もう一度「どうぶつがすき」と、「アフリカの森の日々」

e0016830_0315721.jpg e0016830_0311681.jpg












パトリック・マクドネル/作             ジェーン・グドール/著
なかがわちひろ/訳                 松沢哲郎/監訳 赤尾秀子/訳
あすなろ書房 税込1575円              BL出版 税込2100円

 9月24日のなかがわちひろさんのギャラリートークの時にも紹介された「どうぶつがすき」。本の美しさに加え、なかがわさんによるジェーン・グドールさんの紹介を聞き、当日用意した10冊の本は即完売してしまいました。

 「アフリカの森の日々 わたしの愛したチンパンジー」は、ジェーン・グドールさんのことをもっと知りたい人のために、なかがわさんから教えていただいた大型写真絵本です。
この本の中で、グドールさんはチンパンジーとの出会いから、人間に最も近い動物であるチンパンジーの研究のこと、そして、野生動物の環境を守るために私たちがすべきことを語りかけています。

1977年に設立された「ジェーン・グドール・インスティテュート」における野生動物の研究と教育、保護のための活動、1991年に若い人たちに環境保全と人道精神を学んでもらおうと創設された「ルーツ・アンド・シューツ」という教育プログラムなど、グドールさんはチンパンジーの研究はもちろんのこと、それ以上に、自然保護、動物福祉、環境教育に力を注いでいます。

「ひとりひとりがどう生きるかによって、世界はかわっていくのです。」グドールさんのこの言葉が、深く心に響きます。

 「どうぶつがすき」と合わせて「アフリカの森の日々 わたしの愛したチンパンジー」をおすすめしたいと思います。


♥「プリンちゃん」情報 ♥
e0016830_2324269.jpg
理論社のHPにて「プリンちゃんのへや」がupされました。
きせかえプリンちゃん(2011年秋のコレクション)、プリンちゃんのうた、プリンちゃんのキッチンなど盛りだくさん。
ぜひ、のぞいてみてね。






なかがわちひろ/ぶん たかおゆうこ/え 理論社 税込1155円
[PR]
by teal-green | 2011-10-11 00:19 | おすすめの絵本


<< 「小さなバイキング ビッケ」シ... 9月24日(土)なかがわちひろ... >>