >>