11月28日(水)「アンナの赤いオーバー」絵本原画展、始まりました

   「アンナの赤いオーバー」絵本原画展
       
            11月28日(水)〜12月27日(木)


e0016830_22291244.jpg
   ハリエット・ジィーフェルト/ぶん アニタ・ローベル/え 松川真弓/やく 評論社 税込1365円

e0016830_2235960.jpg
e0016830_21335158.jpg
 

「アンナの赤いオーバー」絵本原画展が始まりました。
この絵本は第二次大戦後、実際にあったお話です。自分たちが大切にしてきたものを手放し、長い間待って得た素晴らしい贈り物、それはオーバーだけでなく人や動物との温かい触れ合いでした。今の厳しい時代に生きる私たちにも、きっとたくさんのことを伝えてくれることでしょう。アニタ・ローベルの繊細に描き込まれた素晴らしい画もじっくりご覧ください。
念願だったこの原画展、評論社さんのご協力により実現しました。評論社さん、ありがとうございます。

e0016830_22161583.jpge0016830_221645100.jpg













今回は、素晴らしい原画の他にも『ウィンドウに飾られたアンナの赤いオーバー』と『羊に囲まれたアンナ』が彩りを添えてくれています。ウィンドウは評論社さんからお借りしました。『羊に囲まれたアンナ』は、当店フェルト教室講師の花澤実子さんの作品です。この絵本の最後のページをイメージして作ってくださいました。ありがとうございます。
特別展示もお楽しみください001.gif

e0016830_22201618.jpg原画展とともに登場したクリスマスツリーとリース。
リースは、池上の花屋さん「wnico」ニコさんの製作です。原画展のイメージを膨らませてくださいました。やさしいオフホワイトのリボンが素敵です。ありがとうございます。
ツリーの飾りは、羊毛で作った赤と白の珠です。アンナの世界を表現できればとスタッフで作りました。日の暮れ方、ぽーっと灯る赤と白の珠、なかなか綺麗ですよ。






11月30日(金)午後2時〜5時までティールムが貸し切りのため、ご利用できません。ご迷惑をおかけします。ご注意くださいますようお願いいたします。
[PR]
by teal-green | 2012-11-29 08:45 | 村長の日記2012


<< 『おたすけこびととハムスター』... おすすめの新刊 「おたすけこび... >>