『からすのおかしやさん』『からすのやおやさん』でました!

1973年にかこさとしさんの『からすのパンやさん』が登場してから40年、パンやさんの4羽の子どもたちが立派に大きくなり、それぞれのたべものやさんを開くまでのつづきのおはなしが4冊の絵本になりました。 
4月に刊行されたのが、

e0016830_2348964.jpg
e0016830_23465857.jpg
      かこさとし/作 偕成社 各税込1155円

5月には、『からすのてんぷらやさん』(レモンちゃん)『からすのそばやさん』(オモチくん)がでます。

からすのまちのいずみがもり、くろもじどおりにあるからすのパンやさん。
4羽の子どもたち、チョコくん、オモチくんはりっぱなわかものに、リンゴちゃん、レモンちゃんはきれいなむすめさんになりました。

『からすのおかしやさん』では、チョコくんがおかしやさんに、『からすのやおやさん』ではリンゴちゃんがやおやさんになるまでのお話が描かれています。
それぞれ、ミミちゃん、シンちゃんというパートナーが登場し結婚するのもこのシリーズの楽しい特長です。
『やおやさん』では、やさいやくだものを売る時に考えなくてはいけないお客さんの望みや要求、たくさん売るための工夫など、経済の基本についても子どもたちに楽しみながらわかりやすく伝えてくれています。
パンやさんと同様、たくさんのおかしややさい、くだものが描き込まれていてひとつひとつじっくり見入ってしまいます。
1926年生まれ、今年87歳になられるかこさんの子どもたちへの強い思いがぎっしりつまった絵本です。

今日、児童書専門店の方たちと偕成社に行き、今回の絵本にまつわるお話を伺ってきました。
最初、『からすのパンやさん』のつづきのおはなしがでると聞いた時には、正直驚きました。それも4冊もです。でも、編集者の方のお話やかこさんのインタビューをお聞きして、戦争を体験したかこさんは、「昭和20年以降子どもたちが自分でしっかりできるようになるためのお手伝いをしようと思われたこと」、「人は一人では生きていかれず、つながりの中で生きていること、食べることは生きていくことである」そんな思いが絵本制作の原動力になっていることを知りました。

かこさんのスペシャルインタビューは、偕成社のHPをご覧ください。
http://www.kaiseisha.co.jp/news/news/447-20130410.html

5月の『からすのてんぷらやさん』『からすのそばやさん』も待ち遠しいですね。
4種類のシールを集めて送るとからすのパンやさん一家のオリジナルトートバッグが全員にもらえる、つづきのおはなしフェアもあります。
ぜひ、お子さんと一緒にお楽しみください!
[PR]
by teal-green | 2013-04-23 23:24 | おすすめの絵本


<< 連休のお知らせ 4月のティール・グリーン >>