おすすめの絵本「木はいいなあ」と木のおもちゃの紹介


e0016830_1031640.gif





ユードリイ/さく シーモント/え さいおんじさちこ/やく 偕成社 税込1050円


 新緑の美しい季節になりました。
 
 この季節、思わず手にとる絵本が、『木はいいなあ』です。1956年にアメリカで出版され、翌年コルデコット賞を受賞しました。半世紀以上読み継がれているロングセラーです。
「木はいいなあ」という素直な思いにあふれたこの絵本、私たちにもそのまま素直に木のある暮らしの素晴らしさを伝えてくれます。
 イラストは、「はなをくんくん」(ルーク・クラウス/文 マーク・サイモント/絵 きじまはじめ/訳 福音館書店 税込1155円)と同じマーク・シーモント(サイモント)。色鮮やかな水彩画が四季折々の木の良さをおおらかに描いています。
 東京に住んでいるとなかなか森には行けませんが、この絵本を見ているとなんだか森林浴をしているような、そんな気持ちになれます。

 当店で、この絵本をいつも飾っているのが、オーク・ヴィレッジの木の積み木のコーナーです。

e0016830_20183293.jpg昨年から取り扱っています。さくら、とち、ひのき、なら、くるみ、かえで、ぶな・・・天然木で作られた積み木たち、箱を開けたとたん木のよい香りがして心が落ち着きます。ひと目見て気に入りました。子どもたちに本物の良さを伝えたいと思いました。写真の積み木は、木の箱入りで、12600円です。オーガニックコットンの袋にしまえる積み木は、7350円です。出産祝いにもおすすめです。


昨日(5月17日)のNHKの番組「仕事ハッケン伝」で、エアギターで有名な大地さんという方が飛騨高山のオーク・ヴィレッジ本社でおもちゃ作りにチャレンジしていました。奥深い木工の世界が伝わってきました。当店の木の積み木も、この工房で作られたのかと思うと、より輝いて見えました。職人さんの心意気が伝わってきます。

もうひとつ、当店で人気の木工作品を紹介します。想造工房の「木の家」です。

e0016830_2019430.jpg一つ一つ丁寧に作られており、作り手(奥田守保さん・千珠さん)の優しさが伝わってきます。一つでも素敵、何軒か並べたら小さな街に、描かれているのも、ネコ、イヌ、クマ、羊・・・ ファンが多いのも頷けます。今週たくさん入荷しました。1050円~2100円。プレゼントはもちろんですが、自分のためにお求め下さる方も多いです。



オーク・ヴィレッジの「積み木」、想造工房の「木の家」、どちらを見ても「木はいいなあ~」とつくづく思います。
[PR]
by teal-green | 2012-05-18 21:51 | おすすめの絵本


<< 今週のおすすめの新刊 ニルスが... 今週のおすすめの新刊 「くぎに... >>