田中和雄さんの連続講座 その2

 2月19日 童話屋の田中和雄さんの第2回目の講座がありました。なんと!前回のお話で紹介された「おだんごぱん」の絵本の“おだんごぱん”を参加者全員に持ってきてくださいました!e0016830_5323435.jpg田中さんが浜田山のパン屋さんで毎日買っている田舎パン、香ばしくて、歯ごたえのある噛みごこちでとってもおいしくいただきました。emoticon-0142-happy.gif


e0016830_5415155.jpg さて2回目のお話はシャーロット・ゾロトウさんの絵本です。童話屋さんでは18冊が出版されていますが、『いっしょってうれしいな」の原書を手にお話が始まりました。






e0016830_5482615.jpg 現在96才のゾロトウさんとは、翻訳されているみらいななさんがよくお電話でお話しされているそうです。初めてニューヨークのご自宅での出会い、お互いの信頼関係で結ばれた出版の経緯、編集者と作家の両方の経歴を持つゾロトウさんの絵本を大切にしている田中さんの思いをうかがうことができました。observation(観察)という言葉で表現して下さったのですが、ゾロトウさんの絵本には、常に子どもたちの成長と、それを育む周りの世界の本質を描いています。それはこの世界の幸せ=地球の平和を望んでいる心だと思いました。
[PR]
by teal-green | 2011-03-10 06:23 | コガモ元店長の絵本屋日記 | Comments(0)


<< 東日本大震災 田中和雄さんの連続講座 >>