「ティール・グリーン バラの庭から」展、始まりました。

e0016830_8231758.jpg
 5月14日(火)から『ティール・グリーン バラの庭から』展が始まりました。
 正面には、3月に刊行された平澤朋子さんの『ネコをひろったリーナとひろわなかったわたし』(とり ありえ/書 平澤朋子/装画 講談社 税込1470円)の表紙の原画が飾られています。わたしがリーナと出会う場所としてバラの家が登場します。色とりどりの鮮やかなバラがいっぱい描き込まれた表紙が素敵です。

e0016830_8244673.jpg
e0016830_8251188.jpg
(左)ティールームの奥の壁は、個性豊かなバラの絵が展示販売されています。
たかおゆうこさんの『バラの香り』(水彩)、『magic of red rose』『song of yellow rose 』(ともにジークレー版画)、田中和子さんの『バラ』(水彩)。
(右)ポテトプリント・中野チエ子さんの作品、黒澤幸子さんの子ども用ブラウスと小物入れ、羊毛フェルト・花澤実子さんのバラの花のコサージュ、同じく羊毛フェルト・仁木友子さんのちょうちょのブローチ。想造工房の『バラの椅子』もあります!

e0016830_8261020.jpg
e0016830_8265262.jpg
(左)くじら猫屋かずさんの『消しゴムはんこ』、想造工房の『バラの家』、並べて飾っても素敵です。
(右)想造工房の『バラの家』、くじら猫屋かずさんの『バラのカード』、塩山陽子さんの『バラの立体グリーティングカード』、どれもセンスが光ります。

e0016830_1241620.jpg今回、初登場のくじら猫屋かずさんの消しゴムはんこ。バラの花を抱えるねこがかわいいですね。お便りやメモ用紙のワンポイントにいかがでしょうか001.gif
ねこ、いぬ、うさぎ、ことりがいます。







e0016830_8274487.jpg
e0016830_8333684.jpg





e0016830_16134587.jpg
e0016830_16153134.jpg

(右下)展示の絵は、4月に刊行された たかおゆうこさんの『雨がしくしく、ふった日は』(森 絵都/作 たかおゆうこ/絵 講談社 税込1050円)の表紙の原画です。森 絵都さん、たかおゆうこさんのお二人による、これからの季節にぴったりのかわいい童話です。
バラの絵本も並んでいます。ぜひ、手にとってご覧ください。
本の横に展示販売されているのは、noneさんの『麻ひもバッグ』。これからの季節にぴったりです!

e0016830_8341188.jpg
会期中のお菓子はもちろん「バラのタルト」です。
洋梨の赤ワイン煮でバラの花を作っています。紅茶、コーヒー、どちらにも合います。
バラを眺めながら、ちょっぴり優雅なティータイムをお過ごしください。



個性豊かなバラの作品がいっぱい!
 どれも丁寧に作られた力作ぞろいです。
 皆様のお越しをお待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2013-05-16 08:23 | 村長の日記2013 | Comments(0)


<< 『ネコをひろったリーナとひろわ... おすすめの新刊『ぴよちゃんのお... >>