被災地に絵本を送ろうー絵本プロジェクト

 3/11の大災害以降、日本は一つになって、救出、復旧、復興へと動き始めています。

 絵本屋ができることとして、店にある本でかさばらないでなるべくたくさんの絵本を送ろうと、福音館の月刊誌「こどものとも」シリーズから60冊ばかりを選んでいました。
 ちょうどそこへ末盛千枝子さんから、岩手県の盛岡市で子どもたちに絵本を届ける「絵本プロジェクト」を立ち上げたというお便りをいただきました。
 
 昨年の5月に岩手県にお引っ越しされ、この大地震もライフラインの被害などはあったようですが、内陸部なのでご家族皆さんはご無事だったようです。でも状況を知るにつれ惨状の凄まじさに言葉を失ったとありました。そして『長年JBBY(国際児童図書評議会)の活動を通して、戦火や災害にさらされた子どもたちが、誰かの膝にのせてもらって、絵本を読んでもらうときだけ、おだやかな気持ちを取り戻せる』このことを見てきたご自身が岩手の地にいることの意味を思い、今回の活動を様々な機関を通して呼びかけました。

 早速用意した絵本を送りましたが、日経新聞でも紹介されたことで、お客様からもお問い合わせがあり、みなさんにこの事を伝えました。一日でも早く子どもたちの手元に届き、ひとときでもおだやかな時間を過ごしてほしいと、みんな思っています。
 現地で活動しているボランティアの皆様も、たいへんな状況の中で本を運ぶご苦労もあるかと思いますが、どうぞ安全に活動されますよう、心を届けて下さいますよう、お願いいたします。

 絵本の送り先を添付しました。072.gif
http://www.ehonproject.org/iwate/mailing.html


 009.gifさて、最後になりましたが、これまでこのブログを書いていたコガモ店長こと小林優子は、絵本屋の事業から離れる事になりました。でも店はそのまま一緒に経営してきた種村由美子に全てを譲りましたので、いままで通り営業を続けます。
 ティール・グリーン in シード・ヴィッレジの名前の『シード・ヴィッレジ』は『種村』の直訳英語です(^^);  14年前、久が原の地で生まれた「絵本とカードの店ティール(コガモ)・グリーン」が生まれた地を飛び立ち、シード・ヴィッレジに着地して、今の「お茶がのめる絵本の店」になりました。それから5年、ようやくこの地になじみ、絵本という「しあわせの種」を子どもたちの手元に届ける仕事をよろこびとしてまいりました。
 この未曾有の災害の最中での店主交代になってしまいましたが、しばらくは後方支援ということで何かと店にも顔を出しそうです。それでも一応区切りとなりますので、これまでのご厚情、ご支援に感謝しながら、これからのティール・グリーン in シード・ヴィッレジもどうぞよろしくお願いいたします。
 001.gifこれまでの日記は「コガモ店長の絵本屋日記」の項目にまとめ、新たに種村由美子が書き始めますのでよろしくお願いいたします。
[PR]
by teal-green | 2011-04-01 17:13 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)


<< ごあいさつ  シード・ヴィレ... 東日本大震災 >>