3月24日の「プリンちゃん」ワークショップ・トーク&サイン会のこと

3月24日(土)小雨の中、たくさんの子どもたちがティール・グリーンに集まってきてくれました。もちろん、「プリンちゃん」に会うためにです。
なかがわちひろさん、たかおゆうこさんもおはなしの会から参加して下さいました。

◆午前の部

10:30〜11:00 3月のおはなしの会
 ゲストは、翻訳家でストーリーテラーの多賀京子さん。20人近い子どもたちが参加してくれました。たかおゆうこさんの『ハムスターのハモ』(福音館書店)を読んで下さいました。みんな真剣に聞き入りました。おはなしは『ホットケーキ』(おはなしのろうそく)。楽しいおはなしの会でした。
e0016830_1351140.png

11:30〜12:30 ワークショップ「わたしのプリンちゃん」
たかおゆうこさんが『プリンちゃん』を読んで下さいました。プリンちゃんが大好きな子どもたち、「いちごがいい!」「チョコレートがいい!」などと声がかかり、たかおさんとのやりとりも楽しい絵本タイムでした。
e0016830_1373261.jpg


絵本のあとは、いよいよ「わたしのプリンちゃん」のワークショップが始まりました。
たかおさんが、今回のために描いて下さった背景画に、理論社HPの「プリンちゃんきせかえ春コレクション」をきって、はって、おしゃれな「わたしのプリンちゃん」を作りました。BGMに ♪プリンちゃんのうた♪ が流れ、盛り上がりました。
できあがった「わたしのプリンちゃん」を見せ合い、みんなでプリンちゃんダンスを踊り、最後に記念撮影をしました。

e0016830_13185999.pnge0016830_13193168.jpg










◆午後の部
14:00〜16:00 なかがわちひろさん と たかおゆうこさん トーク&サイン会
まずは、前日授賞式があった“日本絵本賞翻訳絵本賞”の絵本『どうぶつがすき』(パトリック・マクドネル/作 なかがわちひろ/訳 あすなろ書房 税込1575円)の紹介と、授賞式の報告がありました。楯と表彰状も見せていただき、皆さんと受賞をお祝いしました。なかがわさん、おめでとうございます!
e0016830_13231383.png

続いて、『プリンちゃん』の制作秘話をなかがわさんとたかおさんからお聞きしました。
なかがわさんのお嬢さんがまだ1〜2歳の頃、湯上がりに抱きしめた時「プリンみたい!」と思われたのが『プリンちゃん』の始まりだったそうです。それは、今から20年以上前のこと。その後、様々な困難を乗り越え、たかおさんとの出会いがあり、ようやく昨年9月に刊行されたとのこと。
昨秋、『プリンちゃん』を初めて手にしたときの感覚、一見、幼児向けの絵本ですが「この絵本は子どもだけでなく大人にもふしぎな力を与えてくれそう・・・」と思ったのも、お二人のお話を伺い納得しました。「不屈のプリンちゃん」だったのです。今、私自身病院のベッドの上でプリンちゃんを眺め、「♪それでもごきげん プリンちゃん♪」と口ずさみ、勇気づけられています。
若いお母さまの「絵本を見る目がかわりました。」という言葉が印象的でした。
e0016830_1326181.jpg

最後に、やはり参加した子どもも大人も皆で「きせかえプリンちゃん」を楽しみました。

e0016830_13314899.jpgサイン会では、皆さんからの「いちごをのせて」「さくらんぼがいいな」などの希望を聞いて下さり、ひとりひとり丁寧にサインして下さいました。目の前で描かれるプリンちゃんの絵に、皆さん目を輝かせていました。





なかがわちひろさん、たかおゆうこさん、ありがとうございました。

♥ おまけのお知らせ
e0016830_13371090.jpgプリンちゃん原画展の会期中、「プリンちゃんクッキーセット」(300円)「プリンちゃんタルト」(400円)があります。プリンちゃんに囲まれ、やさしいティータイムはいかがでしょうか?






「プリンちゃん絵本原画展」は4月14日(土)まで開催しています。
サイン本も用意してお待ちしています。
[PR]
by teal-green | 2012-03-29 13:49 | 村長の日記2012


<< 今週のおすすめの絵本『ふるさと... うれしいお知らせ >>